« 青木菜穂子、喜多直毅、北村聡、田中伸司という最上級タンゴミュージシャン達の共演が生み出すマジック、そしてタンゴという音楽の魅力についてあらためて考える | Main | 「現代パフォーミングアーツ入門」特別授業(斎藤和志&坪川真理子コンサート) 終わりました »

2005.09.29

9月29日(木)に「現代パフォーミングアーツ入門」特別授業(斎藤和志&坪川真理子コンサート)を実施します

【9/23追記】いよいよ当日が迫ってきました。医科歯科の学生、サークルその他関係者向けの掲示板やMLがあればこのコンサートの情報を転載していただけるとありがたいです。またチラシはダウンロードしてご自由にお使いください。
【9/15追記】チラシ作りました→こちら(PDFファイル)
「ピアソラ」を使って興味を引こうとするのはあざといと思いつつ・・・しかし何といっても「タンゴの歴史」は名曲ですからね。

***   ***   ***

毎年恒例の特別授業(コンサート)のお知らせ。この記事の日付は実施日にしてありますのでご注意ください。当分の間、更新してもこの記事がトップに位置することになります。つまりこの記事のすぐ下にあるのが最新の記事です

さて前回のアラブ民俗音楽から一転して、今回は久々にクラシック~現代音楽です。


日時9月29日(木)17時~18時

*準備の都合等で多少開演が遅れる可能性はあります。

会場: 東京医科歯科大学 湯島キャンパス
    5号館(生協・生協食堂のある建物)3F 第1セミナー室
【追記】学外の方はこちらで5号館の場所をご確認ください(注:歯学部用の地図なので歯学部の建物が着色されてますが関係なし)。
お茶の水門から入り、正面に見える「研究棟」と「医科新棟」(医学部附属病院の建物)の右側の細い通路を通って奥に抜けると左手に見えます。


出演斎藤和志(フルート)、坪川真理子(ギター)


当日は前期補講期間なので、本来後期の「現代パ~」は開講前なのですが、原則として履修予定の学生には出席してレポートを書いてもらいます。また例年通り、その他の学生・教職員および附属病院に入院・来院されている方々等も歓迎します。

学外の方も基本的に歓迎いたしますが(ただしなるべく事前にEメールにて御連絡ください)、今回は1つお願いがあります。

実は翌日、9月30日(金)にも護国寺の同仁教会にて斎藤和志・坪川真理子デュオのリサイタルが行われます。今回はある意味"便乗企画"なので、29日にいらっしゃる方は可能ならぜひ30日も足を運んでいただきたいと思います。29日の演奏曲目は30日のプログラムからの抜粋+α、ということでお願いしてありますが、30日の方が時間は長いですからたっぷり聴けますし。もちろん29日の演奏を聴けば「もっと聴きたい!」と思うのは間違いないでしょう。

斎藤さんがこちらでデュオ・リサイタルへの意気込みを方っておられます。これ読んだら聴きたくなるでしょう!斎藤さんはご自身のblogでは謙遜されてますが、東京フィル首席、東京シンフォニエッタ副代表、第5回神戸国際フルートコンクール第4位(日本人最高位)、第70回日本音楽コンクール第1位、第4回日本フルートコンクールびわ湖第1位等々の華々しい肩書きと経歴をお持ちです。

さらには昨年、お茶の水OBオーケストラ(医科歯科大&お茶大のOBオケ)の第17回定期演奏会に客演してモーツァルト「フルート協奏曲第1番」のソリストを務められるなど、本学とも縁があるのです。

坪川さんもスペインの名門・マドリッド王立音楽院卒業の実力者で昨年発売された1stCD「スペイン幻想」が好評。いや本当に楽しみです。


問い合わせ等は徳永までEメールにてお願いします(アドレスはプロフィール欄にあります)。

|

« 青木菜穂子、喜多直毅、北村聡、田中伸司という最上級タンゴミュージシャン達の共演が生み出すマジック、そしてタンゴという音楽の魅力についてあらためて考える | Main | 「現代パフォーミングアーツ入門」特別授業(斎藤和志&坪川真理子コンサート) 終わりました »

Comments

当団掲示板への特別授業のご案内、まことにありがとうございました!
(さっそく団員あてメーリングリストに転載させていただきました)

 斉藤先生にはつい先日も当団演奏会にて素晴らしいモーツァルトをご披露いただき、またその個性あふれる気さくなお人柄にも団員一同敬服いたしておりました。
 表情あふれる素晴らしいパフォーマンスに、きっと聴講される皆さんも魅了されること疑いなしでしょう。

 また、坪川先生のご演奏は、以前に当団でアランフェス協奏曲を演奏された河野智美先生とのご共演にて何度か拝聴したことがありますが、女性らしい繊細さと、大胆な力強さを併せ持った安定感のある演奏に感嘆したことが思い出されます。
 斉藤先生の華やかな音色と一体となった素晴らしいデュオをお聴かせいただけることでしょう。

間違いなく素晴らしい授業になりますね!
ご盛会をお祈り申し上げます。

Posted by: お茶の水OBオーケストラ | 2005.09.27 at 10:52 AM

TB受け取りました。ありがとうございます。
「タンゴの歴史」も演奏されるそうで、もっと近かったら・・・と残念です。
速度について教えていただきありがとうございました。紹介していただいたCDについても探してみますね。

Posted by: ゆーかり | 2005.09.27 at 04:33 PM

>お茶の水OBオーケストラ様
転載&コメントありがとうございます。当日団員の皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

>ゆーかり様
コメントありがとうございます。アサド&スアレスパスのCD、あらためて検索で探してみましたが、どうも国内では在庫切れなのか、なかな引っかからず。
しかしレーベルのカタログにはもちろんあって、cafeだけですがなんと1曲丸々試聴できました。こちらです↓
http://www.gharecords.com/asp/shopping_2.asp?lang=fr&cd=126.027
あらためて聴いてみると、ほんとうに色気たっぷりの演奏ですね~
なおこういうCD↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005NO8T/qid=1127835506/sr=1-9/ref=sr_1_2_9/250-9386749-4659447
も出ていますが、ここに収められているBordel1990は上記GHA盤と同じ音源です。
ついでにこちら↓もよろしくお願いします。
http://www.airplanelabel.com/cdlists/apx1001.html
タンゴ奏者としてのアプローチでタンゴの歴史全4楽章を録音しているヴァイオリニストというのは、スアレスパスと喜多さんぐらいじゃないかと思います。

Posted by: tokunaga | 2005.09.28 at 12:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/5177940

Listed below are links to weblogs that reference 9月29日(木)に「現代パフォーミングアーツ入門」特別授業(斎藤和志&坪川真理子コンサート)を実施します:

» ギタリスト坪川真理子さん [中里のひとり言]
女性ギタリストの 坪川真理子さんのコンサートがGGサロンでありました。 曲目は・・・ヘンデルの主題による変奏曲Op.107(ジュリアーニ)、バレアレスの幻想曲(プリエト)、ソナチネ(M.トローバ)、幻想曲Op.145(C.テデスコ)、ロンディーニャ・サパテアード(R.S.デ・ラ・マーサ)、アランフェス協奏曲(ロドリーゴ) テデスコの幻想曲とアランフェス協奏曲はピアノ伴奏で小島さやか さんが弾かれました。 坪川さんは小柄で細身ですので、スタミナがないとおっしゃっていましたが、ステー... [Read More]

Tracked on 2005.09.28 at 09:59 AM

« 青木菜穂子、喜多直毅、北村聡、田中伸司という最上級タンゴミュージシャン達の共演が生み出すマジック、そしてタンゴという音楽の魅力についてあらためて考える | Main | 「現代パフォーミングアーツ入門」特別授業(斎藤和志&坪川真理子コンサート) 終わりました »