« 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第3回(10月18日)~パット・メセニー | Main | 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第5回(11月1日)~マイルス・デイヴィスとその周辺 »

2010.10.26

平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第4回(10月25日)~ハービー・ハンコック&マイケル・ブレッカー

午前中の「芸術II」講師は青年劇場の佐藤尚子さん.今回も面白かった!ゲーム的なメソッドや台詞に感情を込める方法論など。

現代パ~はハンコックとブレッカー中心。

[DVD]HERBIE HANCOCK & THE NEW STANDARD ALL STARS「ONE NIGHT IN JAPAN」より「New York Minute」
(3限では最後に紹介)
*ハービー・ハンコック(p), ジョン・スコフィールド(g), マイケル・ブレッカー(sax), デイヴ・ホランド(b), ジャック・ディジョネット(ds), ドン・アライアス(perc)というものすごいメンツによる96年のライブ。
*「New York Minute」はドン・ヘンリー(イーグルス)の曲だそうです。
*マイケル・ブレッカーとドン・アライアスが故人になり再現不可能に。ハンコックの笑顔、マイケルのソロを見つめるジョンスコの表情が印象的。

[DVD]「ディジョネット,ハンコック,ホランド,メセニー/イン・コンサート」よりデイヴ・ホランド作曲「Shadow Dance」、メセニー&ディジョネット作曲「Nine Over Reggae」(3限のみ)
*90年収録。Jack DeJonette(ds), Herbie Hancock(p), Dave Holland(b), Pat Metheny(g)によるスーパーセッション。

[LD]Jack DeJonette's Special Edition「Live At The Montreal Jazz Festival 1988」より「PM'S AM」(5限のみ)
*現在もキース・ジャレット(pf)トリオ等で活躍するドラマーのリーダーバンド。
*パット・メセニー(g)がゲスト。ギターシンセでアドリブ・ソロを演奏。
*サックスはグレッグ・オズビー(アルト)とゲイリー・トーマス(テナー)。

[DVD]ハービー・ハンコック「Future 2 Future Live」より「Rockit」
*2002年のライブ。ターンテーブル奏者のDJ Disk、女性ドラマーテリ・リン・キャリントンらが参加。
*「Rockit」は83年のアルバム「Future Shock」よりシングルカットされ大ヒット。当時話題となったPVはこちら

[DVD]「ゼン&ナウ~ライフタイム・ベスト(初回限定盤)」ボーナス盤より「River」(5限のみ)、「Hana」
*2007年のライブ映像。ハンコックのバンドにジョニ・ミッチェルが参加。1943年生まれのジョニ・ミッチェルは還暦を過ぎてもカッコいいです。
*バックもヴィニー・カリウタ(ds)、マーカス・ミラー(b)ら豪華メンバーです。
*「River」はハンコックの「Joni Letters」(2007)に収録された旧曲、「Hana」はジョニ・ミッチェルの「Shine」(2007)収録の新曲。

ジョニ・ミッチェルに戻ってきたところで、以下マイケル・ブレッカー。

ポール・サイモンのバンドでの渾身のソロ→Youtube
(91年のセントラルパークでのコンサート)

[LD]Paul Simon「Paul Simon in Central Park」より「Still crazy after all these years」
*そのセントラル・パーク・コンサートのLD。ただし上記youtubeのソロはカットされてます。一度DVD化されたようですが廃盤らしく入手できず。貴重なLDは同僚の熱烈Paul Simonファン・I先生よりお借りしました。
*「Still crazy~」はブレッカーの名演でも有名なポール・サイモンの(サイモン&ガーファンクル解散以降の)代表曲。 徳永はバラードの名曲を1曲だけ選べと言われたらこの曲にします。

[DVD]Randy Brecker w/Michael Brecker「SONG FOR BARRY」(3限のみ)
*2003年、ドイツでのライブ。
*Randy Brecker(tp)、Michael Brecker(ts)、Jim Beard(p,kb)、Will Lee(el-b)、Peter Erskine(ds)とビッグバンドが共演。
*マイケル・ブレッカーは2005年に病に倒れ、2007年1月に逝去。

[DVD]ステップス・アヘッド「ライヴ・イン・東京 1986」より「In a sentimental mood」、「トレインズ」(3限のみ)
*ブレッカーは主にスタイナーホーン(管楽器型のシンセサイザー・コントローラー)を演奏。
*「In a sentimental mood」はデューク・エリントン作曲のスタンダードナンバー。
*ステップス・アヘッドはビブラフォン奏者マイク・マニエリのバンド。当時のメンバーは他にダリル・ジョーンズ(b)、スティーヴ・スミス(ds)。

[VHS]「RETURN OF THE BRECKER BROTHERS」(93年)より「SONG FOR BARRY」(5限のみ)
*オリジナルメンバーはブレッカー兄弟(兄ランディtp、弟マイケルssax)のみだが新メンバーのマイク・スターン(g)、デニス・チェンバース(ds)らがオリジナルメンバーにも増して強力。
*マイケル・ブレッカーが最初に吹いて(?)いる楽器はEWI(Erectric Wind Instrument)。日本のAKAIがスタイナーホーンのライセンスを買い取って開発。

|

« 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第3回(10月18日)~パット・メセニー | Main | 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第5回(11月1日)~マイルス・デイヴィスとその周辺 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第3回(10月18日)~パット・メセニー | Main | 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第5回(11月1日)~マイルス・デイヴィスとその周辺 »