« 総選挙前に観ておきたい燐光群「だるまさんがころんだ」 | Main | あれから4年 »

2005.08.29

かつて衝撃を受けた佐藤通弘の津軽三味線にやっと再会できた

8月29日、大泉学園inFにて、佐藤通弘(津軽三味線)太田惠資(vl.) 吉見征樹(tabla) というトリオのライブ。

上妻宏光、吉田兄弟といった津軽三味線の若手の人気がすごいらしい。僕は断片的にしか聴いたことがないので評価は控える。

しかしだね、

正直なところ、これまで断片的に聴いた限りでは、インパクトはあんまり感じない。

誤解されると困るのだけど、インパクトを感じないから駄目だと言いたいわけではない。あくまで僕個人はあんまり驚いたり新鮮だと感じたりしなかったということ。それは音楽自体の良し悪しとはあまり関係ない。念のため先にフォローしておくと、上妻宏光さんについては最近ちょっと変わった編成でライブをやっているようなので、これは興味あり。オリジナル曲も多いようだし。

ひとつはっきり言えるのは、上妻宏光や吉田兄弟の音楽についてきちんと論じたいなら、佐藤通弘、木乃下真市(旧名:木下伸一)といったその筋の先輩達がやってきたことは踏まえておかないとまずいだろう、ということ。

僕には忘れられないシーンがあるのだ。

もう10数年も前になると思うけど、たしかフジテレビの深夜番組(「ギター侍」?)で、渡辺香津美さん相手に、凄まじい即興バトルを繰り広げた津軽三味線奏者。

それが佐藤通弘さんだった。
(続く)

|

« 総選挙前に観ておきたい燐光群「だるまさんがころんだ」 | Main | あれから4年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/5738045

Listed below are links to weblogs that reference かつて衝撃を受けた佐藤通弘の津軽三味線にやっと再会できた:

« 総選挙前に観ておきたい燐光群「だるまさんがころんだ」 | Main | あれから4年 »