« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第4回(10月27日)~パット・メセニーPat Methenyを中心に | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月17日)~ジャズの様々な形、ジャズから派生した音楽など »

2008.11.11

平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第5回(11月10日)~ハンコック、マイルス、ペトルチアーニ他

「共演者しりとり」でハンコックからマイルスへ。さらに(直接的な繋がりはありませんが)ペトルチアーニ。
*以下は5限の内容です。4限に受講した人は曲目・曲順が一部異なりますので注意してください。

[DVD]「ディジョネット,ハンコック,ホランド,メセニー/イン・コンサート」よりD.ホランド作曲「Shadow Dance」、ハンコック作曲「Cantaloupe Island」

[DVD]ハービー・ハンコック「Future 2 Future Live」より「Rockit」
*2002年のライブ。ターンテーブル奏者のDJ Disk、女性ドラマーテリ・リン・キャリントンらが参加。
*「Rockit」は83年のアルバム「Future Shock」よりシングルカットされ大ヒット。当時のPVは必見。

[DVD]Miles Davis「miles electric: a different kind of blue」より「So What?」(64年)、「Call it anything」(70年)途中まで。
*タイトルはマイルスの名盤「Kind of Blue」に引っ掛けたもの。
*60年代末の「エレクトリック化」を追ったドキュメンタリー。クライマックスは70年のワイト島フェスティバルでの演奏。
*「Call it anything」にはキース・ジャレット(key)、チック・コリア(key)、ジャック・ディジョネット(ds)、デイヴ・ホランド(b)らが参加。
*ディジョネットもキースもアフロ!少年のような風貌のホランドにもびっくり。

[DVD]マイルス・デイヴィス「Live in Montreal」より「Human Nature」「Time After Time」「Jean Pierre」
*1985年のライブ。故ボブ・バーグ(sax)、ダリル・ジョーンズ(b)、ジョン・スコフィールド(g)らが参加。
*ジョンスコかっちょええー

[DVD]ミシェル・ペトルチアーニ「Power of Three」より「Beautiful Love」「In A Sentimental Mood」
*1986年、モントルージャズフェスティバルでのスペシャル・セッション。共演はジム・ホール(g)、ウェイン・ショーター(sax)(ただし上記2曲はジム・ホールとのデュオ)。
*ペトルチアーニは1999年に36歳で死去。ってことはこの映像の時点で23歳ですね。

[DVD]ミシェル・ペトルチアーニ「Non Stop Travels With Michel Petrucciani」より
*95年制作のドキュメンタリー

|

« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第4回(10月27日)~パット・メセニーPat Methenyを中心に | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月17日)~ジャズの様々な形、ジャズから派生した音楽など »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第4回(10月27日)~パット・メセニーPat Methenyを中心に | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月17日)~ジャズの様々な形、ジャズから派生した音楽など »