« February 2008 | Main | June 2008 »

2008.04.15

「タンゴのルーツ…ノスタルジー」はミュージシャンにも注目を!

Posuter

12日の興奮も冷めやらぬまま、というか半ばグッタリした状態で、13日の「タンゴのルーツ…ノスタルジー」公演初日@品川プリンス・クラブexに行ってきました。

ダンス、歌、演奏と三拍子揃った非常にハイレベルなショーです。クラブexはこじんまりとした高級感のあるハコなので、少々値段が高いのも納得。お金かかってるもんね。13日は生ピアノじゃなくてエレピだったのが唯一残念な点でしたが、鎌倉(18日)と有楽町(20日)はグランドピアノらしいのでこれから行かれる方はお楽しみに。

で、上のリンク先にはけしからんことにバンドメンバーの紹介がないのだけど、演奏は日本のタンゴ界の若手の精鋭を集めた会田桃子セステート(会田桃子・宮越建政(Vn) / 北村聡・鈴木崇朗(Bn) / 青木菜穂子(Pf) / 東谷健司(Cb))が務めています。演奏だけのパートもあり。

このメンバーのうち、会田さん、鈴木さん、青木さん、東谷さんの4人に歌手のSayacaさんを加えた5人(+現地のゲストミュージシャン)は3月にブエノスアイレスで「2 x 4 Tokio(dos por cuatro tokio)」としてコンサートを行ってきました。実は僕は幸運にも、先月アルゼンチンを旅行してそのコンサートに居合わせることができたので、今月発売されるラティーナにレポート記事を書いています。

日本の若手タンゴミュージシャン達が、現地でも「通用する」ってレベルじゃなくて、「日本人にしてはすごい」っていう色メガネで見られているわけでもなくて、純粋に音楽で本場の聴衆を感動させる力を持っている、ということをしっかり確認できました。「タンゴのルーツ…」でも演奏される会田さんのオリジナル曲での盛り上がりは凄まじかったし、ゲストのフェデリコ・ペレイロ(若手No.1の呼び声高いバンドネオン奏者)やラミーロ・ガジョ(日本のタンゴファンにもよく知られたトップヴァイオリニスト)の熱の入り方もすごかった。「日本人のタンゴ」という以前に、「同時代の優れたタンゴ」という受け止められ方ですよ。

もっとも彼らは以前から度々渡亜して現地ミュージシャンとの交流や共演を重ねているわけで、その辺の事情をよく知る人にとっては、ちっとも驚くべきことではないですけどね。「本場でこんなに評価されてます」なんて書くのもいやらしい。書きましたが笑


なおタンゴ・プロジェクト「2 x 4 Tokio」は5月8日に六本木STB139で、今度はSayaca(vo)、青木菜穂子(pf)、会田桃子(vln)、吉田篤(vln)、 北村聡(bn)、早川純(bn)、西嶋徹(b) というこれまたすごいメンバーで帰国ライブを行います。

| | Comments (0)

2008.04.14

VIOLIN EXPLOSION 2008 終わりました

Ve2008_2

写真は舞台袖より。ケータイで撮ったものですが、この1枚だけ奇跡的にほとんどブレていませんでした。ベースの鳥越さんとパーカッション海沼さんが重なってしまいましたが、辛うじて全員映ってます。

御来場の皆さん、出演者・スタッフの皆さん、宣伝に協力してくださった皆さん、本当にどうもありがとうございました。

出演者が決まった時点で素晴らしい内容になることはわかりきっていましたが、期待以上に素晴らしい内容だったと思います。
以下曲目リスト:

第1部
(喜多コーナー)
01. 板橋区 (喜多直毅)
02. 黒いカマキリ - Santateresa Negra - (喜多直毅)

(太田コーナー)
03. ソロ~Mozqus (太田惠資作曲)

(中西コーナー)
04. American Wake (Bill Whelan)
05. Estate (Bruno Maretino)
06. Some Skunk Funk (Randy Brecker)

第2部
(中西+喜多)
07. Women's Dance (Milcho Leviev)

(中西+太田)
08. Nuages ~ Daphne (Django Reinhardt)

(太田+喜多)
09. MASARASCOPE (太田惠資)

(中西+太田+喜多)
10. 太田のトルコ (太田惠資)
~ Luki (John McLaughlin)
~ Utviklingssang (Carla Bley). ~ 太田のトルコ

アンコール
Tiger Rag

【追記】曲目の説明が非常に詳しいブログを見つけましたので、リンクを張らせていただきます。

演奏者の皆さんの並々ならぬ意欲、そして演奏中の楽しそうな様子は何にも代えがたいものです。

さて来年はどうしましょう。主催者募集(笑)。いや冗談ではなく、「ぜひうちで」というホール関係者や音楽事務所の方がおられたら御連絡ください。コーディネートは引き受けますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.12

VIOLIN EXPLOSION 2008 ~ 東京・江戸川区発、最先端ヴァイオリンミュージック!

徳永が企画に関わっているコンサートの紹介です。医科歯科生については僕の方でも学生券を扱いますが、枚数限定なので興味があれば早めに連絡してください。この記事の日付は4月12日(コンサートの開催日)に設定してあるので注意してください。4月12日までは新規投稿はこの下に表示されます。

Ve2008flyer_3



「VIOLIN EXPLOSION 2008」

◆日時: 2008年4月12日(土) 17:30開場/18:00開演

◆会場: タワーホール船堀小ホール

◆出演:
中西俊博太田惠資喜多直毅(以上ヴァイオリン)
  竹中俊二(ギター)
  佐藤芳明(アコーディオン)
  鳥越啓介(ベース)
  海沼正利(パーカッション)

◆料金:前売り4000円/当日4500円 学生2500円(全席指定)
*前売り券は2/8(金)よりチケットぴあにて発売開始
*学生券はアーテムにて予約受付
(医科歯科生については徳永の方でも扱いますので連絡を)

◆制作・問合せ先:音楽事務所アーテム(TEL: 03-5283-3209)


Flyer_4

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | June 2008 »