« 2/15 ブラックベルベッツBLACK VELVETS@江戸川区総合文化センター | Main | VIOLIN EXPLOSION 2008 ~ 東京・江戸川区発、最先端ヴァイオリンミュージック! »

2008.02.29

オペラシティ開館10周年記念委嘱作品(作曲:小松亮太)世界初演のソリストに喜多直毅

2月29日、オペラシティ・タケミツメモリアルホールにて。

「アストル・ピアソラ没後15年(2007年)記念」ということで、「幻のオラトリオ《若き民衆》 日本初演」がメイン。しかし前半の小松亮太氏新作初演に喜多さんが出演するというので急遽出かけました。
詳細はこちら

どのような形で出るのか聞いていなかったのだけど、タイトルが「バンドネオン、ヴァイオリン、弦楽器のための2楽章」で、なんと喜多さんはソリスト!

この日のための特別編成オケをバックに堂々たるソロを弾く喜多さんの姿に、感慨深いものがありました。

リンク先でチラシの画像を拡大して見ていただくとわかるのですが、仮タイトルは「バンドネオンとオーケストラのための新作」。作曲していくうちに、かなりギリギリのところでバンドネオンとバイオリンの二重協奏曲に変更になったようです。

本来チラシに喜多さんの写真も入っているべきだったわけですが、当日配布されたパンフにすら喜多さんの名前は見当たらず。それも喜多さんらしいというか・・・

主催者もさすがにまずいと思ったようで、終演後にアンコール曲目と一緒に貼りだされてました↓

Operacity20080229


|

« 2/15 ブラックベルベッツBLACK VELVETS@江戸川区総合文化センター | Main | VIOLIN EXPLOSION 2008 ~ 東京・江戸川区発、最先端ヴァイオリンミュージック! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2/15 ブラックベルベッツBLACK VELVETS@江戸川区総合文化センター | Main | VIOLIN EXPLOSION 2008 ~ 東京・江戸川区発、最先端ヴァイオリンミュージック! »