« February 2009 | Main | May 2009 »

2009.03.07

「大地に眠る歌」/アリエル・アッセルボーン

「現代ギター」2008年10月号「新譜案内」に掲載されたCDレビューです。

Cd

アリエルの演奏スタイルを「弾き語り」と呼ぶのは抵抗がある。ギターパートがあまりに高度なので、歌手+ギタリストの「一人二役」というイメージなのだ。<花の咲いたところ>のギターなんて、「伴奏」という発想ではまず出てきそうにないかっこよさ。全曲オリジナル(うちインスト2曲)だが、バックグラウンドとなる南米のフォルクローレが持つ音楽性の豊かさも、あらためて実感できる。欧州からの移民とその子孫たちが南米で様々な音楽を創り上げたように、あるいはピアソラがNYやイタリアから重要な作品を世に送り出したように、南米を飛び出したアリエルによって、新たな"移民の音楽"が生み出されようとしている。ホール録音の美しさも絶品。

***************

以下補足。

そのジャンルの、いわゆる「本場」に、レベルの高いミュージシャンが多いのは事実であるとしても、「最高のものは常に"本場"にある」という神話が幻想であることは、ピアソラの例ひとつとっても明らかでしょう。ピアソラがずっとアルゼンチンに住んでいたらあの音楽は生まれなかったはず。アリエルがアルゼンチンではなく日本で創作活動を行っているということが、実はとても重要で価値のあることなのです。

「レコード芸術」誌のレビューを担当しておられる浜田滋郎さん、浜田三彦さんはギターのことをよくわかってらっしゃるので、アリエルの演奏技術の素晴らしさについてきちんと言及されてました。僕も字数もらえたらもっと書きたかったけどね~

短いレビューほど難しいのですが、原稿料はだいたい字数に比例します笑


なお、大萩康司さんの新譜「風の道」(3月18日発売)には大萩さんがアリエルに委嘱し初演した2作品が収録されています。うち1曲がタイトル曲「風の道」。こちらにもご注目を!

| | Comments (0)

« February 2009 | Main | May 2009 »