« 平成17年度「現代パフォーミングアーツ入門」第5回(11月7日)~渡辺香津美を中心に | Main | 21世紀最高のアコースティック・ギタリストはヤマンドゥ・コスタで決まり »

2005.11.14

平成17年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月14日)~日本のフュージョンを中心に

日本のフュージョンバンドいろいろ。「CROSS OVER JAPAN'03」以降はすべて日本のフュージョン。

[CD]スパンクハッピー「ANGELIC」「拝啓 ミス・インターナショナル」(マキシシングル)(3限のみ)
*菊地成孔によるポップスユニット。メインボーカルボーカル岩澤瞳とのデュオユニット
*菊地さんは作詞(!)作曲、演奏(バックトラック制作)からボーカルまで担当。

[CD]リー・リトナー「FEEL THE NIGHT」よりタイトル曲(3限のみ)
*79年の作品。リトナーは代表的なフュージョンギタリストですが、先ごろ歌手の杏里と結婚して話題になりました。

[DVD]ウェザーリポート「YOUNG AND FINE LIVE!」より「TEEN TOWN」、ベースソロ、「BIRDLAND」など(以上5限のみ)
*ジョー・ザヴィヌル(key)&ウェイン・ショーター(sax)を中心とするフュージョンバンドの78年のライブ。
*クロスオーバー/フュージョンの最重要バンドの一つ。当時はベースがジャコ・パストリアス。
*「BIRDLAND」はマンハッタン・トランスファーによるボーカルヴァージョンもヒットしかなり有名。

[DVD]「CROSS OVER JAPAN'03」より
*2003年に実施された日本のクロスオーバー/フュージョンバンドによるフェスティバル。
*いずれも80年代のフュージョンブームの頃人気を博したバンド。現役のバンドも多いが敢えて昔の曲を中心に演奏している。
●カシオペア「ASAYAKE」(3限のみ)、「GALACTIC FUNC」、「TAKE ME」(5限のみ)
●スクエア「TRUTH」(3限のみ)、「EUROSTAR」「OMENS OF LOVE」のさわり(以上5限のみ)
*「TRUTH」はフジテレビF1中継のテーマ曲としてお馴染み。
●ナニワ・エキスプレス「BELIEVIN'」(3限のみ)、「BETWEEN THE SKY」(5限のみ)
*その名の通り関西出身のバンド。長らく休止状態だったが
●パラシュート「HERCULES」(3限のみ)、「NE-ON」
*スタジオ系のトップミュージシャン達が結成したバンド。松原正樹&今剛の

[DVD]プリズム「PRISM LIVE!」より「TREMBLIN'」(3限のみ)、「KARMA」(5限のみ)
*和田アキラ(g)を中心とする(プログレ)フュージョンバンド。
*歴代メンバーがゲスト参加した2004年のライブより。

[DVD]DIMENSION「BEST LIVE SELECTION」より「DOUBLE MARKET」
*フュージョンブームが過ぎ去った90年代に結成したバンド。遅れて出てきた分、過去のバンドの「いいとこ取り」をしている印象があります。
*増崎孝司(g)、小野塚晃(key)、勝田一樹(sax)によるフュージョンユニットのライブビデオ集。
*メンバーは現在40歳前後で、「CROSS OVER JAPAN'03」の出演バンドより一世代下。
*「DOUBLE MARKET」は99年のライブより。ドラムは神保彰。

[CD]三好'3吉'功郎(g)&小野塚晃(pf)「First Touch」より「HYOCKORRY」(3限のみ)、「NEW BLUES」(5限のみ)
*ギター&ピアノによるアコースティックユニット。CDは先週発売されたばかり。
*「HYOCKORRY」は「ひょっこりひょうたん島」のテーマ。

[CD]上原ひろみ「ANOTHER MIND」より「XYZ」のさわり(3限のみ)
[DVD]最新CD「SPIRAL」に付属のボーナス盤より「KANFU-WORLD CHAMPION」
*上原ひろみは一昨年アメリカのメジャーレーベルよりいきなり世界デビュー。日本でも日本盤より先に輸入盤が並びました。
*「KANFU~」は1つ前のアルバムの1曲目。2005年5月のライブ映像。

|

« 平成17年度「現代パフォーミングアーツ入門」第5回(11月7日)~渡辺香津美を中心に | Main | 21世紀最高のアコースティック・ギタリストはヤマンドゥ・コスタで決まり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/7106551

Listed below are links to weblogs that reference 平成17年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月14日)~日本のフュージョンを中心に:

» Lignpontoの読書感想文「ザヴィヌル」 [Hodiauxa Lignponto]
みなさん、こんにちは。 今日は、読書感想文です。 みなさんは、ジョー・ザヴィヌルと言うキーボードプレーヤーを知っていますか?? この本は、彼が生まれてから現在までの半生を彼の発言と彼を取り巻く人達のインタビューでできています。 ジョーは、オーストリア出身のピアニストで、単身アメリカに渡り、キャノンボール・アダレー、マイルス・デイヴィスのグループを経て、ウェイン・ショーターとあのウエザ�... [Read More]

Tracked on 2005.11.17 at 05:20 PM

« 平成17年度「現代パフォーミングアーツ入門」第5回(11月7日)~渡辺香津美を中心に | Main | 21世紀最高のアコースティック・ギタリストはヤマンドゥ・コスタで決まり »