« 林正樹と堀越彰のデュオなんてそりゃ素晴らしいに決まってるじゃん、と思ったらやっぱり素晴らしかったので、心の中で軽くガッツポーズ | Main | サイゲンジとセンベロの初共演という歴史的瞬間に立ち会う幸福 »

2005.07.22

青木菜穂子のタンゴピアノは手元に注目

22日、大泉学園inFにて。青木菜穂子(pf)、会田桃子(vln)、北村聡(bandneon)というトリオ。

小さなライブハウスならではの大きな楽しみの一つは、奏者の手元を間近でじっくり観察できること。思うに、「タンゴっぽく弾いているピアニスト」と本格的なタンゴピアニストでは手つきが違う。青木さんの"指さばき"には惚れ惚れしてしまいます。この日は席がピアノ側だったこともあり、他の奏者がメロディを弾いているときにもつい目がいってしまった。

続きはまた。

|

« 林正樹と堀越彰のデュオなんてそりゃ素晴らしいに決まってるじゃん、と思ったらやっぱり素晴らしかったので、心の中で軽くガッツポーズ | Main | サイゲンジとセンベロの初共演という歴史的瞬間に立ち会う幸福 »

Comments

大変遅れ馳せですがこちらからもトラックバックさせて頂きました。
近くまたライブに行きたいと思っています。

Posted by: よしむら | 2005.08.29 at 12:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/5128696

Listed below are links to weblogs that reference 青木菜穂子のタンゴピアノは手元に注目:

» Tierra Querida / 青木菜穂子 [よしむらのページ]
[2005-05-22] でライブレポートを書いた、タンゴ・ピアニスト青木菜穂子さんの CD。ライブ当日に会場にて購入したものをようやくご紹介。 アルゼンチンの超一流ミュージシャンをメンバーに従えての四重奏で器楽曲4曲、歌曲1曲、ピアノソロで4曲が収録されている。... [Read More]

Tracked on 2005.08.29 at 12:12 AM

« 林正樹と堀越彰のデュオなんてそりゃ素晴らしいに決まってるじゃん、と思ったらやっぱり素晴らしかったので、心の中で軽くガッツポーズ | Main | サイゲンジとセンベロの初共演という歴史的瞬間に立ち会う幸福 »