« UAの歌声よ内橋和久のギターと共にウィーンまで届け | Main | 林正樹と堀越彰のデュオなんてそりゃ素晴らしいに決まってるじゃん、と思ったらやっぱり素晴らしかったので、心の中で軽くガッツポーズ »

2005.07.17

最高のロックギタートリオは?と問われればアルタードステイツと答えるし、最高のジャズギタートリオは?と問われればやっぱりアルタードステイツと答える

渋谷nestにてケータイより。先ほどアルタードステイツの演奏が終わったところ。

昨日のUAバンドに続いて内橋和久さんのギターを堪能。やっぱかっちょええー

続き。

表題はつまり、僕がロックやジャズに何を求めているか、という話である。ジャンルの定義付けをしたいわけではない。

ロックといえば和田アキラさんみたいなキレのある速弾きギターも大好きなんだけど、ジミヘンやジミーペイジは速弾きなんかしなくたってかっこいい。それを支える、重たくてグルーヴ感のあるリズム。そこら辺を徹底的に追求していくと、最後はアルタードステイツみたいになるのではないか。いやマジで。

一方で、アルタードステイツのライブ演奏はほぼすべて即興である。「ほぼ」というのは、初期のライブ盤では同じモチーフが別のトラックに出てきたりするから。おそらく今はそれもやっていなくて、完全に「出たとこ勝負」。

それでいてマンネリにならないし、リズムが変化するタイミングやエンディングもビタっと決まるし。長年一緒に演奏してきたこの3人ならでは。おそらく初めて聴く人は、すべて即興とは信じられないのではないか。別に「即興のように聞こえない演奏」を目指しているわけではなくて、自然にそうなっているのだけど(というのは僕の解釈だけど、間違ってないと思う)。

綿密に練り上げられた複雑なアンサンブルの魅力というのもあるけど(その究極がティポグラフィカや菊地成孔さんの最近のバンドか)、中途半端に決め事を作らず自由な即興演奏をやって、それがすごくかっこよかったらそれも最高じゃん。ジャズの魅力が即興性にあるとすれば、その一つの究極的な姿でもあると思う。

あとはやっぱ内橋さんのエフェクター操作の妙技ね。ディレイ・ループをリアルタイムで加工する人も今では珍しくないだろうけど、このバンドは「反応速度」が尋常じゃなくて、緊張感がたまらん。

ちなみにこの日トリを飾ったNATSMENというバンドも非常に良かった。やはりリズムが強力で、ブラスも入った8人編成のインストバンド。全然知らなかったけどすでにかなり人気あるようで、なかなかの盛り上がり。なんだみんなインスト好きじゃん。

|

« UAの歌声よ内橋和久のギターと共にウィーンまで届け | Main | 林正樹と堀越彰のデュオなんてそりゃ素晴らしいに決まってるじゃん、と思ったらやっぱり素晴らしかったので、心の中で軽くガッツポーズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/5008409

Listed below are links to weblogs that reference 最高のロックギタートリオは?と問われればアルタードステイツと答えるし、最高のジャズギタートリオは?と問われればやっぱりアルタードステイツと答える:

« UAの歌声よ内橋和久のギターと共にウィーンまで届け | Main | 林正樹と堀越彰のデュオなんてそりゃ素晴らしいに決まってるじゃん、と思ったらやっぱり素晴らしかったので、心の中で軽くガッツポーズ »