« ライブ・公演情報(2005年12月下旬~2006年1月前半) | Main | 現代ギター2006年1月号ヤマンドゥ・コスタYamandu Costaインタビュー記事への補足 »

2005.12.19

平成17年度「現代パフォーミングアーツ入門」第10回(12月19日)~World Music

いわゆるワールドミュージック系。

[DVD]Peter Gabriel「Secret World Live」より「Come Talk To Me」「Across the River~Shaking the Tree」
*92年のライブ。シャンカール(vln)参加。「動くシャンカール」が観られる市販ビデオってこれぐらい?
*「Shaking the Tree」はセネガル人歌手ユッスー・ンドゥールとのコラボレーションにより生まれた作品。

[DVD]ユッスー・ンドゥール「The la Rochelle Francololies Festival」より「Shaking the Tree」
*たぶん1995年くらいのライブ。ユッスーの声とダンス、かっこいいですね。

[CD]梅津和時シャクシャイン「Desert in a Hand」より「Belfast」
*第8回のときサックス6重奏団The Six Windsの演奏で紹介したもののオリジナルヴァージョン。ややこじつけですがアイリッシュ風味ということで。
*97年にアメリカのKnitting Factory Recordsより発売。

[CD]Egbelt Gismonti「Alma」より「Baiao Malandro」「Palhaco」
*ブラジルの天才的な作曲家/ピアニスト/ギタリストによるピアノソロ作品集(一部シンセやチェロ等をオーバーダビング)。
*以下受講生向けというよりマニア向けの解説:「Palhaco」(パリャーソ)はヤン・ガルバレク(sax)、チャーリー・ヘイデン(b)と共演した「Magico」(ECM)での演奏が有名かもしれませんが、「Alma」のピアノソロヴァージョンも非常に美しいです。ていうか、僕はこっちの方が断然好き。ちなみに授業で流したのはオリジナルのブラジルEMI盤。現在手に入りやすいCarmo盤も持っていますが、こちらはライブ音源が追加された代わりにスタジオ音源が1曲削られ、何故か音質が劣化しています。EMI盤は異様に音色がクリアで、Carmo盤を聴いたとき「あれ?なんか音がこもってる」とすぐ違いに気付いたほど。さらによく聴くと一部音が歪んでおり、これは比較しなくても単独でわかると思います。このページには「録音が悪い」とありますが、違うんですよ・・・なんでこんなことが起こるんでしょうねえ。このアルバムは本当に大好きなので語り出すと長いのですが、ともかくオリジナル盤を買うとき「これはプログレっぽいですよ」と大ウソを言って(笑・他のアルバムと間違えたんでしょうね)勧めてくれた今はなき渋谷WAVEの店員さん、あなたに感謝します!!
*さらにマニア向け追記:検索して気付いたのですがブラジルEMIからベスト盤が出てました!これはチェックする必要がありそうです。

[DVD]アストル・ピアソラ「ライブ1984」より「AA印の悲しみ」のバンドネオンソロ、「アディオス・ノニーノ」(以上3限のみ)
*モントリオールジャズフェスティバルでのライブ。

[DVD]アストル・ピアソラ「Five Tangos」より「アディオス・ノニーノ」(5限のみ)
*1981年、ドイツでのスタジオライブ。
*5限は敢えて同じ曲の別ヴァージョンにしてみました。久々にじっくり観ましたが、モントリオールよりこちらの方が音質・演奏の完成度の両面で優れているようですね(メンバーはまったく同じ)。モントリオールもライブならではの勢いがあって悪くないと思いますが。

[CD]小松亮太「タンゴローグ」より「プレパレンセ」
*2004年発売のアルバム。ピアソラの初期の作品を喜多直毅(vln)が編曲。

[CD]小松亮太「バンドネオン・ダイアリー」より「リベルタンゴ」
*若手実力派ピアニスト林正樹(pf)が編曲。喜多直毅参加。

[DVD]アストル・ピアソラ「ユレヒト1984」より「ミケランジェロ70」「天使のミロンガ」
*こちらもメンバーは同じ。なぜか映像作品はこの時期(80年代前半)に集中してますね。フェルナンド・スアレスパスのヴァイオリン、やっぱりいいなー。タンゴ独特の奏法にも注目を。

|

« ライブ・公演情報(2005年12月下旬~2006年1月前半) | Main | 現代ギター2006年1月号ヤマンドゥ・コスタYamandu Costaインタビュー記事への補足 »

Comments

Hi there all, here every one is sharing these kinds of know-how, so it's good to read this webpage, and I used to pay a quick visit this webpage daily.

Posted by: www.wirelessspeakersreviewer.com | 2013.11.13 at 10:25 PM

I feel tthis is among the so much vital information for me. And i am satisfied reding your article. But should commenttary on feww basic things, The website taste is great, the articles is actually nnice : D. Good job, cheers

Posted by: coach handbags | 2013.11.16 at 02:58 PM

It's fantastic that you are getting ideas from this article as well as from our discussion made at this time.

Posted by: victorswatches.com | 2013.11.17 at 02:32 PM

This is my first time visit at here and i am actually pleassant to read all at alone place.

Posted by: external hard drive | 2013.11.19 at 01:20 AM

Asking questions are actually good thing if you are not understanding anything fully, but tis post presents pleaqsant understanding even.

Posted by: http://www.bluetoothheadphonesreviewer.com/ | 2013.11.21 at 09:57 PM

Hi to every body, it's my first visit of this website; this website consists of remarkable and truly excellent information in favor of visitors.

Posted by: swing sets | 2013.12.28 at 04:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/7697434

Listed below are links to weblogs that reference 平成17年度「現代パフォーミングアーツ入門」第10回(12月19日)~World Music:

» アストル・ピアソラ (Astor Piazzolla) [楽しい音楽を聴く♪]
アストル・ピアソラ (Astor Piazzolla)タンゴ バンドネオン奏者/作編曲家アストル・ピアソラ(1921~1992)はアルゼンチンのマル・デル・プラタ 生まれ。4才の時に米ニューヨークに移住しジャズを中心とした米国 音楽文化に影響された少年時代を過ごす。15才時にアルゼンチン..... [Read More]

Tracked on 2006.01.22 at 12:51 PM

« ライブ・公演情報(2005年12月下旬~2006年1月前半) | Main | 現代ギター2006年1月号ヤマンドゥ・コスタYamandu Costaインタビュー記事への補足 »