« 10月のライブ覚書(ko-ko-ya、田中邦和&関根彰良、大渕博光、渡邊奈央、Aki Ueda、会田桃子、青木菜穂子)+α | Main | 平成17年度「現代パフォーミングアーツ入門」第4回(10月31日)~小沼ようすけ、渡辺香津美からDCPRG、ROVOまで »

2005.10.30

ユーロスペースで上映中のRosas in Filmsについて、そしてコンテンポラリーダンス業界における致命的な情報の欠如について

今年のGWにRosasの映像作品『Achterland』を観た後のやるせない気分について書こうと思っているうちにRosas in Filmsが始まってしまった。11月4日まで渋谷ユーロスペースにてレイトショー。ダンスと現代音楽、そのいずれかに興味がある人は必見です。

今回上映されるのは『Counter Phrases』『Hoppla!』『Achterland』の3作品。偶然にもGWに僕が観た3作品とちょうど合致している(GWの上映のときは7作品ぐらい上映されていた)。どれを観ても楽しめると思うけど、強いて言えば『Counter Phrases』は音楽もダンスも抽象性が強いから、1本だけ観るなら避けた方が無難かな。ただラストのライヒとのコラボレーションはめちゃカッコイイので、「ドラミング」「ファーズ」「レイン」といった一連のライヒ×ローザス作品が好きな人にはお薦め。

逆に1本だけ観るなら『Achterland』がお薦め。84分とボリュームたっぷりで、ROSASのさまざまな魅力がギッシリ詰まっていると思う。特に印象的だったのが無伴奏ヴァイオリン独奏とダンスのコラボレーション。このヴァイオリニストはタダモノじゃないぞ、とエンドロールを凝視していたらArdittiという文字が目に入った。

アルディッティって、あの有名なアルディッティ弦楽四重奏団の!?

と書くといかにもよく知ってるみたいだが、実はコンサートはおろかちゃんとCDを聴いたことすらない。しかし裏を返せば、そんな僕でも名前ぐらいは知っている人気カルテットだということですよ。来日公演のチラシも何度か目にしている。現代音楽中心のカルテットとしてはクロノスカルテットの次くらいに有名じゃないの?

自宅に戻ってネットで検索してみると、やはりそうだった。アルディッティカルテットのリーダー、アーヴィン・アルディッティIrvine Arditti。彼が舞台(劇場ではなく撮影用のスタジオだが)の端でイザーイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタを演奏し、それに合わせてダンサーが踊るのである。ただ演奏しているだけじゃなくて、ほんの一瞬だけどダンサーとのちょっとしたカラミまである(観てのお楽しみ)。別のシーンではRolf Hind というピアニストがリゲティのエチュードを演奏。この人については全然知らないけど、検索すればやはりCD等がゾロゾロと引っかかるから、その道では知られたピアニストなのだろう。

つまりこれはクラシック・現代音楽ファンが観ても相当楽しめるんじゃないの?コンテンポラリーダンスなんか全然知らなくても。少なくとも現代音楽に疎いダンスファンとは別の楽しみ方ができるはず。

で、冒頭の話に戻る。期せずしてこういう「発見」をするのは嬉しいことではあるのだけど、僕は単に運が良かっただけである。「ローザスならハズレはあるまい」と適当に選んだだけ。見逃していた可能性も十分ある。だってアルディッティが出てるなんて、誰も教えてくれないんだから!

僕が事前調査を怠ったのが悪いのだろうか?そうとも言えないだろう。ユーロスペースのサイトには、「音楽: ユージン・イザーイ、ジョルジュ・リゲティ」としか書かれていない。先ほども確認のためにいろいろキーワードを変えて検索してみたけど、『Achterland』にアルディッティが出演しているという情報は、日本語のサイトではついに見つからなかった。もちろん英語のサイトまで調べりゃいいんだけど(実際そうやって確認したのだけど)、そこまでさせんなよー僕みたいな素人に。

ダンス業界は音楽や演劇と比較して"書き手"が不足している、というお話を関係者から伺ったことがあるのだけど、上のような客観情報の欠如というのは、それ以前の問題でしょう。かくして僕は、「ROSASの『Achterland』にアーヴィン・アルディッティが出演している」と公に指摘した最初の日本人となった。

のか?ほんとに。笑い話みたいだけど(違ってたら教えてください)。しかし笑っている場合ではないのだろう。これと似た状況が、ダンスに限らずいろいろな業界にあるに違いない。他山の石とせねばなるまい。

上と同様の「情報の欠如」についてMani_Maniさんのblogの『Counter Phrases』評でも指摘されていたのでリンクを張っておきます。

|

« 10月のライブ覚書(ko-ko-ya、田中邦和&関根彰良、大渕博光、渡邊奈央、Aki Ueda、会田桃子、青木菜穂子)+α | Main | 平成17年度「現代パフォーミングアーツ入門」第4回(10月31日)~小沼ようすけ、渡辺香津美からDCPRG、ROVOまで »

Comments

リンク恐れ入ります。
Rolf Hindは94年「Achterland」来日公演時にも同行したピアニストですね。64年生まれということなので若手ということになりましょうか。
という情報も94年公演時のパンフより得たのですけれど(笑)

Posted by: manimani | 2005.10.31 at 04:45 AM

manimaniさん情報ありがとうございます。
94年の来日公演に行かれたのでしょうか?僕はその頃はダンスなんてまったくといっていいほど知りませんでした・・・
manimaniさんはご自分で音楽活動されるのですね。遅ればせながら、CD発売おめでとうございます。

Posted by: tokunaga | 2005.11.01 at 12:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/6751389

Listed below are links to weblogs that reference ユーロスペースで上映中のRosas in Filmsについて、そしてコンテンポラリーダンス業界における致命的な情報の欠如について:

» ♪♪クラッシック系?それともジャズ系?♪♪ [ドクターToshiのダンスクリニック Return]
   {/kuma_wel/}皆さんは、ダンスのどのジャンルが好きですか? {/heartss_pink/}バレー、{/heratss_blue/}ヒップホップ、{/heartss_pink/}ジャズダンス、{/heratss_blue/}コンテンポラリーダンス、{/heartss_pink/}レゲー、{/heratss_blue/}アニメーション、{/heartss_pink/}社交ダンス・・などなど  {/kaeru_en4/}さまざまなダンスがあ... [Read More]

Tracked on 2005.11.17 at 07:40 PM

« 10月のライブ覚書(ko-ko-ya、田中邦和&関根彰良、大渕博光、渡邊奈央、Aki Ueda、会田桃子、青木菜穂子)+α | Main | 平成17年度「現代パフォーミングアーツ入門」第4回(10月31日)~小沼ようすけ、渡辺香津美からDCPRG、ROVOまで »