« 平成21年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(11月16日)~マイルス以降のジャズ・ギターを中心に | Main | 平成21年度現代パフォーミングアーツ入門第9回(12月7日)~ブラジル音楽いろいろ »

2009.12.01

平成21年度現代パフォーミングアーツ入門第8回(11月30日) ~さまざまな形のジャズとその周辺の音楽

午前中の「芸術II」は笹久保伸さんによるペルー音楽講座。「あいまいなものをあいまいなまま理解する」という言葉が印象に残った。体系化されていないものを、強引に「こういうもの」と決めつけるのは良くない。

来週はいよいよアリエル・アッセルボーンさんによる授業です。

以下「現代パ~」の内容。

[DVD]「DAS WEIMARER DREIECK DES ZEITGENOSSISCHEN JAZZ」よりMarc Ducret Trio「Porteures des Lanternes」(3限のみ)
*2007年収録。現代のフランス・ジャズシーンを代表するギタリスト、マルク・デュクレのトリオ。

[DVD]Trio Rypdal, Vitouus & Gurtu「Live in Stuttgart」より「The Return Of Per Ulv」
*94年のライブ。ノルウェー人テリエ・リプダル(ギター)、インド人トリロク・グルトゥ(パーカッション)、チェコ出身ミロスラフ・ヴィトウス(ベース)によるトリオ。 (3限のときリプダルのことを間違えて「スウェーデン人」と言ったかもしれません)
*グルトゥはジョン・マクラフリンのバンド、ヴィトウスはウェザーリポートやチック・コリアのトリオに在籍。

[DVD]Alan Holdsworth他「Live At Yoshi's」より「Protocosmos」
*超絶速弾きギタリストホールズワースを中心とする2006年のセッション。
*ホールズワースはソフトマシーン、UK等のプログレバンドで活躍した他、元マイルスバンドのドラマー、トニー・ウィリアムス(ds)率いるジャズロックバンド「Lifetime」にも参加。
*1946年生まれということで、この年に還暦を迎えています。

[DVD]プリズム「HOMECOMING Vol.3」より「Departure In The Dark」
*2008年収録。ギターは和田アキラ。作曲者の深町純さんは1970年代から活躍するキーボード奏者。
*「Departure In The Dark」 のオリジナル・ヴァージョンは1978年発売の深町純さんのアルバム「On The Move(オン・ザ・ムーブ)」に収録。このアルバムはNY録音で、Michael Brecker(sax)、Randy Brecker(tp)、Anthony Jackson(b)、David Sanborn(sax)、Steve Gad(ds)ら超豪華メンバーが参加している。

[DVD]上原ひろみ「ビヨンド・スタンダード(ツアー・エディション)」付属のボーナス盤より「XYZ」
[DVD]上原ひろみ「スパイラル(ツアー・エディション)」付属のボーナス盤より「Love and Laughter」
*「XYZ」はデビュー盤の1曲目に収録された作品。当初はトリオ演奏だったが、ここでは後に加入したデヴィッド・フュージンスキー(g)が参加。
*フュージンスキーのダブルネック・ギターは上側のネックがフレットレスに改造されています。

[DVD]東京中低域「Tokyo-cyutei-iki Live in London」より「憂レ」「水と生活」「まちがわなさ」
*世界にも類を見ないバリトンサックス・アンサンブルの2006年11月ロンドンでのライブ。
*特別授業第1回ゲスト鈴木広志さん、2006年度のゲスト田中邦和さん参加。

[DVD]音楽ドキュメンタリー映画「Calle 54」(2000年公開)よりミッシェル・カミロ(pf)トリオ、ティト・プエンテ楽団、チューチョ・バルデス(pf)の演奏。
*ミシェル・カミロ・トリオのドラムはキューバ出身のオラシオ・エルナンデス。ベースはアンソニー・ジャクソン。
*ティト・プエンテは2000年に死去。最晩年の映像になります。フルートはDave Valentin。

|

« 平成21年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(11月16日)~マイルス以降のジャズ・ギターを中心に | Main | 平成21年度現代パフォーミングアーツ入門第9回(12月7日)~ブラジル音楽いろいろ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平成21年度「現代パフォーミングアーツ入門」第7回(11月16日)~マイルス以降のジャズ・ギターを中心に | Main | 平成21年度現代パフォーミングアーツ入門第9回(12月7日)~ブラジル音楽いろいろ »