« 横濱JazzPromenade2005で本田竹広THE PUREが思わぬ拾いもの | Main | タンゴという音楽の底知れぬ可能性を実感させる津山知子&喜多直毅DUO »

2005.10.08

今度は「Duch Jazz最高!」と叫びたくなるようなミケル・ブラーム・バンド・ピックアップメンバーのステージ

横浜メディアビジネスセンタープラザより再びケータイにて。引き続き横濱JazzPromenade2005です。

いやー素晴らしいですね。パンフ見てピンときたのだけど、期待以上。
(続く)

続き。
ミケル・ブラーム・バンド・ピックアップメンバーの演奏の素晴らしさについては後で書き足しますが、とりあえずこちらを選んで正解。まさにヨーロッパの最先端ジャズ。こんな機会じゃないとなかなか聴けないし。


とは言いつつ、板橋文夫バンドのメンバーも素晴らしいし聴けなかったのは残念・・・と思って時計を見る。板橋バンドは9時までの予定だけどどうせ延びるよなあ、最後ちょっとだけでも聴こう、と思い立って桜木町ドルフィーへ。

満員で入れません、といったん断られるも粘って入れてもらう。結果的にこれも大正解。ラストの曲では太田恵資さん(vln)と板橋さんが壮絶なソロのかけあい。こんなに熱い太田さん久し振りに見たかも。

拍手は鳴り止まず、アンコールはピアノソロで「渡良瀬」。日本のジャズ史上に残る名曲ですね。すごい演奏でした。この1曲だけでも苦労して来た甲斐あり。


結局同じ会場で2バンド続けて聴くことは一度も無かった。よく移動したなあ。ちなみに最近入手した新兵器(大学にも持ってきてるアレ)を利用。やはりアレはいいな。

|

« 横濱JazzPromenade2005で本田竹広THE PUREが思わぬ拾いもの | Main | タンゴという音楽の底知れぬ可能性を実感させる津山知子&喜多直毅DUO »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/6308798

Listed below are links to weblogs that reference 今度は「Duch Jazz最高!」と叫びたくなるようなミケル・ブラーム・バンド・ピックアップメンバーのステージ:

« 横濱JazzPromenade2005で本田竹広THE PUREが思わぬ拾いもの | Main | タンゴという音楽の底知れぬ可能性を実感させる津山知子&喜多直毅DUO »