« ギターの神様にはヤマンドゥ・コスタという息子がいました | Main | 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(11月20日)~日本人若手ミュージシャンを中心に »

2006.11.13

平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月13日)~日本人ジャズミュージシャン(特に渡辺香津美)を中心に

[DVD]Yamandu Costa「Ao Vivo」より「Tareco No.1」(3限のみ)、「Susto」(5限のみ)、「Sampa」(Caetano Veloso)
*2005年12月発売(ブラジル盤)。ヤマンドゥ・コスタ来日中につき全体の流れと関係なく紹介。
*今回はソロでの来日なのでソロ演奏をピックアップ。同DVDに収録されているドラム、ベースとのトリオ演奏も凄いのでお楽しみに。


以下はすべて日本人ミュージシャンの作品。

[DVD]渡辺香津美「ONE for ALL」より「Water Ways Flow Backward Again」、「TOCHIKA」(3限のみ)
*99年、NYの老舗ライブハウス「ボトムライン」で行われたライブ。共演はほとんど現地の有名ミュージシャンだが「「Water~」は矢野顕子とのDUO、作曲も矢野顕子。オリジナルは78年の渡辺香津美のアルバム「KYLYN」に収録。

[DVD]渡辺香津美「The Spice of Life in Concert」よりオープニングのギターソロ~「MELANCHO」、「J.F.K」(3限のみ)、「UNT」(5限のみ)
*87年収録。ジェフ・バーリン(b)、ビル・ブラフォード(ds)というジャズロック/プログレッシヴ・ロック(プログレ)系の大物ミュージシャンと共演。
*明るい曲を笑顔で演奏するブラフォードの映像は貴重かも。
*香津美さんが後半使っていたのはスタインバーガー社製のヘッドレスギター。見た目は特殊ですが機能面や音色は普通のエレキギターと変わりません(ただしギターシンセ内蔵)。

[DVD]渡辺香津美「Mo'Bop DVD edition」より「ROBO」、「Favor Return of Ensyu Swallow」(3限のみ)、「TRICORN」(5限のみ)
*2004年12月、横浜BLITZでのライブ。徳永は当日会場にいました。
*リチャード・ボナRichard Bona(b), オラシオ・エルナンデス(ds)とのトリオ。
*「Favor~」は83年の名盤「MOBO」に収録されていた「遠州つばめ返し」のセルフカバー。
*「TRICORN」は80年録音のアルバム「TOCHIKA」に収録されていた「UNICORN」のセルフカバー。

[DVD]上原ひろみのCD「SPIRAL」に付属のボーナス盤より「KANFU-WORLD CHAMPION」
*上原ひろみは一昨年アメリカのメジャーレーベルよりいきなり世界デビュー。日本でも日本盤より先に輸入盤が並びました。
*「KANFU~」は1つ前のアルバムの1曲目に収録されている曲。2005年5月のライブ映像。

[DVD]渋さ知らズ「ALLD OF SHIBUSA」より「オープニング~ナーダム」
*2004年1月渋谷O-Eastでのライブ。
*かなり歴史の長いバンドだが(ただし大所帯だけにメンバーの入れ替わりは多い)、近年FUJIロックフェス出演などによりブレイク。ヨーロッパのジャズフェスティバルでも大人気だそうです。
*太田恵資さんのヴァイオリンソロが泣けますね。

|

« ギターの神様にはヤマンドゥ・コスタという息子がいました | Main | 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(11月20日)~日本人若手ミュージシャンを中心に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19691/12671236

Listed below are links to weblogs that reference 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月13日)~日本人ジャズミュージシャン(特に渡辺香津美)を中心に:

« ギターの神様にはヤマンドゥ・コスタという息子がいました | Main | 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(11月20日)~日本人若手ミュージシャンを中心に »