« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」開講しました | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第4回(10月27日)~パット・メセニーPat Methenyを中心に »

2008.10.20

平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第3回(10月20日)~ジャコ・パストリアスJaco Pastoriusを中心に

今年はジャコ・パストリアスはほどほどに、と思ってましたが、見出したら止まらなくなってしまいました。

[DVD]ウェザーリポート「FORECAST TOMORROW」よりジャコのソロ、「Teen Town」「Birdland」
*ジョー・ザヴィヌル(key)とウェイン・ショーター(sax)を中心とするバンドの78年のライブ。
*ベースに全盛期のジャコ、ドラムはピーター・アースキン。

[DVD]ジャコ・パストリアス・ビッグバンド「ライブ・イン・ジャパン」より「Invitation」「The Chicken」「Continuum」「Sophisticated Lady」「Liberty City」「Three Views Of A Secret」
*82年来日時のライブ。
*「Continuum」「Liberty City」「Three Views Of A Secret」の3曲がジャコのオリジナル。いずれも名曲です。
*マイケル・ブレッカーの兄ランディ(tp)、ボブ・ミンツァー(sax)、トゥーツ・シールマンス(ハーモニカ)らが参加。
*ドラムはピーター・アースキン、パーカッションは「シャドウズ・アンド・ライト」でドラムを叩いていたドン・アライアス。
*編成面ではスチールドラム(スチールパン)の参加も特徴的。
*同じバンドによる同時期のモントリオールでのライブもDVD化されていますが、こちらの方が格段に良い演奏だと思います。ジャコの表情が良い。

参考(必見!):[YouTube]Jaco Pastorius + Toots "3 Views Of A Secret"

[VHS]「RETURN OF THE BRECKER BROTHERS」(93年)より「SONG FOR BARRY」
*ランディ(兄、tp)とマイケル(弟、sax)のブレッカー兄弟により70年代に結成された「ブレッカー・ブラザーズ」が、90年代に再結成(ただしオリジナルメンバーはブレッカー兄弟のみ)された時のライブ。
*マイク・スターン(g)とデニス・チェンバース(ds)も強力。
*マイケル・ブレッカーが最初に吹いて(?)いるのはEWI(Erectric Wind Instrument)といって、日本のAKAIが開発した管楽器型のシンセサイザー・コントローラー。
*徳永が知る限りVHSとLDでしか発売されていません。VHSが擦り切れる前にDVD化して欲しい!LDも中古見つけたとき買っときゃよかった(すぐDVD化されるだろうと思って買いそびれた)。

|

« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」開講しました | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第4回(10月27日)~パット・メセニーPat Methenyを中心に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」開講しました | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第4回(10月27日)~パット・メセニーPat Methenyを中心に »