« ライブ・公演情報(2008年1月下旬~2月) | Main | 1月30日(水)に「現代パフォーミングアーツ入門」特別授業(伊藤芳輝&喜多直毅DUOコンサート)を実施します »

2008.01.28

平成19年度「現代パフォーミングアーツ入門」第14回(1月28日)~日本のポップス(PVを中心に)

[DVD]宇川直広「Intoxicating Music Clip of UKAWA NAOHIRO」より
・Sweet Robots Against The Machine「AUDIO SEX」
・SUPERCAR「YUMEGIWA LAST BOY」
・電気グルーヴ×スチャダラパー「TWILIGHT#1/アブストラクトな林檎たち」
*Sweetはテイ・トウワの別名義プロジェクト。

[DVDコーネリアス「FIVE POINT ONE」より「POINT OF VIEW POINT」「SMOKE」「DROP」
*2001年発売のCD「POINT」の楽曲によるビデオクリップ集。

[DVD]宇多田ヒカル「traveling」
*CDは2001年発売、PVはDVDシングルとして2002年発売。
*おそらくJ-POP史上もっともお金がかかっているPV。

[DVD]吉田美奈子「Stablenotes」(03年)より「TWON」
[DVD]吉田美奈子「Voice in the wind」(05年)より「恋」
[DVD]吉田美奈子「within」(04年)より「STARBOW」「星の海」
*70年代から活躍するシンガーソングライター。

おまけ。
こういうのも良いですな。
検索してて気付いたのだけど、シングル発売後にお子さんが亡くなっている。
そしてこれはどうやらお子さんを亡くされた直後のツアー。
逆算するとこのときには次のお子さんを身篭っている。
こうして考えるとなかなか深い歌詞です。

|

« ライブ・公演情報(2008年1月下旬~2月) | Main | 1月30日(水)に「現代パフォーミングアーツ入門」特別授業(伊藤芳輝&喜多直毅DUOコンサート)を実施します »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ライブ・公演情報(2008年1月下旬~2月) | Main | 1月30日(水)に「現代パフォーミングアーツ入門」特別授業(伊藤芳輝&喜多直毅DUOコンサート)を実施します »