« October 2007 | Main | December 2007 »

2007.11.26

平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」第8回(11月26日)~いわゆるWorld Music中南米編

ラテンジャズとの境界は曖昧です。Calle54はジャズの方で紹介しそびれたもの。

[DVD]音楽ドキュメンタリー映画「Calle 54」(2000年公開)よりミッシェル・カミロ(pf)トリオ、チューチョ・バルデス(pf)の演奏。
*ミシェル・カミロ・トリオのドラムはオラシオ・エルナンデスで、両手両足を最大限駆使した演奏。カウベルの音はどこから?と思ってよく観察すると、左足のペダルで叩いていることがわかります。終盤のツーバスもすごい。ベースのアンソニー・ジャクソンは脳梗塞で倒れてから復帰後。こちらも6弦ベースを駆使した演奏が見もの。
*チューチョ・バルデスはキューバ人ピアニスト。ものすごく速いフレーズでも音の粒立ちが鮮やか。おそらく全ジャンルを合わせても世界最高峰のテクニックでしょう。

[DVD]Richard Galliano & tangaria quartet「Live in Marciac 2006」より「Chorinho Pra Ele」「Disparada」
*「Chorinho Pra Ele」はガリアーノとHamilton de Holanda(バンドリン)とのデュオによる演奏。曲はブラジルの鬼才エルメート・パスコアル作曲。
*「Disparada」はHamilton de Holandaのソロ演奏。曲はブラジル音楽のスタンダード的なもの(ただし原曲は歌歌モノ)。次のYamandu Costaのヴァージョンと聞き比べを。

[DVD]Yamandu Costa「Ao Vivo」(05年)より「Disparada」「Chamame」、「Taquito militar」(3限のみ)、「Sampa」(5限のみ)
*ブラジルの若き天才ギタリスト。Thiago Espirito Santo(b)らとのトリオで。
*「Chamame」(チャマメまたはシャマメ)とはアルゼンチンやブラジル南部に見られるスタイル(ただしこの曲はヤマンドゥ・コスタのオリジナル)。アコーディオンとのデュオで演奏。
*「Taquito militar」はアルゼンチンのミロンガ(広義のタンゴの一形態)。邦題「軍靴の響き」。普通はこんなに速く演奏しないと思いますが。「Disparada」と同じくトリオでの演奏。
*「Sampa」はブラジル人シンガーソングライター、カエターノ・ベローゾの曲。ここではソロで。
昨年の来日時の様子

[DVD]アストル・ピアソラ「ユレヒト1984」より「ミケランジェロ70」「アディオス・ノニーノ」(3限のみ)
*パブロ・シーグレル(pf)、フェルナンド・スアレスパス(vln)を擁する全盛期のキンテート(五重奏団)。タンゴ独特の奏法にも注目を。

[DVD]アストル・ピアソラ「Five Tangos」より「ブエノスアイレスの夏」「アディオス・ノニーノ」(5限のみ)
*1981年、ドイツでのスタジオライブ。3限とは別ソフトにしてみました(メンバーは同じ)。

[DVD]Salle Gaveau(サルガヴォ)「Official Live Bootleg 2007」より「Alloy」、「カルカッタ」(5限のみ)
*鬼怒無月(g)率いる前衛タンゴ(もしくはアコースティック・プログレ)バンドの今年3月のライブ。フランス公演にて限定発売されたもの。
こちらの記事を参照のこと。メンバー全員強力です。
*ヴァイオリンの喜多さんはスアレスパスの影響を強く受けているはずなのですが、ここでは完全に独自の世界ですね。
*残念ながらヨーロッパ仕様(PAL)なので1番教室のDVDプレイヤーでは再生できない・・・と思っていたらできました(PAL/NTSC両対応プレイヤーだった!?)。
*「カルカッタ」は軽い曲なので「軽かった」というシャレだそうで、インドのカルカッタとはまったく無関係。
*もちろんこれらはWorld Musicではないわけですが、ピアソラの精神を継承した音楽、という意味で紹介。
*【追記】SalleGaveauの次回のライブは12月10日新宿ピットイン

| | Comments (0)

2007.11.19

平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(11月19日)~DCPRG、渋さ知らズ、ROVO

日本のジャズの続きで、ほぼ3つのバンドに絞ってそれぞれじっくり鑑賞しました。ROVOはロックもしくは広義のクラブミュージックですが、25日にライブを控えているのでその前に紹介。

[DVD]デートコース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン(DCPRG)「MUSICAL FROM CHAOS2CD/DVD」より「構造I」「構造V」(以上5限のみ)、「CIRCLE/LINE~HARD CORE PEACE」
*ツインドラム+ラテンパーカッション+タブラ(インドのパーカッション)+ツインギター+キーボード+管楽器たくさんという大編成。
*2003年の新宿リキッドルーム(現在は恵比寿に移転)でのライブ。ライブは深夜1時頃始まり、終わるのはほとんど明け方。
*菊地成孔(きくち・なるよし)さんは本来サックス奏者ですがDCPRGではキーボード、CDJ等を操作するのみ。あとはコンダクターとして要所で合図を出す。
*「CIRCLE/LINE」は菊地雅章(きくち・まさぶみ)さんの81年のアルバム「ススト」収録曲(3限のときうっかり「スストのタイトル曲」と言ってしまった記憶がありますが曲名は違いました)。ほぼ同じアレンジでカバー。後半の「HARD CORE PEACE」は成孔さんのオリジナル。
*パーカッション・デュオから「HARD CORE PEACE」になだれこむ展開がかっこいいですね。

[DVD]DVDマガジン「URAN」より菊地成孔クインテット「Elizabeth Taylor」(3限のみ)
*菊地さんが本来の楽器であるテナーサックスを演奏。

[DVD]渋さ知らズ「ALLD OF SHIBUSA」よりオープニング~「ナーダム」「本多工務店のテーマ」
*2004年1月渋谷O-Eastでのライブ。
*かなり歴史の長いバンドだが(ただし大所帯だけにメンバーの入れ替わりは多い)、近年FUJIロックフェス出演などによりブレイク。ヨーロッパのジャズフェスティバルでも大人気で、ここ数年は毎年のようにヨーロッパツアーを行っている。
*太田恵資さんのヴァイオリンソロが泣けますね。ソロで一番目立ってたテナーサックスは片山広行さん。
*終盤には忌野清志郎がゲスト参加。
*次の首都圏でのライブは12/1(土)所沢市民文化センター。

[DVD]ROVO「Live at 日比谷野音 2004.05.05」より「LARVA」「URMA」「「Pyramid」
*エレキヴァイオリンの勝井祐二、ギター山本精一を中心とするバンド。毎年GWに野音で行っている恒例のライブ。
*芳垣安洋さんと岡部洋一さんのツインドラムがたまりません。芳垣さんはDCPRG、渋さにも参加。
*徳永は会場にいました。よく探せば映ってる?
*11月24日(土)に恵比寿リキッドルームでライブ。19日の時点でまだチケットはあるようです。これを逃すとおそらく次は来年の野音か。

| | Comments (0)

2007.11.12

平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月12日)~日本のジャズもしくは日本人によるジャズ

[DVD]東京中低域「Tokyo-cyutei-iki Live in London」より「敗訴裁定」「強さ固さ長さ角度」「十一種」他
*世界にも類を見ないバリトンサックスアンサンブルの2006年11月ロンドンでのライブ。
*特別授業第1回ゲスト鈴木広志さん、昨年度のゲスト田中邦和さん参加。

[DVD]森山威男「ライブ・アット・アーラ」より「Beyond the Crisis」
*伝説的なドラマーによる2007年6月のライブ。
*メンバー:音川英二(sax)、佐藤芳明(accordion)、田中信正(pf)、望月英明(b)

[DVD]渡辺香津美「The Spice of Life in Concert」よりオープニングのギターソロ~「MELANCHO」(5限のみ)、「UNT」
*87年収録。ジェフ・バーリン(b)、ビル・ブラフォード(ds)というジャズロック/プログレッシヴ・ロック(プログレ)系の大物ミュージシャンと共演。
*明るい曲を笑顔で演奏するブラフォードの映像は貴重かも。
*香津美さんが後半使っていたのはスタインバーガー社製のヘッドレスギター。見た目は特殊ですが機能面や音色は普通のエレキギターと変わりません(ただしギターシンセコントローラ内蔵)。

[DVD]渡辺香津美「ONE for ALL」より「Water Ways Flow Backward Again」、「TOCHIKA」(3限のみ)
*99年、NYの老舗ライブハウス「ボトムライン」で行われたライブ。共演はほとんど現地の有名ミュージシャンだが「Water~」は矢野顕子とのDUO、作曲も矢野顕子。オリジナルは78年の渡辺香津美のアルバム「KYLYN」に収録。

[DVD]渡辺香津美「Mo'Bop DVD edition」より「ROBO」(3限のみ)、「Favor Return of Ensyu Swallow」(3限はベースソロのみ)
*2004年12月、横浜BLITZでのライブ。徳永は当日会場にいました。
*リチャード・ボナRichard Bona(b), オラシオ・エルナンデス(ds)とのトリオ。
*「Favor~」は83年の名盤「MOBO」に収録されていた「遠州つばめ返し」のセルフカバー。

[DVD]上原ひろみ「SPIRAL」付属のボーナス盤より「KANFU-WORLD CHAMPION」「Love and Laughter」
*上原ひろみは一昨年アメリカのメジャーレーベルよりいきなり世界デビュー。日本でも日本盤より先に輸入盤が並びました。

次回に続きます。


| | Comments (0)

2007.11.07

クアトロシエントス ライブレポート(ラティーナ2007年8月号より)

ワールドミュージック系音楽誌ラティーナ8月号に寄稿した、ヴァイオリニスト会田桃子率いるタンゴバンド、クアトロシエントスのライブレポートを転載します。タンゴのエッセンスを取り入れつつ独自のサウンドを展開するSalle Gaveauに対し、クアトロシエントスはタンゴのフォーマットの中でオリジナリティを追求したバンドとして、非常にハイレベルだと思います。次回のライブは11月13日(火)南青山マンダラで、ゲストは前回と同じ堀越彰さん(ds)。

*****

 "小松亮太以降"の世代の台頭が目立つ昨今のタンゴ界。その中でも先頭を走り続けるクアトロシエントスの、恒例となった初夏のライブを6月4日、南青山マンダラで聴いた。

 このバンドの大きな特徴は会田桃子(vln)、北村聡(bn)というタンゴ界の逸材に加え、西嶋徹(b)、林正樹(pf)というジャズ界の若手トップ奏者をメンバーに据えたことにある。今回はさらに、一昨年以来2度目の共演となるドラマー堀越彰がゲスト。筆者が2001年頃見た深町純(pf)、渡辺剛(vln)と堀越のトリオによるライブは「ピアソラ作品と即興演奏の融合」というアプローチにおいて画期的な成功を収めたもので、「タンゴにおいて打楽器が効果的な役割を果たすことは難しい」という先入観を覆された。堀越は林のカルテットSTEWMAHNに西嶋と共に参加しているだけでなく、かつて山下洋輔のグループで堀越と共演した人気サックス奏者菊地成孔のバンド「ペペ・トルメント・アスカラール」に現在は北村が参加しているという縁もある。こうした結びつきは単なる偶然というより、異ジャンルのコラボレーションによって活気付く東京の音楽シーン全体を象徴しているように思えてならない。クアトロシエントスもまた、確実にその最先端の一角を占めているのだ。

 とはいえ彼らは、基本的にはタンゴバンドとしてのアイデンティティを崩さない。1曲目の会田作曲「森のホール」に続き「ラ・クンパルシータ」も会田のオリジナル編曲だが、これらは奇を衒うことなくタンゴの本質をしっかり押さえたものだ。堀越が加わった「鯖」(林作曲)~「悪魔のロマンス」~「鮫」~「人吉森のブルース」(林作曲)が前半のハイライト。林のオリジナルは自身もメンバーであるアヴァンギャルド・タンゴバンドSalle Gaveau(サルガヴォ)の楽曲に通じる独創性を備えつつ、そこにピアソラが挟まれても違和感がない。他方「あなたと朝ご飯」「私の希望のすべて」といった会田のオリジナルはロマンチックな作風で、ここでは彼女のヴァイオリンの音色とフレージングが冴える。なによりこれだけのメンバーを率いるリーダーとしての力強さが印象的で、ここ最近の成長ぶりを感じずにはいられない。

 後半は林の叙情的なソロに導かれる「悲しみの中の狂気」(会田作曲)から始まり、2曲目の「リベルタンゴ」(林編曲)で一気に熱を帯びた。「ペペ~」で菊地成孔と渡り合う北村のアドリブ・ソロはこの日も絶好調。前半で見せたタンゴ・アンサンブルとしての緻密さはある種の"硬さ"にも通じるのだったが、次第にジャズ的な"しなやかさ"が加わってくる。軽快なミロンガ「カルカッタ」(林作曲)のユーモラスな楽しさ、アンコールの「アレグロ・タンガービレ」で見せた鳥肌の立つような疾走感など、このバンドの真骨頂を堪能した。

 全20曲中、実に12曲がメンバーのオリジナルで、残りの曲もすべてオリジナルアレンジ。だがもはやオリジナリティをことさらに強調する必要は無く、その質こそが評価されるべき段階に来ている。
(徳永伸一郎)

*****

少々補足しておきます。文中に出てくる深町純、渡辺剛、堀越彰のトリオはその後「The Will」という名称で活動しCDも出ていますが、元々は舘形比呂一ソロ・ダンスパフォーマンス「白鳥の歌」(2001年)の伴奏を務めたメンバーです。当時の演奏スタイルは「The Will」とは違い、即興性の強いものでした。「The Will」にもピアソラの「エスクアロ」が入っているのですが、これも当時の演奏とはかなり異質なものです。

| | Comments (0)

2007.11.05

平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」第5回(11月5日)~アメリカ以外のジャズもしくは非アメリカ人によるジャズ

[DVD]マハビシュヌ・オーケストラ「ライブ・アット・モントルー」より「wings of Karma」(74年)、「Radio-Activity」(84年)他
*ジョン・マクラフリンのグループによる74年と84年のライブ。主要メンバーは74年がナーラダ・マイケル・ウォルデン(ds)、ジャン・リュック・ポンティ(vln)、84年がビル・エヴァンス(sax)、ダニー・ゴットリーブ(ds)、ジョナス・エルボーグ(b)ら。

[DVD]Trio Rypdal, Vitouus & Gurtu「Live in Stuttgart」より「The Return Of Per Ulv」(3限のみ)、「Tough English」
*94年のライブ。よく確認せず授業中いい加減なことを言ってしまいましたが、最近収録されたものではありませんでした。ただし3人とも現在まで活発に活動中。

[DVD]「BIRELI LAGRENE & FRIENDS」より「Tears」(★3限のみ)、「Waltz for Nicky」(★5限のみ)、「▲Night and Day」
*ジプシー(ロマ)系ギタリスト、ラグレーンを中心とするセッション。2004年発売。ゲストにアコーディオン奏者Richard Galliano(★)とギタリストSylvain Luc(▲)
*Sylvain Lucは指弾きとピック弾きのどちらも巧い。なにげにヴァイオリンのMartin Weissも巧い。

[DVD]Richard Galliano & tangaria quartet「Live in Marciac 2006」より「Sertao」、「Spleen」(3限のみ)
*ガリアーノはもちろん、カバキーニョのHamilton de Holanda、ヴァイオリンのAlexis Cardenas(解説し忘れましたがベネズエラ人)も激ウマ。

[DVD]セザール・カマルゴ・マリアーノ(pf)&ホメロ・ルバンボ(g)「DUO」より「Samambaia」(3限のみ)、「Curumim」(5限のみ)
*ブラジル人ピアニスト&ギタリストによるアコースティック・デュオ。
*作曲はいずれもマリアーノ。「Samambaia」は多くのミュージシャンによりカバーされている。
*「ホメロ」はRomeroと綴ります。ポルトガル語では先頭のRがHのような発音になるらしい。

| | Comments (0)

2007.11.03

維新派@さいたま芸術劇場開演待ち

教養教育などというものに携わっていていつも虚しくなるのだが、そもそも教室で語られる教養、行動の伴わない教養に、どれほどの価値があるだろうか?


もしくは、真の教養とは維新派を観に行くことである、と定義して何の不都合があろうか?

| | Comments (0)

2007.11.01

ライブ・公演情報(2007年11月)

後ほどコメント等追加しますがとりあえず。
今週末は興味深い公演が目白押しで目が回りそう。


11/1(木)~11/4(日) 楽器フェア@パシフィコ横浜

11/1(木) 佐々木純一(vn)+生水敬一朗(bn)@麻布セントメアリー教会礼拝堂
11/1(木) 新宿PIT-INN "Complete Imaginary Number"「冬の夜は重力について語り明かそう」松本治tb、かわいしのぶb、原みどりvo、石渡明廣g、高良久美子vib&perc、ライオン・メリーkb、外山明ds

★11/2(金)~4(日) 維新派「nostalgia」@彩の国さいたま芸術劇場
*維新派の4年ぶりの首都圏での公演です。海外にも呼ばれているのになぜ首都圏には滅多に来ないのでしょうか?
11/2(金)~4(日) 市電うどん@横浜Bay Side コンテナ劇場

★11/2(金) 林正樹,吉見征樹,田中邦和@渋谷・公園通りクラシックス
*「現代パフォーミングアーツ入門」から生まれた田中・林デュオの発展形です。
11/2(金) 伊藤芳輝+会田桃子+海沼正利@西荻窪ビストロサンジャック
11/2(金) Tommy Campbell,高内春彦,河合代介@青山Body&Soul

★11/3-4 ギンザ・インターナショナル・ジャズフィスティバル2007
*完全無料なのに出演者は豪華!

11/3(土) 三軒茶屋グレープフルーツムーン 芳垣安洋+高良久美子、吉田達也+ジェイソン・シャルトン、d.v.d、core of bells
11/3(土) 会田桃子,青木菜穂子,北村聡@横浜市岩間市民プラザ(16:30open,17:00start)

11/4(日) 青木菜穂子Piano solo@丸ビル35階(14:00-/15:00- 無料)
11/4(日) 今堀恒雄,Asa-Chang@レディジェーン
11/4(日) 是巨人ワンマン(鬼怒無月,ナスノミツル,吉田達也)@秋葉原GOODMAN
11/4(日) ORQUESTA NUDGE! NUDGE!,quartz-head a.k.a. 藤原大輔,清水靖晃&サキソフォネッツ@クアトロ

★11/5(月) Salle Gaveau ゲスト:柏木広樹@代官山・晴れたら空に豆まいて(18:30open,19:30start)
*久々の東京でのワンマンライブ。一つ上の記事も参考にしてください。

11/6(火) 田中邦和(ts)トリオ(富樫春生(p)高瀬裕(b))@ドルフィー
★11/6(火) 内橋和久,石橋英子,山本達久@江古田FLYING TEAPOT

11/7(水) 中西俊博,竹中俊二,林正樹,鳥越啓介,海沼正利@六本木alfie
11/7(水) ヤドランカ,鬼怒無月,芳垣安洋@キリスト品川教会グローリア・チャペル(18:00open,18:30start)
11/7(水) スパニッシュ・コネクション(伊藤芳輝,平松加奈,吉見征樹 ゲスト:大渕博光,伊藤博康)@JZ Brat

11/8(木) Warehouse@音や金時
11/8(木) Tipo CABEZA(佐藤允彦,加藤真一,岡部洋一)@ピットイン
11/8(木) 田中邦和,高瀬裕,Asa-chang@Jazz is
11/8(木) UA,細野晴臣,つじあやの×山田将司,Cocco×岸田繁@SHIBUYA-AX

11/9(金) 会田桃子,南博,鳥越啓介@大泉学園inF
11/9(金) 新井伴典(g)@GGサロン

11/10(土) SU(佐藤大輔,林正樹,千田貴志,西嶋徹),jew's-ear,Stim,fresh!@月見ル君想フ
11/10(土) 岡淳&高木潤一@表参道ヒルズ吹き抜け大階段(無料 16:05/17:15/19:05)
11/10(土) 伊藤芳輝,宮野弘紀,天野清継,鳥越啓介@グレコ

11/11(日) EL TANGO VIVO(熊田洋,東谷健司)@稲荷町・本覚寺(16:30)
11/11(日) 中西俊博,深町純,佐藤正治@FJ's

11/12(月) 川嶋哲郎,大坂昌彦,金子雄太@モーションブルー
11/12(月) 西川直人(org),石崎忍(as),森孝人(gt),大井澄東(ds)@沼袋OrganJazz倶楽部
11/12(月) 伊藤公朗×常味裕司,アラディーン,須田誠@月見ル君想フ

★11/13(火) クアトロシエントス(会田桃子,北村聡,林正樹,西嶋徹) ゲスト:堀越彰@南青山MANDALA

11/14(水) 鬼怒無月,吉野弘志,吉見征樹@inF
11/14(水) HIROSHI MINAMI GO THERE(南博,水谷浩章,芳垣安洋,竹野昌邦)@ドルフィー
11/14(水) SALSA SWINGOZA@クアトロ

★11/15(木) ウーゴ・ファトルーソ&ヤヒロトモヒロ,高瀬アキ&井野信義@門仲天井ホール

11/16(金) MUMU-1+鬼怒無月(植村昌弘,坂本一孝,鬼怒無月)@公園通りクラシックス
11/16(金) 吉野弘志,八木美知依@音や金時

11/17(土) お茶の水管弦楽団定期演奏会@市川市文化会館
11/17(土) 太田朱美,石田衛,織原良次,橋本学@NO TRUNKS

11/18(日) 佐藤允彦,常味裕司,太田惠資,和田啓,吉見征樹,河田嘉彦@代官山ヒルサイドプラザ

11/19(月) 新澤健一郎,林正樹 予告乱入:森泰人@inF
11/19(月) 坂田明,村上ポンタ秀一,バカボン鈴木,今堀恒雄,吉森信,ジーノ秋山,荒井ABO誠@ジロキチ

11月20日(火) イョラン・セルシェル@王子ホール

★【追加】11/21(水)東京中低域@下北沢440
11/21(水) 太黒山(太田惠資,黒田京子,山口とも)@inF
11/21(水) SuperJazzStrings(平山織絵,Maiko,クラッシャー木村,田中詩織) with 林正樹,佐瀬正,岡部洋一@グレコ
11/21(水) PARA,勝井祐二×中村達也,sgt.@UNIT(19:00-)

11/22(木) 佐藤芳明,高木潤一,吉見征樹@グレコ
11/22(木) MASSA(佐藤正治,細井豊,太田惠資),AREPOS(清水一登,れいち)@晴れたら空に豆まいて

11/23(金・祝) 常味裕司@音や金時

11/24(土) 恵比寿リキッドルーム ROVO、GOTH-TRAD
11/24(土) アリエル・アッセルボーン@立教大学(レクチャーコンサート)

11/26(月) 青木菜穂子セステート(北村聡,早川純,会田桃子,喜多直毅,東谷健司 ゲスト:Sayaca)@南青山MANDALA

11/27(火) The World Heritage(鬼怒無月,山本精一,勝井祐二,ナスノミツル,吉田達也)@高円寺MISSION'S
11/27(火) 林栄一+内橋和久@音や金時
11/27(火) Risk factor & phonolite ensemble(太田朱美,石田衛,織原良次,橋本学,松本治,松風鉱一,竹野昌邦,MIYA,橋本歩,平山織絵,外山明,水谷浩章,新居章夫)@ピットイン

11/28(水) 柳原陽一郎 & phonolite(柳原陽一郎,松本治,松風鉱一,竹野昌邦,MIYA,太田朱美,橋本歩,平山織絵,中牟礼貞則,外山明,水谷浩章,新居章夫)@ピットイン
11/28(水) 和田啓,常味裕司,松本泰子@音や金時
11/28(水) 上原ひろみ,デヴィッド・フュージンスキー,トニー・グレイ,マーティン・ヴァリホラ@ブルーノート東京

11/29(木) 音川英二,佐藤芳明,田中信正,高瀬裕,安藤正則@inF
11/29(木) phonolite(水谷浩章,松本治,松風鉱一,竹野昌邦,MIYA,太田朱美,橋本歩,平山織絵,中牟礼貞則,外山明,大儀見元,三住和彦) ゲスト:津上研太,山口有紀@ピットイン
11/29(木) 上原ひろみ,デヴィッド・フュージンスキー,トニー・グレイ,マーティン・ヴァリホラ@ブルーノート東京

11月30日(金) 喜多直毅×黒田京子@大塚グレコ
11/30(金) 高田元太郎&金庸太@GGサロン
11/30(金) イョラン・セルシェル@フィリアホール

| | Comments (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »