« 平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月12日)~日本のジャズもしくは日本人によるジャズ | Main | 平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」第8回(11月26日)~いわゆるWorld Music中南米編 »

2007.11.19

平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(11月19日)~DCPRG、渋さ知らズ、ROVO

日本のジャズの続きで、ほぼ3つのバンドに絞ってそれぞれじっくり鑑賞しました。ROVOはロックもしくは広義のクラブミュージックですが、25日にライブを控えているのでその前に紹介。

[DVD]デートコース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン(DCPRG)「MUSICAL FROM CHAOS2CD/DVD」より「構造I」「構造V」(以上5限のみ)、「CIRCLE/LINE~HARD CORE PEACE」
*ツインドラム+ラテンパーカッション+タブラ(インドのパーカッション)+ツインギター+キーボード+管楽器たくさんという大編成。
*2003年の新宿リキッドルーム(現在は恵比寿に移転)でのライブ。ライブは深夜1時頃始まり、終わるのはほとんど明け方。
*菊地成孔(きくち・なるよし)さんは本来サックス奏者ですがDCPRGではキーボード、CDJ等を操作するのみ。あとはコンダクターとして要所で合図を出す。
*「CIRCLE/LINE」は菊地雅章(きくち・まさぶみ)さんの81年のアルバム「ススト」収録曲(3限のときうっかり「スストのタイトル曲」と言ってしまった記憶がありますが曲名は違いました)。ほぼ同じアレンジでカバー。後半の「HARD CORE PEACE」は成孔さんのオリジナル。
*パーカッション・デュオから「HARD CORE PEACE」になだれこむ展開がかっこいいですね。

[DVD]DVDマガジン「URAN」より菊地成孔クインテット「Elizabeth Taylor」(3限のみ)
*菊地さんが本来の楽器であるテナーサックスを演奏。

[DVD]渋さ知らズ「ALLD OF SHIBUSA」よりオープニング~「ナーダム」「本多工務店のテーマ」
*2004年1月渋谷O-Eastでのライブ。
*かなり歴史の長いバンドだが(ただし大所帯だけにメンバーの入れ替わりは多い)、近年FUJIロックフェス出演などによりブレイク。ヨーロッパのジャズフェスティバルでも大人気で、ここ数年は毎年のようにヨーロッパツアーを行っている。
*太田恵資さんのヴァイオリンソロが泣けますね。ソロで一番目立ってたテナーサックスは片山広行さん。
*終盤には忌野清志郎がゲスト参加。
*次の首都圏でのライブは12/1(土)所沢市民文化センター。

[DVD]ROVO「Live at 日比谷野音 2004.05.05」より「LARVA」「URMA」「「Pyramid」
*エレキヴァイオリンの勝井祐二、ギター山本精一を中心とするバンド。毎年GWに野音で行っている恒例のライブ。
*芳垣安洋さんと岡部洋一さんのツインドラムがたまりません。芳垣さんはDCPRG、渋さにも参加。
*徳永は会場にいました。よく探せば映ってる?
*11月24日(土)に恵比寿リキッドルームでライブ。19日の時点でまだチケットはあるようです。これを逃すとおそらく次は来年の野音か。

|

« 平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月12日)~日本のジャズもしくは日本人によるジャズ | Main | 平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」第8回(11月26日)~いわゆるWorld Music中南米編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月12日)~日本のジャズもしくは日本人によるジャズ | Main | 平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」第8回(11月26日)~いわゆるWorld Music中南米編 »