« 現代ギター7月号「渡辺和彦の音楽問わず語り」には頷ける部分も多いけれど | Main | 最高のロックギタートリオは?と問われればアルタードステイツと答えるし、最高のジャズギタートリオは?と問われればやっぱりアルタードステイツと答える »

2005.07.16

UAの歌声よ内橋和久のギターと共にウィーンまで届け

日比谷野音よりケータイにて第一報。これよりアンコール。

しかしこのバンド、JPOP史上稀に見るユニークな編成だな。

続き。
バックのメンバーは以下の通りです。楽器はメンバー紹介のときアナウンスされたものに基づいていますが、他にも使ってたかも。

内橋和久(ギター、ダクソフォン)
青柳拓次(ギター、大正琴、ボーカル)
関島岳郎(チューバ、リコーダー)
大野由美子(ミニムーグ、スチールドラム、ボーカル)
高良久美子(マリンバ、ビブラフォン、パーカッション)
新谷祥子(マリンバ)

開演前、ステージ上にマリンバがセットされているのを見て、「おー高良さんね」とすぐ察しがつく。関島さんのチューバは最新アルバム「Breathe」でも特徴的に使われており代替不可能ということか。2ndギターの青柳さんは遠目には最初わからなかったけど、UAとのデュエット曲歌ったところで判明。大野さんも20日にサントリーホールで共演するのでまあ予想の範囲内(でもスチールドラムできるとは知らなかった!)。

新谷祥子さんだけ最後に紹介されるまでわからなかったなあ。パーカッションDUO「クリス&祥子」の祥子さんですよ。最近クリスさん(クリストファー・ハーディ)の演奏を聴く機会が多くて祥子さんの方はご無沙汰していたけど、こんなところで見られるとは!

今回、内橋さん以外のメンバーはまったくわからなかった(発表されていなかったらしい)。前回のツアーで大活躍した外山明さんが参加しないということは外山さんのスケジュールからわかっており、ドラムレスというのは予想がついた。しかしベースも無しとは!マリンバ2台というのも想像できなかった。高良さんは一部パーカッションも叩いていたけれど、ほとんどは新谷祥子さんと絡んでマリンバ×2またはマリンバ+ビブラフォンという展開。

「Breathe」がほぼ内橋さん一人でバックトラックを作ったアルバムだったから、生バンドで再現する際に特殊な編成になるのは仕方ないとしてもここまでとはね。安易にキーボード奏者を入れて音を埋めようとしなかったところがすごい。翌日のライブでお会いした内橋さん曰く「大変やったわ~ようけ譜面書いたで」。そりゃそうでしょう。

前回のツアーで外山さんのドラムを初めて生で聴いて衝撃を受けた人も多かったようで、一転してドラムレスってどう受け止められるのだろう、とやや心配も。今回はどっぷり内橋色だしなあ(だからこそ僕は楽しみにしていたわけだが)。でもキーワード「UA 野音」でざっとblog検索した限りではまずまず好評だったようで、一安心。

僕はといえば1曲目でUAの歌声に内橋さんのギターが切り込んだ瞬間にジワっと来てしまった。ほとんどミーハー状態なので客観的にレビューできる自信がないぞ。しかしリズム楽器の比重が極端に少ないことで、UAのボーカルがより際立って聞こえる効果はあったように思う。やっぱいい声してるよなあ。コーラス的に絡む大野由美子さんもきれいな声。青柳さんの歌もCDのときより上手いぞ(笑)。

ミーハーといいつつ冷静に聴いている面もあって、惜しいと思った点もいくつか。まず1日限りの特別編成ということで、一体感や微妙なノリの部分において完璧とは言いがたかったように思う。特に序盤は。「breathe」で一番好きな「Niji」は2曲目に演奏され、「え、もうやっちゃうの」と思っているうちに終わってしまったので物足りないような、もったいないような感じ。野外ということで、PAもホールの場合より難しかったようだ。

変わった編成とは言っても一人一人に明確な役割があって、聴いているうちにこのメンバーが「必然」だったと思えてくるから面白い。このバンドでツアーに出て、また東京に戻ってきたら最高なんだろうけど。しかし内橋さんによれば、全員のスケジュールを押さえるのが不可能とのこと。残念。いつか再演して欲しいぞ。

|

« 現代ギター7月号「渡辺和彦の音楽問わず語り」には頷ける部分も多いけれど | Main | 最高のロックギタートリオは?と問われればアルタードステイツと答えるし、最高のジャズギタートリオは?と問われればやっぱりアルタードステイツと答える »

Comments

 どうも、お久しぶりです(前に書き込みしたことが)。
 羨ましいですね!!僕はピットインでPika Don を聞きに行きました。こっちこっちで痺れ悶え参ってしまいましたが羨ましい限りです!!詳細待ってます(笑)

Posted by: サンセイ | 2005.07.17 at 01:12 AM

サンセイさんこんにちは。
とりあえずメンバーに関する部分だけ更新しました。pika don 2005は結局2日とも行けなかったのですが良かったようですね。

Posted by: tokunaga | 2005.07.17 at 06:16 PM

トラバ、ありがとうございました。
UAもステージ向かって右袖に、けっこう頻繁に手で合図してましたね。
昔の曲のアレンジはすごく大変だったのじゃないかと思いました。
それにしてもやはり今年も素晴らしかった!

Posted by: たみぞう | 2005.07.18 at 09:36 PM

トラバありがとうございました。
青焼きさんのVo.がCDより良かったっていう点には同意ですね。内橋さんのコメントとか参考になりました。
昨年のツアーの外山さんの奔放なドラムが聴けなかったのが残念でしたが、いいライブでした。
あと、このメンバーでは音のみではなく、山口でのイベントでもやってるみたいですね。

Posted by: mike | 2005.07.18 at 11:08 PM

>たみぞうさん、mikeさん
遅ればせながらコメントありがとうございました。たみぞうさんは毎年野音に行かれてるんでしょうか。僕は昨年はホールのみだったので野音でのUAは初めてでしたがクセになりそうですね。mikeさん、内橋さん+外山さんの組合せはeEYO idiotでも聴けますのでチェックしてみてください。

Posted by: tokunaga | 2005.08.11 at 08:29 AM

ugg ブーツ 通販 本物 あなたの最善の策を必ずするに季節袋を持っている安全である。アイスランドの首都家屋でコンパクトなこの道多くブティック、cafs と書店。ルイ ・ ヴィトン財布このコレクションが真にユニークな楽しいと見事な。 ugg バイマ

Posted by: ugg ブーツ 通販 本物 | 2013.11.24 at 11:23 AM

I am really impressed with your writing skills as well as with the layout on your weblog. Is this a paid theme or did you modify it yourself? Anyway keep up the excellent quality writing, it's rare to see a nice blog like this one today.

Posted by: Keith Downey | 2014.09.15 at 11:38 AM

whoah this weblog is wonderful i like studying your posts. Stay up the good work! You recognize, a lot of people are looking around for this info, you could aid them greatly.

Posted by: Rebecca Stark | 2014.09.15 at 02:11 PM

I've been surfing online greater than three hours as of late, yet I never discovered any interesting article like yours. It's lovely value enough for me. Personally, if all web owners and bloggers made just right content material as you probably did, the web will probably be much more useful than ever before.

Posted by: Frank Borris | 2014.09.15 at 02:15 PM

always i used to read smaller articles that also clear their motive, and that is also happening with this piece of writing which I am reading at this place.

Posted by: Phyllis Mendoza | 2014.09.20 at 12:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/4995609

Listed below are links to weblogs that reference UAの歌声よ内橋和久のギターと共にウィーンまで届け:

« 現代ギター7月号「渡辺和彦の音楽問わず語り」には頷ける部分も多いけれど | Main | 最高のロックギタートリオは?と問われればアルタードステイツと答えるし、最高のジャズギタートリオは?と問われればやっぱりアルタードステイツと答える »