« 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月13日)~日本人ジャズミュージシャン(特に渡辺香津美)を中心に | Main | 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第8回(11月27日)~日本人ミュージシャン続き »

2006.11.20

平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(11月20日)~日本人若手ミュージシャンを中心に

日本人若手ミュージシャン(ジャンルは問わず)から徳永が特にお勧めする人を中心に。

[DVD]アストル・ピアソラ「Five Tangos」より「ブエノスアイレスの夏」(3限のみ)
*1981年、ドイツでのスタジオライブ。

[DVD]アストル・ピアソラ「ライブ1984」より「アディオス・ノニーノ」(5限のみ)
*モントリオールジャズフェスティバルでのライブ。

(以上はピアソラ作品のオリジナルとして参考のために)

[CD]小松亮太「タンゴローグ」(04年)より「プレパレンセ」(3限のみ)
*ピアソラの初期の作品を喜多直毅(vln)が編曲。

[CD]小松亮太「バンドネオン・ダイアリー」(05年)より「リベルタンゴ」(5限のみ)
*若手実力派ピアニスト林正樹(pf)が編曲。ヴァイオリンのアドリブ・ソロは喜多直毅。

[CD]青木菜穂子「私の隠れ家」(06年)より「コパカパーナ」(3限のみ)「ボエド」(5限のみ)
*ブエノスアイレスのプロ活動を経て帰国した若手タンゴピアニスト。
*パブロ・アグリ(vln)、オラシオ・ロモ(bandoneon)らブエノスアイレスのトップミュージシャンが参加。
*21日にCD発売記念ライブ。こちらのメンバーも強力!

[CD]喜多直毅「VIOHAZARD」(06年)より「兄と妹」(3限のみ)、「Null Set」(5限のみ)
*「兄と妹」は喜多オリジナル。アコーディオンソロは佐藤芳明。
*「Null Set」は鬼怒無月作曲&ギター。

[CD]金庸太(Kim Yong-Tae,キム・ヨンテまたは きん・ようた)「内なる想い」(06年)
組曲「5つのバガデル」より I.アレグロ」(ウォルトン作曲)、「練習曲第1番」(カントール作曲)(以上3限のみ)、
「練習曲第1番」(リベラ)、「フーガ第1番」(ブローウェル)、組曲「内なる想い」より IV. 喜び」(以上5限のみ)
*超実力派クラシックギタリストのデビューアルバム。23日にCD発売記念リサイタル。

[CD]Sembello(センベロ)「Sembellogy」(03年)よりタイトル曲(3限のみ)
[CD]Sembello(センベロ)「the second album」(04年)より「floor 4076」(5限のみ)
*Sembelloは田中邦和(sax)と沖祐市(p)によるユニット。上の2曲ではいずれもゲストに外山明(ds)

[CD]POT HEADS「ゆげ」(06年)より「Ca y Est」(5限のみ)、「BANDIAGARA」
*アコーディオン奏者佐藤芳明を中心とするトリオ。ベース鳥越啓介、ドラム田中栄二

[CD]KOKOPELLI「Spilit of the Forest」(06年)より「KOKOPELLI」(5限のみ)
*ボーカル さが ゆき、ピアノ林正樹によるユニット。

[DVD]アルカイック promotion DVD(たしか04年くらい)よりパーカッションソロいろいろ~「ジャパメンコ」
*ライブ会場限定発売のプロモーション用DVD。

[DVD}AKI UEDA「Invisible Visions」(06年)より「Rumors about the Moor」
*長らく海外で活躍し最近帰国した日本人シタール奏者aki uedaの2ndアルバム(CD+DVD)。

|

« 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月13日)~日本人ジャズミュージシャン(特に渡辺香津美)を中心に | Main | 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第8回(11月27日)~日本人ミュージシャン続き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月13日)~日本人ジャズミュージシャン(特に渡辺香津美)を中心に | Main | 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第8回(11月27日)~日本人ミュージシャン続き »