« 田中邦和+林正樹DUO再び! | Main | ライブ・公演情報(2007年10月) »

2007.10.01

平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」開講しました

第1回は毎年恒例、ジョニ・ミッチェル「シャドウズ・アンド・ライト」(完全版)
以下はamazon.co.jpよりコピーした曲目リスト↓

1. シャドウズ・アンド・ライト~ジュービナイル・ディリンクワント
2. フランスの恋人たち
3. イーディスと親玉
4. コヨーテ
5. パリの自由人
6. グッドパイ・ポーク・パイ・ハット
7. ジャコ・パストリアス・ソロ~ザ・ハイ・アンド・ザ・マイティ~サード・ストーン・フロム・ザ・サン
8. デ・モインのおしゃれ賭博師
9. アメリア~パット・メセニー・ソロ
10. 逃避行
11. 黒いカラス
12. フュリー・シングス・ザ・ブルース
13. 陽気な泥棒
14. ホワイ・ドゥ・フールズ・フォール・イン・ラヴ
15. シャドウズ・アンド・ライト

時間の関係もあって9~11を飛ばしました。

平成13年度に開講してから毎年上映してきたのでそろそろ別のものを、とも思ったけど、曲単位じゃなくて1本の作品として観たいものってなかなかないんですよねえ。さらに今年はジャコ没後20周年、そしてジョニ・ミッチェルが引退宣言を撤回して5年ぶりにアルバム「Shine」を発表したばかり。年一回くらいはじっくり見るのもいいもんだ。

昔は演奏に圧倒されて映像編集のまずさはほとんど気にならなかったけど、amazonのレビューでも酷評されているように、コヨーテあたりでジャコが凄い演奏をしているのに延々イメージ映像みたいなのが流れてるのはちょっと残念。ただ、79年という時代を考えるとこれ以上のものを望むのは贅沢すぎるのではないですかね。もし当時の映像素材がもっと残っているなら本当の「完全版」を作ってほしいけど、それをやらないってことは、撮影時やその後の保管の不手際などで映像そのものが存在しないってことでは。

ともかく80年代初めまでに制作されたライブ映像作品として最高水準なのは間違いないでしょう。


ところで今回あらためて検索してみて、Wikipediaに単独の項目があるのは驚いたけど、「Coyote (Mitchell/Mingus) 」「Goodby Pork Pie Hat (Mitchell) 」ってのはひどい間違いですね。

おまけ。youTubeより、あまりに美しい
Jaco Pastorius + Toots "3 Views Of A Secret"

|

« 田中邦和+林正樹DUO再び! | Main | ライブ・公演情報(2007年10月) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 田中邦和+林正樹DUO再び! | Main | ライブ・公演情報(2007年10月) »