« 今月の喜多直毅(共演者:さがゆき、宮野弘紀、佐藤芳明、斉藤ネコ、太田恵資、鬼怒無月、大倉正之助、小沼ようすけ他) | Main | ギターの神様、ジョン・マクラフリンに会う »

2005.01.31

平成16年度第14回授業(1/31)

2/1のコンサートの予習も兼ねて。

[DVD]A.ピアソラ「Five Tangos」より「ブエノスアイレスの夏」
*ヴァイオリンは長年のピアソラのパートナーであるフェルナンド・スアレス・パス。喜多さんはこのスアレス・パスにブエノスアイレスで師事しました。

[CD]小松亮太「タンゴローグ」より「プレパレンセ」
*喜多直毅編曲。ヴァイオリンソロも。

[CD]喜多直毅「HYPERTANGO II」より
「タンゴエチュード」(ピアソラ作曲)のさわり
「コモ・ドス・エストラーニョス」
*前者はピアソラ作曲の無伴奏ソロ作品。フルートで演奏されることが多いがここではヴァイオリンで。
*後者は古典タンゴを喜多さんが編曲。

[CD]渡邊奈央「サチ」より「性別」
*喜多さんのスタジオワークの中でも特に素晴らしいもの。即興でヴァイオリンソロを演奏。
*曲はエリック・サティの有名な「ジムノペディNo.1」に歌詞をつけて歌ったもの。三共製薬「ビトンハイ」のTVCMで使われた(ただし放映されたのはヴァイオリン無しヴァージョン)

[CD]STOY「STOY II」より
「タクスィーム・ウード」
「ロンガ・シャーナーズ~ルメリ・カルシュラマス」
*STOY(ストーイと読むらしい)は常味裕司(oud)、佐藤允彦(pf)、 太田恵資(von)、吉見征樹(tabla)によるワールドミュージック系バンド。
*後で気付いたんですが「タクスィーム」というのは「即興」という意味ですね。「タクスィーム・ウード」は曲名ではなくて即興のウードソロという意味でした。
*後者は女子十二楽坊がカバーしてヒットしたもの。トルコの曲。

以下は他の「日本発ワールドミュージック」。

[CD]大工哲弘「Yunta & Jiraba」(ゆんた・とぅ・じらば)より
「鷲(ばす)ゆんた」「まみどぅーま」
*大工さんは八重山民謡の第一人者。本CDは梅津和時がプロデュース。
*梅津さんのサックス、故トム・コラ氏のチェロが美しい。

[CD]嘉川忠博(vo)&山城正司(g)「Winter Garden」より「てぃんさぐぬ花」
*医科歯科出身の二人による自主制作CD。嘉川(よしかわ)君は小児循環器山城さんは口腔外科が御専門だそうです
*奄美出身の嘉川君(高校の同級生です)による裏声を駆使した歌唱法が美しい。ギターも沖縄出身で沖縄民謡に馴染みの深い山城さんならでは。
*「てぃんさぐぬ花」は日本が誇る名曲だと思いますが、数ある録音の中でも個人的にベスト。音質も良好だし、誰か商品化しませんか?

|

« 今月の喜多直毅(共演者:さがゆき、宮野弘紀、佐藤芳明、斉藤ネコ、太田恵資、鬼怒無月、大倉正之助、小沼ようすけ他) | Main | ギターの神様、ジョン・マクラフリンに会う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/2766880

Listed below are links to weblogs that reference 平成16年度第14回授業(1/31):

« 今月の喜多直毅(共演者:さがゆき、宮野弘紀、佐藤芳明、斉藤ネコ、太田恵資、鬼怒無月、大倉正之助、小沼ようすけ他) | Main | ギターの神様、ジョン・マクラフリンに会う »