« 月曜の夜にフラリと訪れる新宿ピットインで聴く三好功郎ジャズギタートリオの悦楽 | Main | 佐藤恭彦+荻原亮+原大力+ハートランドビール+「鷄のオリンピック煮」 »

2006.02.25

アルタードステイツとは何かと問われれば「最高にかっこいいギタートリオ」と答えよう

それ以外の説明が必要でしょうか?25日、新宿ピットインにて。

写真はミラクルサウンドを生み出す内橋和久さんのエフェクター群。アンプの前に立てかけてあるギターはゴダンとギブソンSGですがこの日はSGのみ使用。
vfsh0040.JPG

内橋和久さんの音楽に出会ったときの感動については以前にも書いた気がするけどまあいいや。何度でも書こう。

それまでの僕は、音楽をアタマで理解しようとしていたところがあったんだな。目から鱗?そんなもんじゃない。脳天に突き刺さる衝撃波。全身の細胞が活性化し煮えたぎるような興奮。ああただひたすらかっこいい。

そういうとき、言葉は無力だ。何を言っても陳腐になってしまう。裏を返せば、そこにあるはずの真実を少しでも伝えるための言葉を獲得したい、というのが、僕が駄文を書き連ねる原動力だな。まだまだだけど。


とこれだけでは芸がないのでちょっと追加。

テーブルの下にループマシンの定番、BOSSフレーズ・レコーダー RC-20XLが見えるけど、これは今回ほとんど踏んでなかったみたい。リズムを拘束してしまうような単純なディレイループはほとんど使わないから、すごく自由なのだ。それでこそスーパードラマー芳垣安洋さんのワザも冴える。骨格となるリズムを提示するのは主にベースのナスノミツルさんの役割か。そんなことも、特に決めてるわけじゃないだろうけど。

|

« 月曜の夜にフラリと訪れる新宿ピットインで聴く三好功郎ジャズギタートリオの悦楽 | Main | 佐藤恭彦+荻原亮+原大力+ハートランドビール+「鷄のオリンピック煮」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/8849913

Listed below are links to weblogs that reference アルタードステイツとは何かと問われれば「最高にかっこいいギタートリオ」と答えよう:

« 月曜の夜にフラリと訪れる新宿ピットインで聴く三好功郎ジャズギタートリオの悦楽 | Main | 佐藤恭彦+荻原亮+原大力+ハートランドビール+「鷄のオリンピック煮」 »