« ライブ・公演情報(燐光群、オマール・ソーサ、喜多直毅、内橋和久、スパニッシュコネクション他) | Main | 絶品の"鯖の梅煮"と極上の地酒と黒田京子のピアノと喜多直毅のバイオリンを一度に味わうという贅沢 »

2004.08.01

月曜日、幸せそうな笑みを浮かべたままボーっとして仕事が手につかない人がいたら、それは日曜日にオマール・ソーサのライブに行った人かも

しれません。

いやーこういう凄まじいライブを目の当たりにしてしまうと、社会復帰するのが大変だ。

ライブは1st setがオマール・ソーサとDJ Spinnaとのコラボレーション。長めの休憩を挟んで(といっても、その間も当然DJ Spinnaがプレイ)、2ndはオマール・ソーサ・クインテット。最後は再びDJ Spinnaが絡む。

いやー盛り上がった。ブルーノートでスタンディングのイベントというのもあまり前例がないらしい。リズムセクションが良く、特にドラムのJosh Jonesは強力。ラテン系の伊達男という感じのルックスだけど演奏は実にシャープだ。試しに名前で検索してみたけど、今回のバンド(CDとは別らしい)以外にはほとんど引っ掛からない。まだ無名の存在なのだろう。こういう人を目の当たりにすると、世界はまだまだ広い、と思わずにはいわれない。

チャージ6300円というのは安くはないけど、ブルーノートでは通常1ステージのチャージが7000円以上なので、2ステージ満喫したことを思えばかなり割安に感じる。こういうライブこそ学生に体験して欲しいが。うーんやっぱり微妙な値段だよなあ。

|

« ライブ・公演情報(燐光群、オマール・ソーサ、喜多直毅、内橋和久、スパニッシュコネクション他) | Main | 絶品の"鯖の梅煮"と極上の地酒と黒田京子のピアノと喜多直毅のバイオリンを一度に味わうという贅沢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/1101388

Listed below are links to weblogs that reference 月曜日、幸せそうな笑みを浮かべたままボーっとして仕事が手につかない人がいたら、それは日曜日にオマール・ソーサのライブに行った人かも:

« ライブ・公演情報(燐光群、オマール・ソーサ、喜多直毅、内橋和久、スパニッシュコネクション他) | Main | 絶品の"鯖の梅煮"と極上の地酒と黒田京子のピアノと喜多直毅のバイオリンを一度に味わうという贅沢 »