« May 2005 | Main | July 2005 »

2005.06.27

小沼ようすけトリオと喜多直毅の初共演について語りたいことはあまりに多くてまとめるのが大変だ

6月27日、六本木アルフィーにて。
小沼ようすけ(g)トリオ(鈴木正人(b), 大槻カルタ英宣(ds))の定例ライブに喜多直毅(vln)がゲスト参加。

まずこのセッションが実現した経緯について触れておこう。ユーゴ出身の作曲家兼ギタリスト、デュージャン・ボグダノビッチの来日公演に際し、セッションの企画立案をデュージャンの招聘元である現代ギター社から打診された僕は、まず小沼さんに声をかけた。説明は省くが、ギタリストなら彼しかいないと思ったのだ。

「もう一人、ギター以外の人を」と言われたとき、もちろん喜多さんも思い浮かんだが、実は最初第一候補として考えていたのは別のミュージシャンだった。しかしデュージャン本人の意向が第一と考え、いくつかのサンプル音源を提示したところ、彼が選んだのは喜多さんだったのだ。

というわけで計らずも小沼さんの喜多さんの共演が実現することに。まず1月末に、小沼さんのアコースティックセッションに喜多さんが飛び入りしたのが初共演。4月のデュージャン来日記念セッションが2回目。小沼さんとしても手応えを感じたようで、今度は自らのライブに喜多さんをゲストとして招くことに。

整理するとですね、

たまたま現代ギターが僕に声をかけてくれて
→僕が小沼さんに出演を依頼して
→小沼さんが(彼にとってまったく未知のギタリストであった)デュージャンとの共演を快諾してくれて
→デュージャンが喜多さんを気に入ってもう一人の共演者に選んでくれて
→小沼さんと喜多さんも意気投合。

という連鎖の結果なのです。一つでも欠ければ実現しなかったはず。小沼さんも喜多さんも以前から僕のfavorite musicianだったからいつか共演してくれれば、と思っていたけれど、個人の力でそういうきっかけを作るのって難しいですからね。一連の経緯に関わって下さった皆様に深く感謝。


小沼さん、喜多さんの個々の演奏についてはこれまでにもいろいろ書いてきたので、今さら何を書けば、と思ってしまう。それでも強調しておきたいのは、すぐれたミュージシャンどうしが共演したときに生み出される予測不可能な相乗効果の素晴らしさ。この日も「うほ!そうくる!?」と思った場面が何度あったことか。ゾワゾワっと来ましたね。

小沼さんは珍しくディストーションを深くかけた音色を多用したり。フリーっぽい展開になったり。喜多さんはいつも以上に激しく弾きまくったり。

速弾きの部分に耳を奪われがちだけど、二人ともハーモニーに対する感覚が鋭いな、というのもあらためて感じた。ギターは元々和音楽器だから当然といえば当然だけど、小沼さんの場合、ジャズでは珍しくすべて指弾きなので、アドリブソロでも和音を多用する。喜多さんも重音を自在に操る。ヴァイオリンという楽器で、即興演奏においてここまで重音を駆使する人はやはり珍しいと思う。アレンジ能力も高い喜多さんならではかもしれない。

1st setの最後にデュオで演奏された「オーヴァー・ザ・レインボウ」、4月7日のときも良かったけど、より濃密な二人の「会話」が感じられて非常に良かった。こういう感覚は、優れたジャズミュージシャンどうしのセッションにおいてはそれほど珍しくないのだけど、「ヴァイオリンとギター」という組合せに限って言えば本当に貴重な経験だ。「ヴァイオリンはジャズに向かない楽器」という説をどこかで読んだ記憶があるのだけど、そういう偏見を持っている人にこそ聴いて欲しかったところだ。

ともかく二人とも、互いに刺激を受けて新しいものが引き出されていたと思う。これがあるからライブは面白いんだよな。ぜひ今後もいろんな組合せでセッションを続けていただきたい。

あとベースの鈴木さんとドラムの大槻さんについても触れておかねば。喜多さんの場合、ドラムやエレキベースと一緒にやる機会自体少ないのでちょっと相性が心配だったけど、さすがのサポートでした。特に鈴木さんはやはり小沼トリオの要だな、とあらためて感じた。アンコールでやった喜多さんのオリジナル「板橋区」はいろんな編成で
聴いているけど、ここでの大槻さんのアプローチはなかなか絶妙で、「その手があったか!」と感心しました。

ハウリングを警戒したのか、PAバランスでヴァイオリンが小さめだったのがちょっと残念。喜多さんが他の楽器に負けないようにと熱演したのは良かったのだけど、もうちょっとしっかり音が出ていればまた違った音使いになっていたはず。

それにしても、「板橋区」で小沼さんがソロ弾いてる姿というのはまた感慨深いものがありますよ。ちょっと都会的なイメージ。マンハッタンの一角って感じ?

ところで「ジャズ」という単語を繰返し使ってますが・・・
休憩時間に喜多さんに「どう?」って声をかけたとき「いやージャズの人と一緒にやるのは大変ですよ」みたいなことを言ってたんだけど、それに対して他のお三方は口々に
「あ、僕はジャズじゃないですよ」
「おれも」
「僕もジャズっていうわけでは・・・」
などとおっしゃってました。ジャズって何でしょうね(笑)。

【追記】ソニーの小沼さんの公式サイトの日記(FROM YOSUKE)に小沼さんがこの日のライブの感想を書いて下さってます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.20

もう何度も聴いている喜多直毅&津山知子タンゴDUOで、またしてもあっけにとられる

19日、鵜の木(東急多摩川線)の「アトリエひらり」にて。

うちの大学にも2度ほど来て頂いているヴァイオリン&ピアノのデュオ。オリジナルアレンジでピアソラや古典タンゴを演奏する。この日はピアソラが多目だったかな。

このデュオを聴くのはおそらく10数回目か。20回超えてるかな。もちろん大好きなのだが、この日は特に期待して、というよりは「これを逃すと次はいつになるかわからないから聴いておかないと」という気持ちが強かった。なにせ共演は数ヶ月ぶり。学生時代からの長い付き合いとはいえ、そううまくいくものなのか。

しかし良い方に予想が外れました。

この二人、「息がピッタリ」とかいう次元を超えてますね。タンゴというのは基本的にクラシックのように譜面に書かれたものを演奏する(ただし喜多さんは随所にアドリブソロを入れるけど)。今回は新たにアレンジしたものはないと思うのだけど、いくつかの曲ではまったく初めて聴くかのような新鮮なインパクトを受けた。

二人とも最近はタンゴ以外の音楽を(それぞれ個別に)演奏する機会が多いのだけど、そういった活動の充実振りがタンゴをやるときにも反映されるのね。終焉後、思わず「津山さん、ピアノ上手くなった?」と声をかけてしまった。

僕の隣で聴いておられた方が「タンゴのイメージが変わりました」とおっしゃっていたけど、そりゃそうだ。こんなド迫力のタンゴ・デュオは他ではまず聴けません。アレンジも超モダン。これが全般的な「タンゴのイメージ」になってもまずいような気がするけど・・・。でもタンゴってすごく自由な音楽なんだ、ということを実感してもらえたに違いない。

CDが終演直後に売り切れた。CDでの演奏は、ライブに較べれば、そりゃあクールである。家で落ち着いて聴くにはその方がいいはずなんだけど、「ライブと違う!」と言われるのが心配。同じ譜面使ってるはずなんですが・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.19

鈴木大介の「ギター・エラボレーション」コンサートで味わった充実感を、どう表現すればいいのだろう

18日、白寿ホールにて。

この日の鈴木大介さんの演奏に対して、細かい難点を指摘するのは簡単だと思う。決して「完璧」ではない。だけど、楽しかったなあ。躍動するスカルラッティ。キレ味鋭いマルタン。

この「ギター・エラボレーション」シリーズもはや5回目。次回、9月16日はいよいよ、バッハのパルティータBWV1004(有名な「シャコンヌ」を含む組曲)、武満のフォリオス、ブリテンのノクターナルという超名曲をずらりと揃えたプログラムだ。

今度こそ、満員の客席で迎えたいなあ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.06.16

大井浩明(pf)、鈴木大介(g)、斎藤和志(fl)、といった演奏家達のblogは面白すぎて、自分で文章を書くのがいやになる

いつも思うのだけど、音楽について一番よくわかってるのは、そりゃプロの音楽家でしょ。優れた音楽家が、音楽と同程度とまでいかなくてもそこそこの文才にも恵まれていたら、僕みたいなチンケなライターなんてかなうもんですか。せいぜい、ちょっと変わった視点を提供するぐらいのもの。謙遜ではなく実感です。

で、実は珍しくないようなんですね。名演奏家=隠れ名ライターであるケース。彼らの文章がなかなか世に出ないのは、一つには立場上書きにくいことも多い、というのがあるだろうけど、単純に本業が忙しくて執筆業に多くの時間を割けない、という理由も大きかったのではないか。

しかしそれも今や過去の話となりつつある。blogの発明によって執筆→公開の手順が簡略化された結果、音楽家による読み応えのある(単なる日記ではない!)blogが次々に登場しているのだ。そのご紹介をいくつか。

とりあえず内容に圧倒されるのは、現代音楽の演奏で名高いピアニスト、大井浩明さんのblog。音楽ライター山尾敦史さんのblogで知りました。勉強になります・・・

ギタリスト、鈴木大介さんのblogは日記風ながら、幅広い音楽性を反映し、端々に鋭い洞察が読み取れる興味深い内容。富ヶ谷・白寿ホールでのシリーズコンサートは毎回ハイレベルですが、次回、18日は武満徹による映画音楽の新アレンジなどを含む特に楽しみなプログラムです。

素晴らしいフルーティスト、斎藤和志さんのblogがまた面白い!記事中で謙遜されてますが、若手日本人フルーティストの中で間違いなくトップクラスの実力でしょう。実は以前プライベートなパーティで同席させていただいたことがあるのですが、「え、その曲を、そんな風に!?」というものすごい演奏を聴かせていただきました。

| | Comments (48) | TrackBack (1)

2005.06.09

ブランドン・ロスBrandon Ross"コスチューム"バンドと菊地成孔pepe tormento azucararを一晩で楽しめるTOKYOは、ほんとうはNYにも負けてないと思う

9日、恵比寿リキッドルームにて。タワーレコード発行のフリーペーパー、intoxicate主催のイベント“koolhaus of Jazz”。


数年前、ニューヨークに初めて遊びに行ったとき、マイケル・ブレッカー(sax)のグループのライブに行った。さほど広くない会場で2ステージたっぷり楽しめてチャージがわずか30ドル。MCでブレッカーが「It's good to be home」と漏らしたのを聞いて「ああ、これがニューヨークだ」と思った。世界のトップミュージシャンが生活し、世界中を周った後に帰り着く街。この点だけは、東京はかなわないよなあ。

とはいえ、東京はNYと同じように世界中からミュージシャンがやってきてライブやってくれるもんね。だからNYに行ったらNYでしか聴けないものを聴きたい。そう思ってチェックしたところ、ヘンリー・スレッギルのバンドがニッティング・ファクトリーに2夜連続で出演することがわかり、2晩とも通うことに。そのバンドのギタリストがブランドン・ロスだ。カサンドラ・ウィルソン(vo)のサポートで一躍脚光を浴びたが、NYのジャズシーンの中でも、もっともトンガったギタリストの一人だろう。「かっちょええー、さすがNY!」と"おのぼりさん"状態で興奮しつつ聴いたのを覚えている。

そのときはまさか自分が将来ブランドンにインタビューすることになるとは夢にも思わず。つい先日、お話を伺ってきました。掲載は現代ギター8月号の予定。

インタビューの話自体、急だったので、8日のワンマンライブ(新宿ピットイン)はすでに前売り券を購入済みだったが、この日のイベントには招待していただいた。ありがたや。でも招待されなくとも行ってましたとも。もう一組の出演は菊地成孔さんの新しいプロジェクトで、こちらも興味津々だったのだ。

一番手はブランドン。8日も十分良かったけど、実は時差ボケと取材疲れで本調子ではなかったのか?と思わせるほど、9日はさらに良かった。エレキギター、バンジョー、アコギと使い分けるサウンドは繊細にして豪放。アコースティックの美しい響きとハードなディストーション・ギターのコントラストがたまらん。どちらのサウンドも大音量でクリアに響かせるPAの良さも特筆に価するだろう。ツトム・タケイシさんのベースがまたズシンといい音で鳴ってたなあ。

なにより心地よかったのは全編を貫く独特の美意識だ。終盤をバーンと盛り上げて大団円、てなことは絶対しないのね。イクときはイクのだけど、"イキっぱなし"じゃなくて必ず戻ってくる。8日に聴いたときは最初ちょっと戸惑ったものの、これがある意味"予習"になったようで、この日は100%楽しめた。アンコールのロン・マイルス(tp)とのデュオも渋かったなあ。


対する菊地成孔さんのバンドpepe tormento azucarar(ぺぺ・トルメント・アズカラール)はこんな編成:

  サックス&ヴォーカル:菊地成孔
  バンドネオン:北村聡
  弦楽四重奏:徳沢セイゲン他
  パーカッション×2:大儀見元他
  ピアノ:南博
  ベース:鈴木正人
  ハープ
  ヴォーカル:カヒミ・カリイ

全部で12人か。デートコース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン(DCPRG)のアコースティック版? DCPRGの集団即興曲「Catch22」を思わせる混沌とした展開も。だがもっと猥雑だ。そして"いかがわしい"。

何たるいかがわしさ。菊地さんが自分で歌ってしまうところからしてそうだ。決して上手くはない。とんでもないナルシストにも見えるが、おそらくそれも意図的で、計算づくなのだろう。これでサックスがあまり上手でなかったら説得力がないのだけど、菊地さんは若くして山下洋輔グループに抜擢された経歴もあるほどのサックス奏者なのだ。

バンドネオンとハープが絶妙のスパイスになっており、特に期待のバンドネオンは良い方に予想が外れて全編大活躍。北村さんかっこよかったなあ。メンバー紹介でも一番最後。完全に主役級の扱いだ。

これは本当に画期的なことだと思う。というのも、バンドネオンは2つの意味でとても不自由な楽器なのだ。

一つは演奏のしにくさ。そりゃどんな楽器だって自在に演奏するのは難しいだろうけど、特にアルゼンチン・タンゴで使用されるディアトニコ式のバンドネオンはボタン(鍵盤)の配列が不規則で合理的な構造になっていない。ジャズのような即興演奏をやろうと思ったら相当な困難が伴うはず。北村さんが渡された楽譜には、テーマ部以外はほとんどコード進行しか書かれていなかったそうだ。つまり大部分は北村さんの即興ないし(事前に考えておいたとすれば)「作曲」ということになる。伝統的なアルゼンチンタンゴにジャズのような即興パートは存在しないから、こういったスタイルの演奏に挑戦しているバンドネオン奏者はかなり貴重なはず(少なくとも日本では)。

もう一つの「不自由さ」は、同時にバンドネオンの最大の魅力でもある。すなわち音色だ。あまりに強烈で、文字通り音楽に「色」をつけてしまうから、タンゴ以外の他ジャンルにおいて調和させるのは難しい。しかも今の場合、あくまでアンサンブル主体の音楽だから、バンドネオンが自己主張しすぎて突出してもいけないんだよな。だがこの問題も、北村さんのセンスと技術、そして菊地さんのアレンジによって、ほぼ解消されていたと思う。一時的なプロジェクトなのかと思ったらレギュラーバンドだそうで、この日は「デビュー・ライブ」だったらしい。まだまだ進化しそうで、今後が楽しみだ。次回は7月7日に代官山UNITでワンマン。


ブランドン・ロスのNY最先端ジャズと菊地成孔のフェイク南米風ジャズ。こんな組合せが聴けるのも東京だけだろう。そしてこれらは紛れもなく、東京から世界に向けて発信される音楽なのだ。

「でもブランドン・ロスはNYから来てるじゃないか」と思われた方、彼が東京でライブをやっている理由を思い出してください。その長いキャリアにおける初リーダー作「コスチューム」をリリースしたのは東京のintoxicateレーベルじゃないですか!

梅津和時さん率いるシャクシャインの傑作アルバム「DESERT IN A HAND」が完成後1年を経てNYのKnitting Factory Worksからリリースされたとき、日本人によるこれほど優れたアルバムを積極的に出そうとする日本のレーベルが無かったという事実に愕然としたことを思い出す。ちょうど正反対のことが起こったんだな、と思うと、ちょっと愉快だ。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2005.06.03

ライブ・公演情報(沖仁、青木菜穂子、小沼ようすけ、ブランドン・ロス、菊地成孔、喜多直毅、関根彰良他)

6月のお薦めライブ情報を。
ここに掲載したもの以外にも、特にお薦めする公演に関する詳しい情報、急に入った情報や招待情報などを、主に「現代パフォーミングアーツ」の過去の履修者向けにEメールで配信していますので、配信を希望する人は申し出てください。今月も招待情報がありますが(ただし学生限定)公にできないものなのでここには掲載しません。

6月4日
■青木菜穂子(Pf)インストアライブ@ヤマハ横浜
*共演:会田桃子(Vn)

6月5日
■OKI JIN in concert@青山Spiral Hall special guest畠山美由紀
■クアトロシエントス(会田桃子(Vln)、北村聡(Bn)、西嶋徹(B) ゲスト:堀越彰(Ds))@赤坂Bフラット

6月7日
■COIL@新宿ピットイン

6月8日(水)〜12日(日)
■TextExceptPHOENIX + steps『ニッポニアニッポン』@駒場アゴラ劇場

6月9日
■菊地成孔saxとぺぺ・トルメント・アズカラール(南博p、水谷浩章b、北村聡bandoneon、徳沢セイゲンvln&cello、大儀見元perc、他)、ブランドン・ロス・スペシャル・バンド DJ:矢部直(UFO)@恵比寿リキッドルーム
■山下“Topo”洋平(ケーナ,サンポーニャ),アリエル・アッセルボーン(G,Vo)@代々木ムジカーザ
■アルカイック@桜木町ドルフィー

6月10日(金)〜6月14日(火)
劇団ジャブジャブサーキット『成層圏まで徒歩6分』@下北沢スズナリ
*地道に活動を続ける超実力派劇団。創立20周年だそうです。めでたい!

6月10日
■板橋文夫p、外山明ds、鬼怒無月g@桜木町ドルフィー
■会田桃子(Vn) / 北村聡(Bn) / 青木菜穂子(Pf) / 東谷健司(Cb)@大塚グレコ

6月12日
■菊地成孔(sax)&南博(pf)DUO@新宿ピットイン

6月14日
■上野洋子、イーヨ、横川理彦、外山明@渋谷gabowl
*わかる人にはわかる豪華な顔合わせ。これで2500円というのはかなりお勧め。

6月18日
■鈴木大介ギターエラボレーション@代々木公園HAKUJUホール

6月19日
■喜多直毅(vln)津山知子(pf)@アトリエひらり

6月25日
■大友良英g NEW JAZZ ORCHESTRA@森下文化センター
*前売り完売・当日券(立見)のみ

6月26日
■Plays Post Tango and More@下北沢レディジェーン

6月27日
■小沼ようすけ(g)トリオ+喜多直毅(バイオリン)@六本木アルフィー

6月28日
■さがゆき(vo)林正樹(pf)喜多直毅(vln) @大泉学園inF

6月29日
■Plays Post Tango and More@桜木町ドルフィー

6月30日
■Eme(Vo)・笹路 正徳(P)・関根 彰良(G)・秋田 紀彰(B)@関内KAMOME

7月1日
■田野倉雅秋(ヴァイオリン)G.アンダローロピアノ)ジョイントリサイタル@高輪区民ホール
■小沼ようすけg, 佐藤慎一, 仙道さおりper@六本木アルフィー

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »