« 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第8回(11月22日)~日本人によるジャズの周辺の音楽 | Main | 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第10回(12月6日)~ブラジルを中心とする南米の音楽 »

2010.11.30

平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第9回(11月29日)~日本人によるジャズの周辺の音楽(2)

午前中の「芸術II」は坂手先生の御都合(地方公演の準備)により休講でした。


「現代パ~」は前回からの続き。もはやジャズからはかなり離れていますが。

[DVD]プリズム「HOMECOMING Vol.3」より「Departure in the dark」
*前回と同じソフトより深町純さんの作品をもう1曲。(5限のみ)
*深町純さんはちょうど前回の授業日、11月22日にお亡くなりになりました。謹んで哀悼の意を表します。

[DVD]音楽ドキュメンタリー映画「Calle 54」(2000年公開)よりティト・プエンテ楽団の演奏。
*ティト・プエンテは2000年に死去。最晩年の映像になります。フルートはDave Valentin。
*順序が逆になりましたが、前回紹介した松岡直也バンドの関連作品(明らかに影響を受けていると思われる音楽)。

[DVD]アストル・ピアソラ「ライヴ・アット・モントリオール1984」より「アディオス・ノニーノ」(3限のみ)
[DVD]アストル・ピアソラ「Five Tangos」より「ブエノスアイレスの夏」「アディオス・ノニーノ」(5限のみ)
*後者は1981年、ドイツでのスタジオライブ。

[DVD]Salle Gaveau(サルガヴォ)「Official Live Bootleg 2007」より「Alloy」、「カルカッタ」(3限のみ)、「Null set」(5限のみ)
*鬼怒無月(g)率いる前衛タンゴ(もしくはアコースティック・プログレ)バンドの2007年3月のライブ。同年のフランス公演にて限定発売されたもの。
*ピアソラのコンセプトと精神性に影響を受けた、世界にも類を見ないバンドだと思います。
*ヴァイオリン喜多直毅、アコーディオン佐藤芳明、ピアノ林正樹、ベース鳥越啓介。全員、多方面で活躍する凄腕ミュージシャンです。
*Salle Gaveauは12月6日に代官山「新世界」も強くお勧めしておきます。

[CD+DVD]「オーチ・チョールヌイエ/黒い瞳」より「OTA NO TURK」
*ヴァイオリン:太田惠資(おおた・けいすけ)、ギター:高木潤一、タブラ:吉見征樹(よしみ・まさき)。
*太田さんは渋さ知らズ、吉見さんはDCPRG等にも参加。
*「OTA NO TURK」は太田さんの作品。アラブ音階特有の微分音が多用されています。

[DVD]内橋和久&吉田達也「IMPROVISATIONS 3」より。
*内橋さんは維新派の音楽監督で、UAとの共演・プロデュース等でも知られるギタリスト/作曲家。現在ウィーン在住。

[DVD]維新派「流星」より
*2000年上演作品(ベルファスト)。
*12/2(木)~5(日)に『台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき』さいたま公演。詳細はこちら

|

« 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第8回(11月22日)~日本人によるジャズの周辺の音楽 | Main | 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第10回(12月6日)~ブラジルを中心とする南米の音楽 »

Comments

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Posted by: 株の入門 | 2012.01.07 at 01:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第8回(11月22日)~日本人によるジャズの周辺の音楽 | Main | 平成22年度現代パフォーミングアーツ入門第10回(12月6日)~ブラジルを中心とする南米の音楽 »