« 16日・17日は「お茶の水祭」です | Main | 大阪南港で維新派「キートン」を観て、松本雄吉と内橋和久という二人の天才が出会った偶然の素晴らしさをあらためて噛み締める »

2004.10.22

喜多直毅「HYPERTANGO II」、いよいよ本日より発売開始です

発売元:エアプレーンレーベルアルバム紹介ページに試聴ファイルあり)。
イラスト:茂本ヒデキチさん。
ライナーノート:北村想さん。
録音:GOK SOUND
演奏者:喜多直毅(vln)、津山知子(pf)、竹内永和(g)、阪田宏彰(vc)、田中伸司(b)、早川純(bandneon)、黒田京子(pf)。
マネジメント:音楽事務所アーテム

僕は曲目解説を書いています。

このアルバムに関わったすべての皆様、暖かい言葉で励ましてくださった方々に心から感謝します。

大手CDショップのタンゴコーナーでお探しください。試聴機に入れてくれるお店もあるかもしれません。聴かれた方は、感想がありましたらコメントとして書き込んでいただければ幸いです。もしくは御自分のblogをお持ちの方は、トラックバックをよろしくお願いします。

28日、六本木スウィートベイジル139での喜多直毅+The Tanogophobicsのライブが実質的なレコ発ライブになると思いますのでぜひよろしく。11月7日にはヤマハ銀座店で津山さんとの無料インストアライブもあります。


【追記1】ワールドミュージック系音楽誌Latinaの2004年12号に、会田桃子さんが素晴らしいレビューを書いて下さいました。会田桃子さん自身優れた若手タンゴ・ヴァイオリニストであり、「HYPERTANGO II」収録の「ALLER ET RETOUR」(モサリーニ作曲)は会田さんが採譜された譜面を使用させていただいています。ここにあらためて感謝の意を表したいと思います。

【追記2】ライナーノートを書いていただいた北村想さんのサイトでも紹介していただきました(「最新情報」のところ)。

|

« 16日・17日は「お茶の水祭」です | Main | 大阪南港で維新派「キートン」を観て、松本雄吉と内橋和久という二人の天才が出会った偶然の素晴らしさをあらためて噛み締める »

Comments

トラバ&コメントありがとうございます。
実は、「HyperTango Ⅰ」をエアプレーン経由で購入させていただきました。
いいですね、どんどん売れて欲しいと思います。

Posted by: usakuma | 2004.11.23 at 06:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/1742245

Listed below are links to weblogs that reference 喜多直毅「HYPERTANGO II」、いよいよ本日より発売開始です:

» 超絶技巧ヴァイオリンが気持ちいい [P-Blogアイデア&インプレッション]
最近、ヴァイオリンの入った曲が、ちょっとしたマイブームである。静かな部屋で聞くヴァイオリンは、ピアノとは違った豊かな感じがする。私の今回のマイブームは、ヴァイオ... [Read More]

Tracked on 2005.03.10 at 11:02 PM

« 16日・17日は「お茶の水祭」です | Main | 大阪南港で維新派「キートン」を観て、松本雄吉と内橋和久という二人の天才が出会った偶然の素晴らしさをあらためて噛み締める »