« November 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.18

鈴木大介の「ギター・エラボレーション」シリーズを聴き逃したら、真のクラシックギターファンとは言えないだろうね

ぐらいのことは言ってもバチは当たらないんじゃないでしょうか。もちろん「東京近郊在住者で」とか細かい注釈は付くけど、そこは常識の範囲内で解釈してください。
第3回は今日、12月18日、18時より白寿ホールにて。

だったら早く書けよ、って感じだよなあ。もう3回目なんだし。気の利いたことを書こうと思うとそれなりに時間と集中力を要してしまうので、ちょっと忙しいとつい「また後で」と思ってしまう。他にも11月27日福田進一、29日山下和仁、12月10日高田元太郎(敬称略)などのときも、そう思っているうちに過ぎてしまった。気軽に書き込めるのblogの長所なのに。深く反省。

僕は最近でこそ純粋なクラシックギターのレビューはあまりやっていないけど、今でも主な執筆の舞台は「現代ギター」で、クラシックギター業界は自分のテリトリーだという自負がある。演劇やジャズについては「こんなに良いものが売れないなんて!」と気楽に嘆いていられるけれど、ギターに関してはそうはいかない。良い演奏家が世間に正しく認知されないとしたら、最大の責任はジャーナリズムにあるのだから。つまりその末端にいる自分の責任も、決して小さくはない。

本題に戻ろう。全8回、約3ヵ月ごとにまったく異なるプログラムを載せるという壮大なコンサートシリーズ。取り上げる曲目自体興味深いのだけど、過去2回の演奏のクオリティも素晴らしいものでした。今回はバッハのチェロ組曲第1番(これはギターに合う!)と、ニャタリのエチュードが特に楽しみ。

では帰宅したらこの続きに感想を書き込むことにします。

(続き)
バッハはチェロ組曲1番(BWV1007)じゃなくて3番(BWV1009)でした。でも今確認したんだけど、白寿ホールのサイトにしっかりBWV1007って書いてあるし。まあ3番もいい曲なんで問題なし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.12.07

噂のクラシックギタリスト、パブロ・マルケスはどうやら本当にすごいらしい

以前からすごいと評判のアルゼンチン人ギタリスト、パブロ・マルケスが来日しました。

10数年前、イベントで一度来日した際の演奏も良かったのだけど、その後もヨーロッパで演奏を聴いてきた人が皆絶賛。リサイタルは12月9日7時、現代ギター社GGサロンにて。こういうのは聴き逃したらいけません。次の来日なんていつになるかわからないんだから。

以下はギタリスト金庸太さんのファンサイトBBSからの転載です。書き込まれたのは金さん本人。

(引用開始)

パリ国際ギターコンクールの覇者であるアルゼンチンの天才ギタリスト、パブロ・マルケスがGGサロンコンサートに急遽出演することになりました。12月9日の午後7時からです。これは聴き逃したら損です!大損です!!素晴らしい演奏を是非体験してください。

MUSIC FROM SALTA (Northwest of Argentina)

             Ⅰ

Gustavo Kantor: Puna y kaluyo (estudio)°

Eduardo Falu :Camino a Sucre (bailecito)

Enrique Uriburu :Mielero soy (chacarera)

Ernesto Cabeza La nochera (zamba)*

Julio Espinosa: Vidala para mi sombra (vidala)**

Gustavo Leguizaman :Corazonando (chacarera trunca)*
            El silbador (zamba)*

II

Astor Piazzolla Cinco Piezas (1980)
Campero
Romantico
Acentuado
Trist_n
Compadre

Alberto Ginastera Sonata Op.47 (1976)
Esordio : solenne
Scherzo : il piu presto possibile
Canto : rapsodico
Finale : presto e fogoso

° dedicated to Pablo Marquez
* arranged by Pablo Marquez
** arranged by Pablo Marquez and Juan Falu

前半は彼の故郷であるアルゼンチン北部のサルタ地方のフォルクローレ、後半はピアソラの5つの小品、ヒナステラのソナタというオールアルゼンチンもの。彼のヒナステラははっきりいって絶品です。

(引用ここまで)

| | Comments (24) | TrackBack (0)

2004.12.02

喜多直毅「HYPERTANGO II」、引き続き好評発売中?

この2つ↓はどう違うんでしょうね?
「トップ50 ワールド - ラテン(売上)」(現在42位)
「ラテン ベストセラー」(現在49位)

でもってこちら↓は・・・
「タンゴ ベストセラー」
リロードすると順位が変わるような気がするのは気のせいでしょうか??
7位になったり9位になったり消えたり。

12月4日18時~にHMV横浜VIVRE店でのインストアライブがありますが、順位にどう影響するか楽しみです。この日は喜多直毅参加バンドの「おしゃれジプシィ」がメインですが、「HYPERTANGOコーナー」もあります。無伴奏ソロのピアソラ「タンゴ・エチュード」を演奏予定。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

ライブ・公演情報(小沼ようすけ、パブロ・マルケス、渡辺香津美、鈴木大介、鬼怒無月、喜多直毅、Aki Ueda他)

最近更新が滞りがちなので1ヵ月分まとめて。新情報は随時付け加えます。

12月2日
■モサリーニ5重奏団@オペラシティ
*現代タンゴの最高峰!

12月3日
■小沼ようすけg+鳥越啓介b+中沢剛ds@青山Body&Soul

12月4日
■セイシャス作品コンサート@トッパンホール
■おしゃれジプシィ+HYPERTANGO(vln:喜多直毅)@HMV横浜リブレ店
*無料インストアライブ!

12月5日
■山下和仁@浜離宮朝日ホール
*現代作品中心のプログラム。

12月6日
■ケイ赤城@お茶の水NARU
*アメリカで活躍する元マイルスバンドの日本人ピアニスト。

12月9日
■パブロ・マルケスg@要町GGサロン
*ヨーロッパで非常に評価の高い超実力派ギタリスト。
■Vincent Atmicus@新宿ピットイン

12月10日
■高田元太郎(g)@富ヶ谷・白寿ホール
*こちらは日本のユニークな実力派。

12月11日
■森下幸路バイオリンリサイタル@上野・東京文化会館

12月13日
■COIL(鬼怒無月(G)中山 努(Key)早川岳晴(B)田中栄二(Ds))@新宿ピットイン
*ハイテンションなジャズロック。

12月14日
■山下洋輔(P)梅津和時(As)片山広明(Ts)吉野弘志(B)
堀越 彰(Ds)@新宿ピットイン
*これは滅多にない強力な顔合わせ!

12月15日
■渡辺香津美MOBOPトリオ@オーチャードホール
■SOH BAND@吉祥寺マンダラ2
■山下洋輔(P)川嶋哲郎(Ts)水谷浩章(B)外山 明(Ds)@新宿ピットイン
*前日に引き続き、こちらもすごい!!

12月16日
■渡辺香津美MOBOPトリオ@横浜

12月17日
■喜多直毅(vln)/佐藤芳明(acc)/黒田京子(pf)@大塚グレコ
■DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN@恵比寿リキッドルーム

12月18日
■鈴木大介(g)@富ヶ谷・白寿ホール

【追加】
12月18日(土)~2005年1月10日(月・祝)
青年団『S高原から』@こまばアゴラ劇場
*注目の青年団本公演。チケット引換券使用可。

12月19日
■Aki Ueda@青山CAY
*海外で活躍する日本人シタール奏者。インド伝統音楽を踏まえたオリジナリティ溢れるサウンドを展開。

12月20日
■廣木光一g、さがゆきvo@市川りぶる

12月21日
■小沼ようすけgソロ@赤坂ノベンバー11th
■大萩康司(g)@浜離宮朝日ホール
■ラクダカルテット@新宿ピットイン
*ゲスト:今堀恒雄で元ティポグラフィカメンバーがズラリ。

12月22日
■鬼怒無月g、喜多直毅vln、佐藤芳明accd、鳥越啓介b@江古田FLYING TEAPOT

12月23日
■鈴木大介(g)&阪田宏彰(vc)@千駄木・島薗邸

12月25日
■VINCENT ATMICUS、菊地成孔QUINTET LIVE DUB@恵比寿リキッドルーム

12月28日
■BONDAGE FRUIT@三軒茶屋グレープフルーツムーン

12月29日
■林栄一as、内橋和久g、外山明ds、古澤良治郎ds@西荻窪音や金時

12月30日
■三好“3吉”功郎 忘年会 Session@高円寺ジロキチ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »