« 7日、六本木で素晴らしい音楽が生まれるであろうことは、あまり疑う余地がなくなった | Main | ライブ・公演情報(三好功郎、林正樹、鬼怒無月、佐藤芳明、SOH BAND »

2005.04.08

デュージャン+小沼ようすけ+喜多直毅セッション終わりました

7日のSTBライブ終了しました。

はじめにお詫び。当初STB139のサイトで「show start:20:00」と告知されており、こちらでもそれをコピーして貼り付けていましたが、実際には19時半開演でした。もし遅れた方がおられたら申し訳ないです。僕自身、当日まで20時開演と思い込んでいたもので(通常のSTBのライブがそうなので)。

Set list:

1st set
Dusan solo(improvisation)
Balkan Bargain(Dusan)・・・Dusan+小沼Duo
Violin solo(improvisasion)
Dream(喜多)・・・Trio

2nd set
Oleo(Onuma solo)
Over the rainbow・・・小沼+喜多
Monica's Stroll(Dusan)・・・Trio
Woman's Dance・・・Trio
(アンコール)
てぃんさぐぬ花・・・Trio

あれ、2ndはもう1曲あったような。あとで確認しときます。曲数は少ないですが、実際には長い即興演奏と続けて弾いたりしてるので、ボリュームはけっこうたっぷりでした。

個人的には前半はBalkan Bargainがツボ、後半はだいたい全部良かったな。デュージャン目当てで聴きに来た人はもっと彼の曲を聴きたかったかもしれませんね。僕も個人的にはもう1曲ぐらい、と思いましたが。ま、今回はコラボレーションということなので。

むしろかなり来ていたであろう小沼さんのファンの方があのぐらいの比重で満足してくれたかどうかが心配。しかし相変わらず見事なソロの他、デュオやトリオでも小沼さんの新境地と言えるような演奏が聴けました。

ところでコメントをいくつか削除して、その際間違えて最新のTBも1件削除してしまったような気がします。心当たりのある方は再送信していただければ幸いです。ご意見をいただくのはありがたいのですが、建設的な議論の意思が感じられないような一方的なコメントや、誤解に基づくと思われるコメントなどは削除することがあります。ご不満があればメールでどうぞ。アドレスはプロフィール欄にあります。

|

« 7日、六本木で素晴らしい音楽が生まれるであろうことは、あまり疑う余地がなくなった | Main | ライブ・公演情報(三好功郎、林正樹、鬼怒無月、佐藤芳明、SOH BAND »

Comments

こんにちは。徳永さんに感想を言うまもなくそそくさと帰ったのだけれど、大変満足のいくライブでした。リッチな雰囲気の六本木のベイジルということで、わりと一般向けのおとなしいスタンダードなんかを予期していたのですが、オリジナル曲も含めやる気満々の即興的展開にジャズファンとしては大興奮。

僕は喜多さんのライブはすでにお邪魔したことがあり、その素晴らしさを堪能済みなのですが、恥ずかしながらDusan氏も小沼ようすけ氏も今回のライブではじめて知りました。猛反省。もともとインドア派な上に日本のライブ・シーンにはとんと疎くて、最近はせいぜい大好きな鈴木勲氏の新譜を聴いたぐらいなのですが・・・Dusan氏もさることながら、小沼さんが凄かった。こんなギタリストが日本にもいるんだね。激しくなればなれほど音が澄んでくる感じ、2nd冒頭のオレオは、まさに個人的ツボ。

あの店ははじめてだったので、うっかり向かって右のカウンター(=スピーカーの真ん前)に腰掛けてしまったのが唯一残念だったこと。まあ今高田馬場の喫茶店なので、さっそく「ムトウ」でジャズの棚を探索してみます。ではでは。

Posted by: yoshida | 2005.04.08 at 06:31 PM

tokunaga様の所為ではありませんが、遅刻しました…
あそこに小沼ようすけを持ってくるとは素晴らしい選択でしたね! 一期一会に終わらせるのは勿体ない…

Posted by: k_17g | 2005.04.08 at 08:04 PM

吉田さん、コメントありがとう。楽しんでいただけたようで何より。Dusanはギターマニアでなければ知らなくても仕方ないけど、小沼さんをチェックしてなかったのはまずいですね。だって彼は駆け出しの頃、鈴木勲さんのバンドで鍛えられたのですよ!(すごく厳しかったらしい) ぜひまたライブに足を運んでください。CDは1枚選ぶならやはりリチャード・ボナと共演した最新作、「Three Primary Colors」がお薦め。

そしてk_17gさん、またまた嬉しいコメントありがとうございます。指弾きで自在にアドリブできる人、と考えると小沼さんという選択はアル意味必然でもあったと思います。

Posted by: tokunaga | 2005.04.09 at 10:18 AM

> 小沼さんをチェックしてなかったのはまずいですね。
> だって彼は駆け出しの頃、鈴木勲さんのバンドで鍛え
> られたのですよ!(すごく厳しかったらしい)

そ、そうだったのですか・・・改めて反省するとともに深く納得。
ちなみに昨日「三原色」はしっかり買いました。ブラボー!

Posted by: yoshida | 2005.04.09 at 02:50 PM

TBいたしました。
小沼氏はやはり要注目ですね。

Posted by: k_17g | 2005.04.11 at 09:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/3611647

Listed below are links to weblogs that reference デュージャン+小沼ようすけ+喜多直毅セッション終わりました:

» Dusan Bogdanovic at STB139 [k_17g's warp 3]
先週ですが、Dusan Bogdanovic見に行ってきました。 今回は小沼ようすけ(g)に喜多直毅(vln)とのコラボレーション。 遅刻した上に、開演が普段より30分早かったので、かなり食い足りなかったです。 よってまともなレヴューは放棄します。っていつもまともに書いとらんが… えー、前日に会ってリハしただけでこれだけのものが出来てしまうのは3人の地力故、ともとれますが、それだけにもっと凄いものが産まれそうで産まれないもどかしさも感じたりして。 ここに小沼ようすけを持ってきた... [Read More]

Tracked on 2005.04.11 at 09:26 PM

« 7日、六本木で素晴らしい音楽が生まれるであろうことは、あまり疑う余地がなくなった | Main | ライブ・公演情報(三好功郎、林正樹、鬼怒無月、佐藤芳明、SOH BAND »