« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第9回(12月15日)~ブラジルの超人たち | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第11回(1月5日)~クラシック音楽 »

2008.12.23

平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第10回(12月22日)~アフリカ→インド→日本

以下は5限の内容です。4限は順序や選曲が一部異なります。

[DVD]ユッスー・ンドゥール「ライブ・アット・モントルー1989」より「Macoy」「Fenene」

[DVD]Peter Gabriel「Secret World Live」(92年)より「Across the River」「Shaking the Tree」
*インド人ヴァイオリニスト、シャンカールが参加(ダブルネック・エレキヴァイオリン!)。

[DVD]ユッスー・ンドゥール「The la Rochelle Francololies Festival」より「Shaking the Tree」
*パッケージに明記されていませんがおそらく1995年のライブ。

[DVD]Remember Shakti「The way of beauty」より76年、99年のライブ映像。
*ジョン・マクラフリン(g)とザキール・フセイン(タブラ)を中心とするバンド。マクラフリン以外のメンバーはインド人。
*76年はシャンカール(vln)を含むオリジナルメンバーのシャクティ(「remember」は付かない)。
*99年はエレクトリック・マンドリンのシュリバニスが参加。さらにゲストとしてボーカル、サントゥール、スライドギター等が加わる。

[CD]一噌幸弘「カカリ乱幻」より「わにとかげ」
*共演者はSalle Gaveauの鬼怒無月(g)、DCPRGの吉見征樹(タブラ)。

[CD]坂田明「Fisherman's.com(フィッシャーマンズ・ドットコム)」より「貝殻節」
*2001年発売。ビル・ラズウェル(b)と坂田明の共同プロデュース。坂田明はボーカル&sax。ラズウェルはハービー・ハンコックの「Rockit」のプロデューサーでもある。
*70年代マイルスグループを髣髴とさせるファンクサウンドに日本の漁師唄をのせるという単純明快なコンセプト。本物の元マイルスグループメンバー、ピート・コージー(g)も参加。
*坂田明さんはジャズ界では著名なアルトサックス奏者ですが、若い人には「坂田学(ドラマー、元ポラリス)のお父さん」として知られているかも。

[CD]大工哲弘「ゆんた とぅ じらば」より「鷲(ばす)ゆんた」
*八重山民謡+前衛ジャズ。日本発ワールドミュージックの最高傑作!

[CD]「大島保克 with ジェフリー・キーザー 」より「てぃんさぐぬ花」
*大島保克は石垣島出身で八重山民謡とオリジナルを歌う歌手。
(奄美出身と言ってしまった気がしますが嘉川君とごっちゃになってました)
*キーザーはジャズピアニスト。

[CD-R]デュージャン・ボグダノビッチ(g), 小沼ようすけ(g)&喜多直毅(vln)による「てぃんさぐぬ花」
*2005年4月7日STB139でのライブ。デュージャンが「日本のfolk song(民謡)をやってみたい」と言うので徳永がこの曲をリクエスト。
*デューシャンは旧ユーゴスラビア出身で現在はアメリカ在住のギタリスト。現代音楽の作曲家としての評価も高い。
*リハは前日・当日のみ。中間部はすべて即興。

[CD]嘉川(よしかわ)忠博(vo)&山城正司(g)「Winter Garden」より「てぃんさぐぬ花」
*自主制作盤。嘉川君は奄美大島出身で徳永とは高校の同級生。さらに東京医科歯科大学医学部医学科卒。山城さんは同歯学部歯学科卒。
*毎年紹介していますが、奄美民謡特有の歌唱法を取り入れた嘉川君のボーカルが素晴らしい。自宅録音・一発録りとは思えないクオリティ!


あと4限は「はにわオールスターズ」のDVD等も観ました。

|

« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第9回(12月15日)~ブラジルの超人たち | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第11回(1月5日)~クラシック音楽 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第9回(12月15日)~ブラジルの超人たち | Main | 平成20年度「現代パフォーミングアーツ入門」第11回(1月5日)~クラシック音楽 »