« 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第10回(12月11日)~ワールドミュージックその2 | Main | ライブ・公演情報 »

2006.12.18

平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第11回(12月18日)~クラシック&現代音楽

現代音楽を含む広義のクラシック音楽いろいろ。都合により傾向は偏ってますが、どれも文句なく名曲じゃないでしょうか。

[DVD]村治佳織「生命の色彩・原色の響き コスタリカ」よりR.ディアンス作曲「サウダージ第3番」
*ディアンスはフランス人作曲家だがこの作品はブラジルをイメージして作曲されたもの。

[CD]ナイジェル・ノース(lute)「Bach on the Lute Vol.3」よりBWV1007プレリュード(3限のみ)
*BWV1007は通称「無伴奏チェロ組曲第1番」。ここではバロックリュートによる演奏。

[CD]清水靖晃&サキソフォネッツ「Cello Suites」よりBWV1007プレリュード、アレマンデ
*サキソフォンのみのアンサンブルでバッハの無伴奏チェロ組曲全曲を演奏するプロジェクトの第一弾。

[CD]イェラン・セルシェル(g)「J.S.Bach: Transcriptions for Guitar」よりBWV1007プレリュード、BWV1005フーガ。
*スウェーデン人クラシックギタリストによる演奏。楽器は特注の11弦ギター。
*BWV1005は通称「無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番」。

[CD]鈴木大介(g)&古部賢一(oboe)「DAYDREAM」よりC.マシャード作曲「SAMBOSSA」「PIAZZA VITTORIO」
*マシャードは現役のブラジル人作曲家。ボサノバやショーロのリズムに基づいたクラシック作品。

[CD]鈴木大介(g)「どですかでん」よりタイトル曲(武満徹作曲)。
*黒澤明監督の同名映画のテーマ曲。渡辺香津美(g)との共演。

[CD]大萩康司(g)「島へ」より渡辺香津美作曲「アストラル・フレイクス」(3限のみ)、武満徹作曲「翼」、同「すべては薄明の中に」第1楽章(5限のみ)

[CD]青木美咲(fl)&柴田杏里(g)「Brighty Shadow」より吉松隆作曲「デジタルバード組曲」第1楽章、同第4楽章(3限のみ)
*作曲者吉松隆は現代音楽作曲家として著名だが、プログレ好きを公言しており、ここでもプログレの影響が感じられる。

[CD]フランク・ザッパ~アンサンブル・モデルン「The Yellow Shark」(93年)より「Dog Breath Variations~Uncle Meat」
*ロックギタリスト/作曲家フランク・ザッパの作品を現代音楽演奏グループ「アンサンブル・モデルン」が演奏。

[CD]スティーヴ・ライヒ「エレクトリック・カウンターポイント」
*作曲者ライヒはミニマル・ミュージック」を代表する作曲家の一人で、1960年代からテープを使ったサンプリング、ループの手法を使用。この作品はパット・メセニーのエレキギター多重録音による演奏。
*(余談)先日iTunesを開いたらコーネリアス(小山田圭吾)のプレイリストが公開されており、その中にこの曲のアコギヴァージョン(演奏はクラシックギタリストDavid Tanenbaum)が入ってました。
*ミニマルミュージックとしては比較的構造がわかりやすい。第3楽章では繰り返しの回数が等比級数的に減っていき、最後にクライマックスを迎える。
*「カウンターポイント(counterpoint)」は音楽用語で、「対位法」の意味。

[CD]スティーヴ・ライヒ「Triple Quartet」より「Electric Guitar Phase」「Music for Large Ensemble」「Tokyo/Vermont Counterpoint」
*「Electric~」は初期の作品「Violin Phase」のエレキギター版。
*「Vermont Counterpoint」は本来フルート&ピッコロのための作品(クラリネットじゃなかった、「New York Counterpoint」とごっちゃになっていたようです)で、ここではマリンバによる演奏。「Tokyo/」と付いているのは、演奏者が日本人の吉田ミカさんだから(東京ではなく九州在住らしいんですが)。

[DVD]チョウ・チン(cello)&大萩康司(g)「10弦の響き ライブ」よりR.ニャタリ作曲「チェロとギターのためのソナタ」第1楽章。
*ニャタリはブラジル人作曲家。

[DVD]バレンボイム/ベルリン・フィル「ヴァルトビューネ1998 ラテン・アメリカ・ナイト」よりロドリーゴ作曲「アランフェス協奏曲」(3限のみ)、ヒナステラ作曲「(バレエ音楽)エスタンシア」より「マランボ」(5限のみ)
*アランフェス~のソリストはジョン・ウィリアムス(g)。作曲者ロドリーゴはラテンアメリカじゃなくてスペインなんだけど・・・
*ヒナステラはアルゼンチンを代表する現代音楽作曲家。ピアソラにも影響を与えたとされる。

|

« 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第10回(12月11日)~ワールドミュージックその2 | Main | ライブ・公演情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平成18年度「現代パフォーミングアーツ入門」第10回(12月11日)~ワールドミュージックその2 | Main | ライブ・公演情報 »