« 坂田明(Sax)+ジム・オルーク Jim O'rourke(G)セッションでインプロの魅力についてあらためて考える | Main | GWは早起きして渋谷にローザスROSASを観に行こう »

2005.04.23

無料ないし格安公演情報(タブラトゥーラ、吉野直子、坪川真理子&田野倉雅秋、ROSASのフィルム)

こまばアゴラ劇場の公演は法人支援会員になったので当然すべて格安。チケット引換券は小竹向原のアトリエ春風舎でも使えます。

企業メセナの一環として、ユニークな無料コンサートを提供し続けているのがアサヒビール・ロビーコンサート。5月20日(金)はなんと古楽器バンド、タブラトゥーラが登場。

タブラトゥーラ自体がとてもユニークなんだけど、すでにCDも多くかなり知られたグループなので、そのまんま持ってくるのはちょっと芸がないな、というのが率直な印象。かつて企画協力で知恵を絞った経験がある身としては複雑な思いもあるけど、素直に考えればタブラトゥーラがタダで聴けるなんて最高ですよ。応募しなきゃ損。締め切りは4月28日(木)。詳しくは上記リンク先へ(ネットで応募できます)。

それから、山尾“音楽ライター”敦史さんのblogで紹介されていた
これ↓も面白そう。大学生1000円とある。

5月14日(土)16:00開場 17:00開演 〈ライフサイクルコンサート15〉 吉野直子(ハープ)と高校生が創る ティーンエイジャーコンサート2005 ~十代だって癒されたい~ 出演: 吉野直子(Hrp) 曲目: バックステージツアー(16:10~、16:20~)


第一部「ハープ大解剖」

パッヘルベル:カノン、
サルツェード:つむじ風、
トゥルニエ:ジャズ・バンド、ルニエ:いたずら子鬼の踊り、
ハチャトゥリアン:「トッカータ」より
※影像を取り混ぜながら、ハープの秘密を探ります。

第二部「耳を澄ませて聴いてみよう」

シェ―ファー:アリアドネの冠
デュセック:ハープのためのソナタ変ホ長調 作品34-1 より、第3楽章、
ワトキンズ:火の踊り、
サルツェード: 古代様式の主題による変奏曲 作品30 ほか
※ハープの豊かな響きを心ゆくまでお楽しみください
料金: 一般・シニア\4,000、大学生\1,000、高校生\800、小・中学生\500
(チケットにはもれなくCDのおまけつき)


やはり企業がらみは強いですな。
一方こちら↓は小さな音楽事務所による企画。

2005年5月6日(金)14時開演 午後のコンサート < 坪川真理子(ギター),田野倉雅秋(ヴァイオリン)デュオ・コンサート>

会場:港区高輪コミュニティぷらざ1階区民ホール
(南北線白金高輪駅より徒歩1分/
JR田町駅・目黒駅・渋谷駅よりバス白金1丁目下車 )
住所:港区高輪1-16-25
TEL:03(5421)7616

入場料:1000円

くわしくはこちら。坪川さんはマドリード王立上級音楽院卒業で1stCD「スペイン幻想」が好評。田野倉さんは東京芸大&ジュリアード卒の俊英。田野倉さんの事務所の方に「僕は芸大卒とかジュリアード卒っていう肩書きは全然信用してないけど田野倉さんは素晴らしいですね!」などと言ってしまったことがある。はずみとはいえなんてエラソーな。でも知り合いのクラシック評論家の方も絶賛されてたので素晴らしいのは間違いない。こういう人は「狙い目」です。おそらく助成金で成り立ってると思われますが、それにしても(助成金は受けていない旨のご指摘を受けましたので訂正してお詫び申し上げます。詳しくはコメントを)有名になってギャラが高くなったら1000円じゃなかなか聴けないぞ。

【追記】しまった、よく見たらこれ平日ですね。うーんGW中とはいえほとんどの学生はカレンダー通り授業があるでしょうなあ。というわけで学生に薦めるわけにはいきませんが、ここを見ている人の中には連休って人もいるでしょうから残しておきます。

【追記】4/29~5/1の3日間、とにかくベートーベンばかり演奏しまくるらしい「ラ・フォル・ジュルネ」@東京国際フォーラムを追加。ほとんどのコンサートが1500円~2000円のようです。演奏者は有名な人ばかり。

おまけ。
「公演」情報じゃないですが、授業でも度々取り上げているベルギーのダンスカンパニー、ローザスのビデオ作品が今日から渋谷ユーロスペースのモーニングショー(AM11~)で上映。しかしこれ日替わりのはずなんだけどユーロスペースのサイトにはスケジュールが載ってないぞ・・・まあどれも面白いと思いますが。

と思ったら「goo映画」にタイトルとスケジュールがありました↓

『Counter Phrases』(4/23~24)『SHORTS』(4/25~26)『Ottone/Ottone I』(4/27~28)『Hoppla!』(4/29~30)『Achterland』(5/1~2)『Rosas danst Rosas』(5/3~4)『Fase, the Film』(5/5~6)

タイトルだけじゃよくわかりませんが。『Rosas danst Rosas』と『Fase, the Film』はDVDが市販されているので授業で紹介したことがあります。

|

« 坂田明(Sax)+ジム・オルーク Jim O'rourke(G)セッションでインプロの魅力についてあらためて考える | Main | GWは早起きして渋谷にローザスROSASを観に行こう »

Comments

TOKUNAGAさま、

5/14ティーンエイジャーコンサートスタッフのものです。
こちらでご紹介くださって、ありがとうございます。一言お礼をと思いコメントさせて頂きました。
このプロジェクトはNPOトリトン・アーツ・ネットワークの主催事業で今回で2回目を迎えます。何から何まで高校生のアイディア満載ですので、他では味わえないステージになるかと思います。ぜひお運びいただければと思います。

晴海埠頭へのお散歩や、月島のもんじゃとご一緒にお楽しみください!!

それでは失礼いたします。

Posted by: ティーンエイジャーコンサートスタッフ | 2005.04.28 at 10:50 AM

たまたまこのHPにたどり着きました。5/6のコンサートを書いていただいてありがとうございました。ただし、当会は助成金を受けていないので、そのお知らせです。(^^;
非営利団体として活動をはじめ、9月で90回の自主コンサート「よくばり音楽館」を迎えます。そのほかボランティアの出張演奏の企画や、区の行事に参加して、行政と演奏家のパイプ役もしております。行政の職員の方はなかなかクラシック演奏家に理解を示してくださる方が少なく、四苦八苦しております。いつまで体力が続くか心配では有りますが、これからもよろしくお願いいたします。
なお、コンサートスタッフが不足しております。舞台関係、音響・照明関係の方で、不定期でも結構ですので協力してくださる方を募集しております。こちらもよろしくお願いいたします。

Posted by: クラシックライブを楽しむ会 | 2005.05.25 at 10:18 AM

「クラシック音楽を楽しむ会」様
さっそく訂正しておきました。「この料金では採算が合わないはず」という思い込みで書いてしまいましたが、ボランティアで成り立っているようですね。大変失礼しました。重ねてお詫び申し上げます。今後とも充実したコンサート企画を期待しております。またこちらでもご紹介させていただきますので。

Posted by: tokunaga | 2005.05.25 at 11:44 AM

7/1(金)ジョイントリサイタルのお知らせです。
今回は、ヤングプラハで共にコンチェルトのソリストを務めた
ピアノ:ジュゼッペ・アンダローロとヴァイオリン:田野倉雅秋の気合のこもった演奏です。

日時:7/1(金)午後7時開演
会場:高輪区民センターホール
曲目:ストラヴィンスキー:イタリア組曲
   リスト:大演奏会用独奏曲 S176
   イザイ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第2番 イ短調 作品27-2
   ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番 二短調 作品108
入場料:一般2000円、高校生以下1000円

是非いらしてください。

Posted by: クラシックライブを楽しむ会 | 2005.06.21 at 05:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/3819120

Listed below are links to weblogs that reference 無料ないし格安公演情報(タブラトゥーラ、吉野直子、坪川真理子&田野倉雅秋、ROSASのフィルム):

» 高校生プレゼンツ・吉野直子コンサート [山尾好奇堂]
夕方からメールサーバーの障害で、ぜんぜん送受信ができない山尾です。こういうことが [Read More]

Tracked on 2005.04.24 at 09:34 AM

« 坂田明(Sax)+ジム・オルーク Jim O'rourke(G)セッションでインプロの魅力についてあらためて考える | Main | GWは早起きして渋谷にローザスROSASを観に行こう »