« ライブ・公演情報(青年団、燐光群、喜多直毅、アンサンブルノマド、デュージャン、小沼ようすけ他) | Main | もうすぐ来日するギタリスト、デュージャン・ボグダノビッチ(Dusan Bogdanovic)の素晴らしさについて、やっぱり熱く語らずにはいられないのだ »

2005.04.02

港区六本木のアルフィーで、喜多直毅の名曲「板橋区」を聴く

4月1日、六本木アルフィーにて。
喜多直毅(vln)/佐藤芳明(acc)/黒田京子(pf)
という組合せでのライブ。

アルフィーはジャズドラマーの故日野元彦さんのお店として知られており(現在のオーナーは奥様の容子さん)、有名ジャズミュージシャンが日夜出演するライブハウスである。

「場の力」というものを感じることがよくある。たとえば大泉学園inFの、絶対この場所でしかあり得ないだろう、と思えるような熱気。心霊好きの喜多さん流に言えば、そこになにかが憑りついているかのような・・・

このトリオ自体はまだそれほど多くの回数はやっていないと思うが、黒田さん、佐藤さん共に喜多さんとの共演回数は多い。だがいつものメンバーによるいつもの曲も、この日は全然違って響いたのである。六本木の音、アルフィーの音になっていたというか。

それにしても喜多さんのアドリブ、冴えてたなあ。南米ツアーから帰国して、いっそう磨きがかかったような気がする。ツアーはタンゴバンドだったからアドリブパートはほとんどなかったらしいのだけど、やはりそこにいた「なにか」を連れて来たのだろうか・・・

7日も「六本木」。ますます楽しみになってきたぞ~

【追記】eijiさんのblogのレポート、素晴らしすぎ。

|

« ライブ・公演情報(青年団、燐光群、喜多直毅、アンサンブルノマド、デュージャン、小沼ようすけ他) | Main | もうすぐ来日するギタリスト、デュージャン・ボグダノビッチ(Dusan Bogdanovic)の素晴らしさについて、やっぱり熱く語らずにはいられないのだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/3531840

Listed below are links to weblogs that reference 港区六本木のアルフィーで、喜多直毅の名曲「板橋区」を聴く:

« ライブ・公演情報(青年団、燐光群、喜多直毅、アンサンブルノマド、デュージャン、小沼ようすけ他) | Main | もうすぐ来日するギタリスト、デュージャン・ボグダノビッチ(Dusan Bogdanovic)の素晴らしさについて、やっぱり熱く語らずにはいられないのだ »