« 大阪にいる、というより「世界のてっぺん(もしくは最先端)にいる」という感覚をBRIDGEのPOOL2で味わう | Main | 佐藤芳明(アコーディオン)鳥越啓介(b)田中栄二(ds)トリオの痛快な演奏がジャズでなくてなんなのか »

2005.03.21

小沼ようすけはソロもすごい、ということはもっと強調されるべきだと思うのだが

3月21日、モーションブルーヨコハマにて。

ギターの場合、ソロで2ステージ持たせるだけでもけっこう大変だと思うのだけど、小沼さんは毎回新しいアイディアを聴かせてくれるから楽しい。

「シシーストラット」では6弦をAまで下げていたそうだ。つまり5弦の1オクターブ下。テンションが低すぎてベチッとした音になるのだけど、これが逆にパーカッシヴでいい味を出している。ナイスアイディア!

あと、アルペジオにおけるハーモニクスの使い方がすごくきれい。よく研究してるなあ。

フィンガーピッキングのテクニックもさることながら、リズム感の良さが特筆に価すると思う。これは天性のものだろうか。若くしてジャズギターコンテストで入賞した話を、少々幸運もあったかのように謙遜気味に話しておられたけど、おそらくそういう部分も評価されたのだと思う。もちろん、テクニックは今の方が格段に進歩しているだろうけど。

ソロ以外でこのリズム感を堪能できるのは、リズム楽器抜きのセッションですよ。というわけで4月7日のライブ(w/デュージャン、喜多直毅)がますます楽しみ。小沼ファンの皆さんよろしく!

|

« 大阪にいる、というより「世界のてっぺん(もしくは最先端)にいる」という感覚をBRIDGEのPOOL2で味わう | Main | 佐藤芳明(アコーディオン)鳥越啓介(b)田中栄二(ds)トリオの痛快な演奏がジャズでなくてなんなのか »

Comments

TBありがとうございます。
仰るとおりでアタシも小沼のソロは凄いと思っております。

4月のライブのご報告も楽しみにしております。

Posted by: kicks | 2005.03.25 07:56 PM

TBありがとうございました。このブログの小沼さん推しの記事を読み、それがきっかけで聴くようになりました。ぜひソロライブにも足を運んでみたいと思います。

実は私、もう6年ほど前になりますが教養時代に徳永先生に教わった者です。(コンピューターの授業でした)
このブログを見つけて、ブログの作者があの徳永先生!と気づいた時にはとても驚きました。さらに今回TBまで送っていただき、さらにびっくりです。

Posted by: える | 2005.03.27 11:09 AM

kicksさん、コメント&TBありがとうございます。渋いの聴いてらっしゃいますねー。4/7のライブレポですが、6月発売の「ジャズ批評」誌に書くことになりそうなので、こちらでは簡単なものになると思います。

えるさん、こっちも驚いたぞ。TBは検索で見つけて送ったものなので偶然です。6年前つーと99年?カナダに行く前であたふたしてたときかな。あらためてblog見せていただきましたが、スカパラファンならSembello(センベロ)にもご注目を。サックスの田中邦和が友人です。まさに「ジャズのアドリブは苦手」という人に聴いて欲しいサウンド。それから教養部のサイトがリニューアルしたんでぜひ見てちょうだい。シンプルだけどレイアウトとか工夫したんよ。

Posted by: tokunaga | 2005.03.27 02:03 PM

TBとコメントありがとうございました。

「シシーストラット」はあのミーターズの曲なんでしょうか?もしそうなら聴いてみたいですね。

Posted by: sacd_review | 2005.04.03 09:36 PM

sacd_reviewさん、コメントありがとうございます。「シシーストラット」はいろんな人がカバーしてると思いますが、ギタリストが好んで取り上げるのはジョンスコあたりの影響ですかね。小沼さんも金子雄太さん(org)の「アクアピット」や自分のトリオで演奏していましたが、ソロでやるとは驚きました。

Posted by: tokunaga | 2005.04.04 01:13 AM

こんにちは!

ジャズ批評楽しみにしております!

Posted by: kicks | 2005.04.04 06:05 PM

tokunagaさん、遅ればせながらはじめまして。
TBありがとうございます。3/21同じモーションにてご覧になっていらっしゃったんですね!音楽は聴くに徹していて(笑)詳しい事は全然ワカリマセンが、ギターを愛しファンを大切に思いやる気持ちが感じられるようすけさんの自然体な音色が私にはお気に入りです!
またtokunagaさんの他Jazz評エントリーも楽しみに拝見させて頂きますね!失礼しました。

Posted by: あきっち | 2005.04.05 03:14 PM

あきっちさん、コメントありがとうございます。一度書き込みに失敗していたようで、お返事が遅くなってすみません。

音色については指弾き中心になってからいっそう磨きがかかりましたよね。フレージングも指とピックではかなり変わってくるはずですから、その辺に注目して聴くとより楽しめると思います。

Posted by: tokunaga | 2005.04.09 10:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小沼ようすけはソロもすごい、ということはもっと強調されるべきだと思うのだが:

» 小沼ようすけトリオを聴く ["Until The Last Minute"]
出張で大阪へ行ってましたが、アフター5で小沼ようすけトリオを運よく聴くことが出来ました。 小沼ようすけ(G)鈴木正人(B)大槻"KALTA"英宜(D... [Read More]

Tracked on 2005.03.25 07:51 PM

» ヴァーチュオーゾ [ジャズを聞く]
ヴァーチュオーゾ ジョー・パス nu jazz 小沼ようすけ, 金子雄太, 大槻“KALTA”英宣, 太田剣, 佐藤“ハチ”恭彦, 山北健一, ケイコ・リー 小沼さんの記事にトラックバックしていただいたので、こちらからも。 小沼ようすけはソロもすごい、ということはもっと強調されるべきだと思うのだが 小沼さんはソロもすごいらしい。。 このライブ、僕は行けなかったのですが。。すごくよかったみたいですね。 小沼さんのソロというとnu jazzに入ってるジャミロのVirt... [Read More]

Tracked on 2005.04.09 03:02 AM

« 大阪にいる、というより「世界のてっぺん(もしくは最先端)にいる」という感覚をBRIDGEのPOOL2で味わう | Main | 佐藤芳明(アコーディオン)鳥越啓介(b)田中栄二(ds)トリオの痛快な演奏がジャズでなくてなんなのか »