« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(12月1日)~日本人によるジャズ(1) | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第9回(12月15日)~ブラジルの超人たち »

2008.12.09

平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第8回(12月8日)~日本人によるジャズとその周辺

[DVD]ROVO「Live at 日比谷野音 2004.05.05」より「LARVA」「URMA」「「Pyramid」
*エレキヴァイオリンの勝井祐二、ギター山本精一(元ボアダムズ)を中心とするバンド。毎年GWに野音で行っている恒例のライブ。
*ドラムは右が芳垣安洋さん(DCPRGにも参加)、左が岡部洋一さん。
*徳永は当日会場にいました。よく探せば映ってるかも?

[DVD]東京中低域「Tokyo-cyutei-iki Live in London」より「憂レ」「強さ固さ長さ角度」「まちがわなさ」(いずれも5限のみ)
*世界にも類を見ないバリトンサックスアンサンブルの2006年11月ロンドンでのライブ。
*特別授業第1回ゲスト鈴木広志さん、2006年度のゲスト田中邦和さん参加。

[DVD]Salle Gaveau(サルガヴォ)「Official Live Bootleg 2007」より「Alloy」、「カルカッタ」
*ギタリスト鬼怒無月(きど・なつき)率いる前衛タンゴ(もしくはアコースティック・プログレ)バンドの2007年3月のライブ。フランス公演にて限定販売されたもの。
*メンバーは他に喜多直毅(vln)、林正樹(pf)、佐藤芳明(accordion)、鳥越啓介(b)。全員強力です。
*「Alloy」は鬼怒さんの曲。林正樹作曲「カルカッタ」は軽い曲なので「軽かった」というダジャレだそうで、インドのカルカッタとはまったく無関係。
*「現代ギター」に書いたCDレビュー:1st, 2nd

[DVD]渋さ知らズ「ALLD OF SHIBUSA」よりオープニング~「ナーダム」
*2004年1月渋谷O-Eastでのライブ。
*リーダーはベーシスト不破大輔さん(ただし渋さではベースは弾かず、「ダンドリスト」)。
*80年代から続くバンドだが(ただし大所帯だけにメンバーの入れ替わりは多い)、近年FUJIロックフェス出演などによりブレイク。ヨーロッパのジャズフェスティバルでも大人気で、ここ数年は毎年のようにヨーロッパツアーを行っている。
*冒頭のヴァイオリンソロは太田恵資さん。続くテナーサックスのソロは片山広行さん。
*DCPRGの芳垣安洋さん(ds)、ROVOの勝井祐二さん(vln)らも参加。

[DVD]渋さ知らズ「渋旅初め」よりより「ひこうき」
*2006年1月収録のライブより定番の美しいバラード。テナーサックスのソロは佐藤帆さん。
*イントロのエレピソロは(顔は映ってませんがおそらく)中島さちこさん。さりげなく左手をクローズアップしていたような(当時たしか新婚)。

[DVD]渋さ知らズ「ALLD OF SHIBUSA」より「本多工務店のテーマ」
*怒涛のエンディングへ。ボーカルとホラ貝?で忌野清志郎がゲスト参加。

4限は渋さ知らズ最新アルバム「巴里渋舞曲」ボーナスDVD収録のパリ公演の映像も観ました。

|

« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(12月1日)~日本人によるジャズ(1) | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第9回(12月15日)~ブラジルの超人たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(12月1日)~日本人によるジャズ(1) | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第9回(12月15日)~ブラジルの超人たち »