« 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第1回(9月27日)~コーネリアス | Main | 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第3回(10月18日)~パット・メセニー »

2010.10.05

平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第2回(10月4日)~ジョニ・ミッチェル→ジャコ・パストリアス

2回目はジョニ・ミッチェル→ジャコという流れも去年と同じ。
「TRILOGUE - LIVE IN BERLIN 1976」ゲットしたけど、これは使わなかった。
貴重な映像ではありますが。

全体として新鮮味はないけれど、ジャコの82年ライブインジャパンはやはり良い。
Tootsと共演するジャコの嬉しそうな顔!
こちらも必見です。
(以前張ったリンクは削除されましたが、再アップされてました)


[DVD]『シャドウズ・アンド・ライト』(1980年)より
*サポートメンバー:Michael Brecker(Sax), Pat Metheny(G), Lyle Mays (Pf, Key), Jaco Pastorius (B), Don Alias (Dr)

オープニング~「In France They Kiss on Main Street」

「Goodby Pork Pie Hat」(3限のみ)
*チャールズ・ミンガス作曲のバラードにジョニ・ミッチェルが詞をつけて歌ったもの。

Jaco's Solo(ベースソロ)
*曲は前半が「The High and the Mighty」、後半が「Third Stone from the Sun」
*ハーモニクス奏法、ディレイループの効果的な使用が特徴的な歴史的名演。

「The Dry Cleaner from Des Moines」
*ギター、ピアノ抜きの演奏で、ジャコならではのベースラインが特に際立つ演奏。

「Raised on Robbery」

「Why Do Fools Fall in Love?」
*ゲストの黒人アカペラグループ The Persuasions と共に。「Why~」は1954年のヒット曲。
*The Persuasionsについては、以前調べたときには何もわかりませんでしたが、英語版Wikipediaに項目ができてました。(historyを見ると2005年~)
ザッパ・トリビュートアルバム作ってる!

「Shadows and Light」
*引き続き The Persuasions と共演(+ライル・メイズのキーボード)。曲はジョニ・ミッチェルのオリジナル。


以下
[DVD]Wether Report『Forecast : Tomorrow 』より:
*1978年のライブを収録。CD+DVDボックスセットのDVD部分。
*メンバー:Wayne Shorter (Sax), Joe Zawinul (Key), Jaco Pastorius (E.Bass), Peter Erskine (Dr)

ベースソロ
*「シャドウズ~」でのソロと似たアイディアが随所に見られるが、より自由(気まぐれ?)な演奏。

「Teen Town」
*アルバム「Heavy Weather」(1977年)収録のジャコ作品。

「Birdland」
*ザヴィヌル作曲、「Heavy Weather」収録。ウェザーリポートの楽曲でもっとも有名な作品。


以下
[DVD]「Jaco Pastorius Big Band Live in Japan 1982」より

「The Chicken」
*ジャコのオリジナルではないがジャコが好んで演奏したことで有名。

「Continuum」
*1stソロアルバム「ジャコパストリアスの肖像」(1976年)収録。

「Sophisticated Lady」
*デューク・エリントン作曲のスタンダード。トゥーツ・シールマンス(ハーモニカ)のソロ~トゥーツ&ジャコのデュオ~バンド演奏という構成。

「Liberty City」
*2ndソロアルバム「ワード・オブ・マウス」(1981年)収録。

「Three Views of a Secret」
*ウェザーリポート「ナイト・パッセージ」(1980年)収録、後に「ワード・オブ・マウス」にて再録。

|

« 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第1回(9月27日)~コーネリアス | Main | 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第3回(10月18日)~パット・メセニー »

Comments

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Posted by: 株の初心者の入門 | 2011.11.05 at 04:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第1回(9月27日)~コーネリアス | Main | 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第3回(10月18日)~パット・メセニー »