« 大友良英ソロライブをレディジェーンで聴きながら、快感と感慨に耽る | Main | 佐藤芳明のソロでアコーディオンという楽器の魅力を再発見 »

2005.02.11

八木美知依とKIRILOLAにすっかりやられてしまった後に聴く鬼怒無月のギターもまた格別だった

2月11日、初台DOORSにて。またまた長文になってしまったので公開が遅れました。

祝日なのだが午前中から出版社で打ち合わせ&校正が(音楽とは無関係の硬い本です)。仕事が遅いので夕方までかかってしまう。かなりヘトヘト。早く帰ってのんびりしたい。

。。。なんてことは微塵も考えない。こういうときこそライブである。

問題はリキッドルームのROVOとDOORSのCOILが重なってしまったこと。ここ最近のROVOのライブにはハズレがないようで、スカっとすること間違いなし。だがCOILも久しぶりに見たい。キーボードが参加するようになってから一度も見ていないし。

迷ったときは、小さい方の会場へ行く。より小規模なライブの方が「特別なこと」が起こりやすいような気がしてならないのだ。リキッドルームは恵比寿に移転してからまだ行ったことがないけど、1000人規模の大型ライブハウスである。よってDOORSへ。

カンは当たった、と思う。

ま、ROVOを選んでいたら、「やっぱりROVOサイコー」って記事を書いてたんだろうけど、それはおいといて。

この日、COIL以外の出演者はまったくチェックしていなかったのだが、DOORSに行ってみると出演バンドは4つもあった。COILはトリである。

トップのmuddy muddy muddy worldはギタートリオ。ボーカルは少なめでほとんどインスト。ドラムがやたらタイトで気持ちいい。eijiさんのblog「三人囃子と呼びたい」という評を読んで、なるほどと思う。言われてみれば、四人囃子のライブ盤とイメージがダブるところがある。

次のContiはドラムとシタールのデュオ。シタールといえば昨年末にAki Uedaのとんでもないライブを聴いて可能性を再認識したばかりだが、このデュオも、「その手があったか!」と思わせるサウンド。ルインズやバズーカ・ジョーといったドラム主体の変拍子デュオバンドのシタール版といったところか。

3番目が問題の「球」(kyu)。筝(純邦楽の琴)奏者の八木美知依さんと、ベース、パーカッション、エレクトロニクスなどを操るKIRILOLA さんのデュオ。まずファッションが・・・オフィシャルサイトで写真が見られます。元eX-GirlのKIRILOLAさんはわかるのだが八木さんまで・・・

今に始まったことではないが、八木さんの演奏を聴くと(見ると)筝という楽器が非常に機能的かつ合理的な楽器だということがよくわかる。言うなればチューニングを自由に変えられるハープのようなものか。おまけにエレキギターのアーミングのようなビブラートやピッチベンドも可能。古典芸能の世界にとどめておくのはもったいないのだ。

が、民族楽器を安易に電気・電子楽器と組み合わせても、それだけでは大して面白い音楽にはならない。スタイルとしては随分昔からあって目新しくもない。問われるのはそこから先だ。

その点、彼女達のセンスは最高だった。こんなにもスタイリッシュで刺激的で馬鹿馬鹿しくてステキな音楽は久々に聴いたような気がする。白眉は「鬼怒無月に捧げる曲」(って正式タイトルなのか??)。鬼怒無月とは言うまでも無く、COILリーダーであり、八木さんとの共演歴も豊富なギタリスト。

そんなわけで、目当てのCOILが始まる前にすっかりテンションが上がってしまう。そして久しぶりに聴くCOILは、以前にもましてゴキゲンなインスト・ロックバンドになっていた。

初期のイメージは「インスト版レッド・ツェッペリン」という感じ。当時のドラマーは今では数々の人気バンド(ROVOもそのひとつ)を掛け持ちする芳垣安洋さん。ひたすらへヴィなビートで邁進していたように思う。その後、芳垣さんが脱退し、後任として田中栄二さんが加入。初めて見たとき、野獣的な芳垣さんと対照的で、どちらかというと華奢に見えるルックスに不安を覚えたが・・・巧い。演奏が始まってみると、もーれつに巧かった。田中さんも今や数々のバンドやセッションで引っ張りだこの人気ドラマーである。有名ミュージシャンのサポートも多い。

とはいえ、テクニシャンという印象が先に立って、当初はあまり強烈なインパクトはなかったのだけど。しばらく見ないうちに、良い意味でハチャメチャなノリが出てきたなあ。ラフに叩いているように見えてテクニカル。うーんこれはいいぞ。

COILというバンド自体、随分変わったような気がする。キーボードの中山努さんが加入したことも大きいが(攻撃的な鋭い演奏でこれもナイス)、おそらくグルーヴが微妙に変化したんじゃないだろうか。うねりが出てきたというか。

そしてもちろん、鬼怒さんのギターはいつ聴いても最高だ。ボンデージフルーツやWAREHOUSE(共に鬼怒さんのリーダーバンド)では緻密に構成された楽曲が素晴らしいが、ギタリストとしての鬼怒さんを堪能するにはこのバンドが一番だろう。たしか鬼怒さん自身、COILは「思いっきりギターを弾きまくるバンド」とおっしゃっていたように思う。ギター好きとしては、やっぱり目を離しちゃいけないバンドだったなあ、と軽く反省。

|

« 大友良英ソロライブをレディジェーンで聴きながら、快感と感慨に耽る | Main | 佐藤芳明のソロでアコーディオンという楽器の魅力を再発見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/2907150

Listed below are links to weblogs that reference 八木美知依とKIRILOLAにすっかりやられてしまった後に聴く鬼怒無月のギターもまた格別だった:

« 大友良英ソロライブをレディジェーンで聴きながら、快感と感慨に耽る | Main | 佐藤芳明のソロでアコーディオンという楽器の魅力を再発見 »