« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月17日)~ジャズの様々な形、ジャズから派生した音楽など | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第8回(12月8日)~日本人によるジャズとその周辺 »

2008.12.02

平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(12月1日)~日本人によるジャズ(1)

[DVD]森山威男「ライブ・アット・アーラ」より「Beyond the Crisis」(5限)、「Your Son」「Catch up with him」(4限)
*70年代に山下洋輔トリオで活躍した伝説的なドラマーによる2007年6月のライブ。
*メンバー:音川英二(sax)、佐藤芳明(accordion)、田中信正(pf)、望月英明(b)

[DVD]「THE HISTORY OF THE FUJI ROCK FESTIVAL」より山下洋輔トリオの演奏。
*メンバーは外山明(ds)、水谷浩章(b)。山下さんのDVDはいくつか出ていますが、このメンバーでの映像は貴重だと思われます(ドキュメンタリーなので演奏シーンはごく短時間ですが)。

[DVD]渡辺香津美「The Spice of Life in Concert」よりオープニングのギターソロ~「MELANCHO」「UNT」(以上5限のみ)、「HIPER K」(4限のみ)
*87年収録。ジェフ・バーリン(b)、ビル・ブラフォード(ds)というジャズロック/プログレッシヴ・ロック系の大物ミュージシャンと共演。
*特にブラフォードはイエス、キング・クリムゾンといったロック史に残るバンドで活躍。明るい曲を笑顔で演奏するブラフォードの映像は貴重かも。
*香津美さんが後半使っていたのはスタインバーガー社製のヘッドレスギター。見た目は特殊ですが機能面や音色は普通のエレキギターとさほど変わりません(ただしここで使用されているモデルはギターシンセコントローラ内蔵)。

[DVD]上原ひろみ「ビヨンド・スタンダード(ツアー・エディション)」付属のボーナス盤より「XYZ」
[DVD]上原ひろみ「スパイラル(ツアー・エディション)」付属のボーナス盤より「Love and Laughter」
*XYZにはデヴィッド・フュージンスキー(g)が参加。

[DVD]渡辺香津美「ONE for ALL」より「TOCHIKA」「Water Ways Flow Backward Again」
*99年、NYの老舗ライブハウス「ボトムライン」で行われたライブ。共演はほとんど現地在住の有名ミュージシャンだが「Water~」は矢野顕子とのDUO、作曲も矢野顕子。オリジナルは78年の渡辺香津美のアルバム「KYLYN」に収録。
*「TOCHIKA」はマイク・マニエリ(ヴィブラフォン)とのデュオ。80年発売の同名アルバムのタイトル曲。

[DVD]渡辺香津美「Mo'Bop DVD edition」より「Tricorn」(4限のみ)、「Favor Return of Ensyu Swallow」(4限はベースソロのみ)
*2004年12月、横浜BLITZでのライブ。徳永は当日会場にいました。
*リチャード・ボナRichard Bona(b), オラシオ・エルナンデス(ds)とのトリオ。
*「Favor~」は83年の名盤「MOBO」に収録されていた「遠州つばめ返し」のセルフカバー。


[DVD]デートコース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン(DCPRG)「MUSICAL FROM CHAOS2CD/DVD」より「CIRCLE/LINE~HARD CORE PEACE」
*ツインドラム+ラテンパーカッション+タブラ(インドのパーカッション)+ツインギター+キーボード+管楽器たくさんという大編成。
*2003年の新宿リキッドルーム(現在は恵比寿に移転)でのライブ。当時のこのバンドのライブは深夜1時頃から始まり、終わるのはほとんど明け方。
*菊地成孔(きくち・なるよし)さんは本来サックス奏者ですがDCPRGではキーボード、CDJ等を操作するのみ。あとはコンダクターとして要所で合図を出す。
*「CIRCLE/LINE」は菊地雅章(きくち・まさぶみ)さんの81年のアルバム「ススト」収録曲(3限のときうっかり「スストのタイトル曲」と言ってしまった記憶がありますが曲名は違いました)。ほぼ同じアレンジでカバー。後半の「HARD CORE PEACE」は成孔さんのオリジナル。
*パーカッション・デュオから「HARD CORE PEACE」になだれこむ展開がかっこいいですね。
*残念ながら2007年4月に解散。

4限は東京中低域も鑑賞しましたが5限は時間の関係で省略したので来週に持ち越します。

|

« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月17日)~ジャズの様々な形、ジャズから派生した音楽など | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第8回(12月8日)~日本人によるジャズとその周辺 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第6回(11月17日)~ジャズの様々な形、ジャズから派生した音楽など | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第8回(12月8日)~日本人によるジャズとその周辺 »