« 木ノ脇道元「不在の花」なんぞ朝っぱらから聴いてはいけない | Main | サンデー毎日の表紙が村治佳織さんだったので思わず買ってしまいました »

2004.06.26

今堀恒雄とペルフル(鬼怒無月+勝井祐二)を聴きに行ったらLimited Express (has gone?)もすごくかっこよかった

秋葉原グッドマンにて。こういう出会いがあるからライブは楽しいね。途中で帰らなくてほんとによかった。

Limited Express (has gone?) は京都のロックバンドだけど、すでにアメリカでもCDが発売されている。

「実は日本のロックが一番カッコイイんじゃないか?」という僕の仮説の裏付けが、またひとつ増えたぞ。

【追記】
この日は当初今堀恒雄さん(g)のソロとpere-furu(勝井祐二(vn),鬼怒無月(g))が目当てだったのだけど、高橋健太郎さんのサイトをチェックしていたらもう一つの対バン、「Limited Express (has gone?)」(以下LEHG)は高橋さんのレーベル「Memory Lab」からCDを発売しているバンドだと気付いた。

今堀さんとpere-furuが前半。今堀さんも鬼怒さんも相変わらずほんとにいいギター弾くよなー、と堪能。普段の僕ならここで満足して帰ってもおかしくないところだけど、せっかくの機会なのでトリのLEHGを待つことに。Memory Labのラインナップは気になるもんね。さかなとか藤原大輔(sax, 元phat)とか。いずれもライブを聴いてかなり気に入った人達。

とはいえ正直に言えば、1・2曲聴いてピンと来なかったら帰ろうと思ってました。演奏開始直後はやたらニコニコ顔のハイテンションに一瞬「苦手なタイプかな」と思いかけた。

が!

おお。リズムがどんどん変化するぞ。ラフに見えるけどかなり練られた構成。この切り替えのシャープさはタダモノじゃない。能天気なだけのバンドじゃなかった。あーザッパみたいだよ。いや雰囲気は全然違うけど。リズムが面白いバンドは全部「ザッパみたい」で片付けちゃう表現力の貧困さもそろそろなんとかしないとな(笑)。ともかく、1stアルバムがいきなりNYのTzadikから発売されるというのも納得だ。本格的な東京進出もこれからだというのにね。

ベース&ボーカルのYUKARIちゃんもいいね。こういう「色気」はロックバンドに絶対必要。別に女の子でなくてもいいんだけど。僕らが10代の頃、RCサクセションに夢中になったのだって、忌野清志郎の放つ(それまでの日本のバンドにはほとんど感じられなかった)圧倒的な「色気」による部分が大きかったと思う。スレンダー&キュートなルックスとぶっといグルーヴのギャップがたまらん。

こういう日本のカッコいいバンドを聴いてしまうと、「洋楽なんかもーいらんわ、規制したきゃ規制しやがれ」ぐらいのことは言いたくなりますね。冗談ですけどね。

|

« 木ノ脇道元「不在の花」なんぞ朝っぱらから聴いてはいけない | Main | サンデー毎日の表紙が村治佳織さんだったので思わず買ってしまいました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/847748

Listed below are links to weblogs that reference 今堀恒雄とペルフル(鬼怒無月+勝井祐二)を聴きに行ったらLimited Express (has gone?)もすごくかっこよかった:

« 木ノ脇道元「不在の花」なんぞ朝っぱらから聴いてはいけない | Main | サンデー毎日の表紙が村治佳織さんだったので思わず買ってしまいました »