« 群像新人賞評論部門優秀賞に水牛健太郎氏「過去 メタファー 中国--ある『アフターダーク』論」 | Main | 坂手洋二 v.s. 平田オリザ »

2005.05.10

授業2コマ+2ステージ立見の疲れも吹っ飛ばすサイゲンジsaigenjiの歌の魔力

intoxicate@青山CAYからの帰り道にケータイより。
なんか地下鉄乗る気分じゃなくて渋谷まで徒歩。さらに駒場まで徒歩。授業が終わった後はグッタリしていたのですがね。
(続く、かも)

続き。
授業ってつまり80~90分喋り倒すので、1コマがミュージシャンの軽い1セットぐらいの労働量にはなってるんじゃなかろうか。最近はパワーポイントを使うようになり、座ってやろうと思えばできるのだけど、つい立ってしまう。

で夕方2コマ目が終わって一服してから青山CAYへ。開演時間が20時と遅めだったので余裕の到着だったけど、客席前半分のみに設置された椅子席はすでに一杯。もうちょい早く来れば良かったか。開演時には立見も一杯。今回はマデリン・ペルーという女性シンガーとのカップリングで、彼女が先でした。

マデリン・ペルーについては予備知識ほぼゼロ。ギター弾き語り+ピアノ(orオルガン)+ドラム+ベースという編成でちょっとレトロな雰囲気。歌い方はビリー・ホリデイとリッキー・リー・ジョーンズを連想させた。もっと洗練された感じだけど。微妙な歌いまわしに味があって耳に心地よい。

がしかしこれ、立って聴く音楽じゃないよ。。。
ゆったりテーブルに着いて、グラス傾けながら聴けば最高でしょうね。途中で疲労が限界になり。隅へ逃げて壁にもたれる。セットチェンジの間にいったん外に出て軽く腹ごしらえ。

戻ってみると、サイゲンジが始まっており焦る。お馴染みのキャロル・キングのカバー、「it's too late」。いや序盤からグイグイきますなー。最初PAが良くないな、と思ったけど、なぜか人が減ったので前の方に割って入ったらそうでもなかった(ただしギターの音量が小さいのは×)。

僕はそもそもインスト中心に聴いてるし、ボーカルを聴くとしたら女性が多い。同性(男)の声聴いても気持ちよくなれんよなー、と思うことが多いのだけど、サイゲンジは数少ない例外である。美声という感じでもないけど、なんでしょうねこれは。

もちろん巧さもある。さりげなくホーミーを使ったり、口パーカッションも見事。自然に出てくる感じで、これみよがしなイヤラシサがないんだな。意識的にテンションを上げようとしているのがわかってしまうと逆に冷めてしまうことが多いのだけど、この人の場合はおそらく「天然」である。

ギターも巧い。普通に和音を刻んでいても、優れた打楽器奏者のようなグルーヴを感じさせる。PAの人もその辺を理解してバランス調整して欲しいものだ。この日はバンド編成だったけど、またソロも聴きたいなあ。

さらには曲の良さ。この日は1時間少々のステージだけど、2ndCDで一番好きな「海のそばに」と3rdCDで一番好きな「雨の匂い」が両方聴けたのは嬉しかったな。サイゲンジはどうしても「ブラジル音楽系」のイメージが強いのだけど、これらの曲は全然「ブラジル音楽風」ではない。固定観念を捨てて聴いて欲しいものだ。新曲もなかなかの出来映えで、ブラジルで録音してきたという新譜の発売が楽しみ。

自分でも驚いたが、ライブ終盤には立見がまったく苦にならなくなっていた。足が自然にステップを踏む。その勢いで徒歩で帰宅(所要時間30~40分くらい)。

しかしマデリン・ペルーが終わって帰っちゃった人はナンだろう?招待券で来てたんですかね。お金払うともったいなくて最後まで聴いちゃうもんだと思うけど。人生の大切な出会いを逃してますね。

|

« 群像新人賞評論部門優秀賞に水牛健太郎氏「過去 メタファー 中国--ある『アフターダーク』論」 | Main | 坂手洋二 v.s. 平田オリザ »

Comments

はじめまして。saigenjiのBBSからやってきました。私も昨夜のintoxicate観てまして、tokunagaさんと全く同感!で思わず書き込んでしまいました。
1st.心地良い歌声のはずが立ち見のせいか、人ごみのせいか辛くなってしまいましたが、2nd.は逆にエネルギーが満ちてくる感じ。
終了後外の冷たい空気が心地よかったこと!
サイゲンジの音楽はホント直接身体に効きますよね。
あれを観ずして帰ってしまうスノッブな雰囲気の方々は損してますよね。
次回のライブがまた楽しみになった夜でした。

Posted by: luna | 2005.05.11 at 11:55 PM

lunaさん、コメントありがとうございます。サイゲンジBBSでは御本人にもコメントいただいちゃって嬉しい限りです。僕はサイゲンジさんのライブけっこう久しぶりで、やっぱりちゃんと追っかけとかにゃいかんよなあ、と反省したりもしました。

Posted by: tokunaga | 2005.05.12 at 09:21 PM

徳永さま
初めまして、私のblogへのコメントとトラックバックありがとうございます。
私もCayに行っておりました。マデリン・ペルーに関する徳永さんのコメント(聴く環境、帰っちゃった人たちのことも含めて)、まったく同感!でございます。これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: 中原仁 | 2005.05.19 at 01:15 PM

わおう!中原さんからコメントいただけるとは光栄です。どうもありがとうございます。
そちらはカエターノ・ベローゾで盛り上がってますね。僕も当日券があるならなんとか都合つけたいと思ってますが・・・

Posted by: tokunaga | 2005.05.19 at 08:43 PM

同じ曲が好きなんですね(^_^)
「海のそば」「雨の匂い」
It's Too Lateも聞いてみたいなぁ
ちょうどバンドでボサ風にやろうかと
言ってたトコなんで

Posted by: ジェイ | 2005.05.23 at 11:04 AM

お返事遅くなりましたが、ジェイさんコメント&TBありがとうございます。it's too lateは1stCDに入ってますね。

Posted by: tokunaga | 2005.05.26 at 10:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/4073249

Listed below are links to weblogs that reference 授業2コマ+2ステージ立見の疲れも吹っ飛ばすサイゲンジsaigenjiの歌の魔力:

» 極上の音楽 〜Shima&Shikou DUO 、ゲストにsaigenji、最後は沖仁まで登場 [wonderful music life!]
最高の夜でした。 トランペットの島さん、ピアノの志宏さんのデュオのライブ。 セカンドに間に合うギリギリの時間に到着。saigenjiファンの方やら、 フラメンコギターの沖仁やら、いろいろいらした。 慌てながら挨拶しつつ、席をキー... [Read More]

Tracked on 2005.05.11 at 03:20 AM

» Saigenjiのライブ [JK-NoMusicNoLife]
練習終わって 堤さんとSaigenjiを見に行った 全3バンドでかなり時間が押した Saigenjiは 23時過ぎにスタートして0時過ぎまで ギターとパーカッションでのステージ しかしボイスパフォーマーと呼ばれる意味がわかった これはCDでは聞けない 素晴らしいスキャトとボイス..... [Read More]

Tracked on 2005.05.23 at 11:04 AM

« 群像新人賞評論部門優秀賞に水牛健太郎氏「過去 メタファー 中国--ある『アフターダーク』論」 | Main | 坂手洋二 v.s. 平田オリザ »